グレーなへび座球状星団M5

笠井トレーディングから購入したコマコレクターがやってきたので、4/1の夜さっそく自宅ベランダで試写してみました。
コマコレの後ろに2インチの延長筒を取り付けて、フォーカスはバッチリです。
IMG_1709

開口部の広い笠井コマコレのおかげで、オフアキのプリズムを目一杯端に寄せることができ、CCD面に影ができることはありません。
IMG_1708

M5、M83、M68などを次々に撮影しました。何もトラブルなく、絶好調です。
冷却CCDの取り扱いや撮影にもだいぶ慣れてきました。

しかし好事魔多し。有頂天になっていたのでバチが当たったのでしょうか?

画像処理で、出来上がった画像はなんとモノクロです。いろんな処理ソフトを試してみましたが何をやってもカラーになりません。orz

どうやら電動フィルターホイールが、何らかの原因で動いていなかったようです。すべてLフィルターで撮影していたのでしょう。
昨晩動作チェックをしましたら、ちゃんと動きましたので、あの夜フィルターホイールの電源ケーブルが抜けていたのかも知れません。

このL画像を見ると、結構よく映っているので、カラーに出来なかったのは残念無念ですね。

Sum-M5_02
2014.4.1 L:10min.×4枚 QHY9M 7cards LRGBフィルター 
 Vixen R200SS Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM 笠井コマコレクターOAG9+Lodestar+PHDguiding MaxIm DLで撮像 CCDStack ステライメージ Photoshop フラットエイドで調整 トリミング 印西市自宅ベランダ

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

グレーなへび座球状星団M5」への22件のフィードバック

  1. こんにちは。
    思いもしなかったトラブル、残念でしたね。
    でも球状星団の中心部が白飛びしていなくて、とても良い感じじゃないですか。
    やはりCCDはCMOSイメージセンサよるにダイナミックレンジが広いようですね。
    これは素子の構造によるものではなくて、センサーの電源電圧の違いだと思っています。

  2. こんにちは
    球状星団ならモノクロでも良いんじゃないですか?(笑)
    でも、何となく色が着いているようで、細かいことは分かりませんが、
    とても綺麗に写っていると思いますよ。
    期待大ですな。早くぅ~~。


    • なんか上手な方の写真では、M5はうっすら青くて綺麗なんですよねー。
      球状星団によっては、いろんな色の星が混じっているのもありますね。

      リベンジしますのでご期待下さい!

  3. 後日、色の分を撮ってカラー化、ってのも楽しそうですね。
    L画像がたくさん撮れたと思えばよろしいのではないのでしょうか。
    って、使ったことないけど!

    うーむ、配線とかいろいろ増えて大変そう…。

    • なるほどカラーだけ後日撮ればいいですねー。もうさんざんL画像は撮ったし。(笑)
      RGBはビニングと言って解像度を4分の一に落として撮影したので、一緒にコンポジットしたら悪影響がありそうです。

      配線は少し増えましたねぇ。

  4.  いよいよの本格始動、L画像のみのM5とはいえ、中心部と外郭の濃淡が同時にここまで出せるって、恐るべし冷やし中華。
    次回、万難を排したカラー銀河画像楽しみにしています。M101など如何でしょう?しつこい?
    こちとら、まだ光軸調整にあくせくしているというのにぃ。別世界の話しに聞こえるぜぇ(笑)
     フィルターホイールの電源切れ続けろーッ!!

    • さすが冷却、多段露出しなくてもステライメージのデジタル現像でちゃちゃちゃっと出来ちゃいましたよ。こういうところはいいですね。
      私、光軸調整を後回しにしてしまっています。順序が逆ですよねぇ。近くに小学校の看板がないので昼間に光軸調整できないのですよ。

      M101しばし待てぃ!! 呪ってもダメ!! 今度からセッティング時には指差呼称しますから。(笑)

  5. 冷やし中華は酢醤油にマヨネーズ派です(笑)
    そんなこと言ってないって^^;

    モノクロでもなんだか輝いてますね。
    星団がもっちゃかっこよく見えるですよ!

    • えーー? ゴマダレでしょうが!! 
      でも、酢醤油にマヨも捨てがたい・・・。
      って、ちゃうねん!! (笑)

      うーん、カラーにできたら良かったですけど、たまにはモノクロもいいかも・・・。

  6. こんにちは。
    笠井コマコレとMPCCを撮り比べてみていかがでしたか?私はMPCCの方が良かった派です。
    バックフォーカスが決まれば、いつでも撮りに行けますね。夏の星雲には冷却CCDが威力を発揮すること間違い無し!
    皆さんをアッと驚かせる写真が撮れますね。楽しみ楽しみ。

    • コマコレクターを比較するところまでやっていないのですが、笠井のコマコレクターなかなか良さそうです。コマ収差のようなものが見えるのですが、片方だけですので、これはコマ収差ではなく、光軸があっていないのかもしれません。後日SE200Nでも実写して原因を追い込んでみたいと思います。

      そうですねー、夏こそ冷却の本領発揮と行きたいところですね。

  7. モノクロ球状星団もカッコいいですよ。
    L画像だけでこのクオリティーはスゴイですね。
    つぶつぶ感がハンパないなぁ~。
    カラーならもっとすごいんでしょうねぇ。
    やっぱいいなぁ。欲しいなぁ~。買わない(買えない)けど(笑)

    • 今度から、画像処理がうまく行かなかったら、モノクロにしちゃおう。笑

      今振り返ると、RGBを撮影している時に、やたらとヒストグラムが高く分布していて変だなぁとは思っていたのですよね。

      You 買っちゃいなyo〜。

    • 普通の恒星はそうでもないのに、球状星団を撮影すると、つぶつぶの恒星ひとつひとつが球に見えます。多分錯覚だろうと思いますが、不思議です。

      比較的露出時間も少なくて良いので、球状星団は光害地でも撮影しやすいです。

  8. ピントが出なかった頃から、凄いスピードで進化されてますね~
    フィルターホイールって、どれくらいのスピードで回って、音がするのかとか、しょーも無いことが気になります(汗)
    次回はうまいこと回りますように。カラー化してください~

    • 使っているQHYのフィルターホイールは次のフィルターに移る時間は3秒くらいですね。フィルターが変更されると、LEDがそのフィルターに対応した色で光ってくれますので、動いているのがわかります。今回はベランダに機材を置いて撮影し、部屋の中からコントロールしていましたので、フィルターホイールの不具合に気がつきませんでした。。

      次の新月期が待ち遠しいです!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中