ジャンクレンズの分解カビ取り

 

 

先日、ハードオフのジャンク箱から救出したレンズ2本です。

SIGMA ZOOM-κ Ⅱ 1:4.5 f=70-200mm ズームレンズ と SMC TAKUMAR 1:4 200mm の単焦点レンズです。

ずっしり重たい、昔のレンズです。TAKUMARのほうはかたくちいわしさんのブログにも記事がありましたね。

どちらも1本¥1,050でした。

ビニールに包まれていてレンズの中はよく見ないで買ってきました。帰ってよく見たら、レンズにカビがびっしりと生えています。

SIGMAのズームレンズの前玉のカビです。写真では一部のようですが、網の目のようにカビが広がっています。

よくよく観察すると、前玉、後玉、中玉・・、つまり全部カビが生えています。。_| ̄|○ やってもーた。

仕方ない。

さて、カビ取りをしましょうか。

まずは前玉から。

100均で買ったテーブルの足カバー。これでもってレンズを固定しているリングを回して外します。

リングがとれました。♪

レンズクリーナーでやさしく拭き取ります。

が・・・、カビはこびりついていて全くとれません。困りました。

そこで、激落ちくん登場。少し水で湿らせて、レンズを磨いていきます。

綺麗にカビがとれました!

完璧!!

この後、後玉はなんとか綺麗になりましたが、中のレンズがどうしても外せません。

まぁ、いいや。SIGMAは諦めてSMC TAKUMARにいきます。

これはSIGMAほどではないですが、やっぱりカビがびっしりと繁殖しております。

写真はカビがよく写ってないですね。

前玉はSIGMAと同様にテーブル足カバーで外して激落ちくんで綺麗になりました。

中のレンズはWebでの情報を参考にして、胴体を捻ると中のレンズが現れました。

しかし、カニ目回しがないとレンズが外せません。

そこで、先の尖ったピンセットでカニ目回しの代用にしました。

無事、中のレンズが外せました。

カビだらけです。。

すべてのレンズを清掃して組み上げます。

で、清掃完了。新品みたいに綺麗になりました。いいねぇー。

さっそく試し撮り。

200mm単焦点、焦点の最短距離が2.5mなので、使いづらいことこの上なし。狭い部屋の中ではまず焦点が合いません。(^^ゞ

ズームもないのに、昔の人はこんなレンズをよく使っていたものです。

 

紫陽花も見頃です。開放にするとよくボケてくれます。

さて、このSMC TAKUMAR 200mmで何を撮影しましょうか。

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村