2011/7/10 今夜の月

撮影日時:2011年07月10日 20時43分、ISO800、1/1000秒露出
撮影機材:キヤノンEOS kiss Digital N、ED102S、ポルタII経緯台(いっこうさん借り物)
撮影場所:千葉県印西市自宅ベランダ

いっこうさんから借りているポルタを、しまっていたのを引っ張り出してきて、息子と月の観察。

子どもでも楽々操作できるのがポルタのいいところ。

「おおおーー!! すげー!!」

と、相変わらずいいリアクションをする息子。

星を撮ってはみたものの・・・

昨晩はよく晴れていざ出陣。

今日こそ星雲・星団の写真を撮るんだ! 準備もばっちり。バッテリーもフル充電。

前回と同じ我孫子市の「利根川ゆうゆう公園」へ。

おおぐま座をバックに。思いっきりピンボケですな。

数十分かけてセッティング。

極軸望遠鏡を手に入れたものの、使い方がよくわからない。まぁ、適当に合わせときゃいいかな。

スカイセンサー2000でアライメント。2つの恒星でアライメントするところを、3つも4つもやってみた。

しかし、基準星を導入するたびに大きくズレている。だいたいの方向へは向いてくれるのだが、ファインダーの視野からも外れるくらいだから、相当ズレているに違いない。

やっぱり、極軸をちゃんと合わせないとダメなんだろうか・・。orz

待ちに待った晴天、無駄にしたくない。気持ちを切り替え、直焦撮影の練習。

まずは、わし座のアルタイルでカメラのピントを合わせる。ここで手作りのバーティノフマスク登場。

これはまだピントがきてないね。

EOS Kiss Digital Nにはライブビューがないので、1枚撮影してはMacBookで確認。

まぁ、こんなもんでいいかな。

ダメもとで、スカイセンサーでメシエ天体、M71を導入。ウィーーン。

撮影開始。

タイマーリモコンを使い、露出14秒でバシバシ撮りまくる。

やっぱり、M71らしきものは写っていない。

天体を変えたりして撮りまくって、あー、たくさん撮影したな。家に帰ってスタック処理するのが楽しみだ!

ところが! 途中でISO400で撮影していることに気がついた。orz

ISO1600に設定し、取り直し。

キュイーーン。撮影しているうちに、また赤道儀のモーターの異音がしてきた。

ギアを確認すると今度は歯車がちゃんと軸に固定されていない。前回の反省を踏まえ、ちゃんと工具は持ってきた・・・・・・

はず・・・。

ない。orz おかしいなぁ。

モーターが動いてくれないと手も足もでない。観測続行不可能。撤収、撤収。

一夜明けて、撮影した写真をDeepSkyStackerで処理。5枚くらいを合成してみた。

なな、なんと、合成する前より星の数が減っているではないですか!

どういうことだ?

これが元の画像の1枚。
DeepSkyStackerでスタックすると、
あれもこれも天体の趣味は一筋縄ではいかない。予想よりも険しい道である。

誠報社へ

夜勤明け。調べてみたら誠報社は職場からほど近いところにあるではないか。これは行かねばなるまい。
小雨の降る中、徒歩15分程で誠報社に到着。

意外と狭いのね。
店内には所狭しと様々なパーツやらなんやらが並んでいる。天体望遠鏡初心者マークの私には何に使うものなのか皆目見当もつかない。まぁいい。これから詳しくなってやるもんね。
さて、EOS用誠報社オリジナルTリングと、月刊星ナビのバックナンバー2冊を買って帰った。

合計1400円。安い。
早速、EOS Kiss DGITAL N をED102Sに取り付けてみよう。
カメラには簡単にカチャと音がして嵌った。いいね、いいね。
20110608-020141.jpg

しかし、これを望遠鏡側にはどうやって取り付けるの???
20110608-015722.jpg

わからない。

どなたか教えていただけませんでしょうか?
フリップミラーがいるのかなぁ?

天体趣味もなかなか一筋縄では行かない。