オートガイド成功 in ベランダ

最近の悪天候と、仕事の忙しさで撮影に出かけられないでいます。

空き時間が少しならある、でも出かけるほどでもないって時にベランダで撮影できたらいいなと思ってました。ベランダからは南側の空が制限されてはいますが、なんとか星が見えます。

で、今回は今までほとんどできなかったオートガイドのテストをベランダでやってみました。GPVも真っ黒予報だし。

赤道儀のAdvanced-GTをiPhoneのコンパスを頼りに極軸を適当に合わせます。うちのベランダからは北極星は全く見えません。

one star align つまり、ひとつの恒星だけでアライメントを実施。今の季節の南天は名前のついたような有名な恒星はなく、制限された空と雲ではtwo star は厳しいですね。キャリブレーションもできませんでした。

ステラナビゲータで試しに導入してみると、意外とちゃんと導入されます。ファインダーの真ん中、望遠鏡でやや調整が必要なくらいの導入精度です。よしよし。

只今増光売り出し中のくじら座のミラをガイド星にしてオートガイドのテストです。ソフトはPHDguidingです。この前の課題だったWebカメラのノイズは調整でなんとか消えました。
キャリブレーションが終了してオートガイド開始。しばらくガイドの様子を見てましたが、エラーもなく継続していました。
成功です。また野望に一歩近づきました。

さあ、早速深宇宙を撮影しましょうか。と、意気揚々とカメラなどを用意していると、にわかに雲が!(;゚Д゚)エエー

GPVを信じて、23時頃から始めて、雲が切れるのを3時くらいまで待ってましたが、いっこうに晴れてくれません。
で、撮影は諦めました。_ノフ○ グッタリ

誰かさんのとばっちりか、GPVの予想大外れです。

励みになりますので、よろしければバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

Advanced-GT静穏化

しかし、まぁ、見事に関東地方は夜晴れません。

オートガイドを試運転したいのですが、まだできてません。いつになったら星が見えるのか・・。

オートガイドはさておき、Advanced-GTの静音化をしてみました。

まずはこちらの動画をご覧ください。

ものすごい音がします。これでは夜な夜なベランダで導入などできません。

iPhoneの騒音計Decibelで測定してみると、平均して85dBでした。

これは交差点、マーケット、国道など、会話は困難の騒音レベルです。やばいレベルです。

20110824-113843.jpg

そこで、静音化に挑戦。

赤経モーターは音はしますが、割と静かです。ほとんどが赤緯モーターの騒音なので、今回は赤緯モーターケースのみ細工をします。

レアルシルトというカーオーディオで振動を抑えるのに使われる(デッドニングと言うそうです。)素材をAdvanced-GTのモーターケースに貼り付けました。

20110825-121007.jpg

 

 

結果は・・・・。

なんか、あまり変わらないような・・・・。

Decibelで測定してみると、70dBくらいに音が低減されました。

劇場、百貨店、銀行のロビー、騒がしい事務所、会話に少し大きな声が必要というレベルだそうです。

うーーん。

やっぱりベランダ観望は無理ですか。。

 

M20 撮ってはみたものの…。

先日、誠報社のバーゲンで天体改造カメラEOS Kiss Digital X を購入し、趣味人で光害フィルタのLPS-P2 ffを購入。
早く撮影に行きたくて、ここ2・3日は晴天を待ち焦がれていた。

台風も過ぎ去り、夜空を見上げると、晴れている。でも雲も結構ある。迷わず出撃。夏休みに入った息子を連れて、いつものゆうゆう公園へ。

公園に到着すると、空はほとんど雲に覆われていた。
諦めて帰宅しようかと思ったが、南天だけはちょっと星が見える。よし。駄目もとでセッティング。

セットし終わる頃にはずいぶん晴れて来た。\(^o^)/

いっこうさんのブログにあったM20三裂星雲を撮影する事にした。光害フィルタの威力を試したかったので、光害が多い南天で、改造カメラを買ったのでせっかくなら赤い天体を撮影してみたかったのだ。

M20を導入。
試しに20秒くらい露出してみようと、タイマーリモコンをセットしてリモコンでシャッターを切るが、カメラは動作しない。なんで?カメラ本体のシャッターは動作するので、タイマーリモコンが犯人だ。どうやら、リモコンの電池がなかったからのようだ。
仕方が無いのでタイマーのついてないリモコンで腕時計を見ながら、シャッターを操作した。

で、頑張って撮影したのがこれ。

2011/7/21 22:50 千葉県我孫子市利根川ゆうゆう公園
VIXEN ED102S 920mm
セレストロン Advanced-GT ノータッチガイド
Canon EOS Kiss DX(改) LPS-P2フィルタ使用 ISO1600
総露出時間4分(60秒×4枚をDeepSkyStackerで合成)

うちに帰ってモニターに表示して見ると、なんとピンボケ!それに流れてしまっている。
Σ(゚д゚lll)
ピントは慎重に合わせたはずなんだけど、ピント合わせてM20を導入後フリップミラーをはめ直したのがいけなかったか。orz

DSSで処理するのもずいぶん手間取った。元画像が良くないので、いくらいじくっても綺麗にはならない。

次回にご期待ください。
って、こればっかり。(^^;;

 

補足

いっこうさんに画像処理をお願いしてみたら、見違えるように!! M20がうかび上がってきた。さすがです。

 

新兵器Advanced-GT

キーキー悲鳴を上げて非力なスカイセンサー2000PCとGP赤道儀はオークションで売り払い、最近やっと流通してきたAdvenced-GTを導入。

梱包を開いて驚いた。写真で見ていた印象より、三脚がぶっとい。これはすごく安定感がある。

組み立てて、さっそく試運転。

ギュイーーーーン

(-_-)

ウワサには聞いていたが、本当にモーター音がけたたましく鳴る。さすがUSA生まれ。豪快ですな。(たぶん中国製造)

英語表示だけど、まぁ、簡単な英語なので問題なし。

気になるのは、電源プラグが抜けないようにネジがついているが、モーターカバーと干渉してねじ込みできない。

このへんの設計も結構おおざっぱだな。しかし、安さの割にこの安定感はなかなかのもの。

さて、肝心の導入精度はどんなものか。

今晩月がものすごく明るいけど、息子を連れて、我孫子市ゆうゆう公園に出撃。

簡単に極軸を合わせて、アライメント。ギュイーーーーン。屋外だとこの音は気になりませんな。

アライメントのための導入なのに、するするとファインダーの中、いや、望遠鏡の視野の中に入ってくる。気持ちいい!

あっという間にアライメント終了。いいね、いいね。

ではさっそく撮影といきましょうかね。

「CFカード机に忘れてたよ−。」と息子。

「え゛ーーー! 知ってたらはよ言わんかい!!」

orz

せっかくセッティングした機材を撤収してCFカードをとりに帰るのも面倒だし、息子を暗闇の中一人で置いておくわけにも行かず。

しようがないので、眼視で楽しみましょうかね。と、気持ちを切り替える。

Advanced-GTにはツアーモードというのがあって、今見えている(といいつつも地平線付近のもたくさんある(^_^;))天体を次々に導入して見せてくれる。

二重星やメシエ天体を中心に二人で歓声をあげながら、たくさん観察。楽しかった。

新兵器の導入精度もよい。良い買い物だった。

これからに乞うご期待。

バシバシ撮ります。