木星とピーナツ星雲

先日の観望会で、撮影した木星とM76(ピーナツ星雲)です。

木星はRegistaxで動画からスタックした画像です。Registaxの使い方がよくないのか、元画像がよくないのかわかりませんが、こんな寝ぼけた画像になりました。

縞がようやく確認できる感じです。

まぁ、初めてなので勘弁してください。

つづいて、M76(ビーナツ星雲)。

中央付近のモヤモヤ〜っとしているのが星雲。ゴミではありません。

ノータッチガイド1分の1枚画像。オートガイドで苦闘している時に撮影したものです。

ピントは良いようですが、1分でも流れてしまっています(つーか、固定撮影?)。はやくオートガイドを成功させたいところです。

今後の計画

関東も梅雨入り。せっかく天体望遠鏡を手に入れたのに、まだ一度も星を観察できないでいる。

週間予報でもしばらく雨のようだし。

ところで、

ゆくゆくは天体写真を撮影したい。

アンドロメダ銀河や、きらめくすばる。

数え切れないほどのメシエ天体。

堂々とした木星のサイケな縞模様とその衛星。帽子をかぶった土星。。などなど。

AstroArts(アストロアーツ)などにはすごい写真がたくさん。こんな写真を撮ってみたいし見てみたいのだ。

こういう動画も撮ってみたい。

でもそれには、まだまだ、機材が必要だ。

デジタルカメラか、Webカメラは最低限必要。これがないと撮影できない。

あと、天体を追尾するのに赤道儀のモーター。

精確な追尾をするのに極軸をあわせなければならないので、極軸望遠鏡。

暗い天体を導入するのにスターブック。さらに厳密な追尾が必要ならガイド鏡とオートガイダー。

たくさんあるなぁ。

とりあえず、これらが揃うまでは眼視観測で我慢かな。んでも、カメラはコンパクトデジカメのGX100があるので、

しばらくはコリメート撮影で楽しむとする。GX100でもこんなに綺麗に撮影できるんだから。挑戦してみよう。

そうなるとデジタルカメラクイックブランケットがあると便利。これはオークションでアラート登録しておこう。