2011/7/10 今夜の月

撮影日時:2011年07月10日 20時43分、ISO800、1/1000秒露出
撮影機材:キヤノンEOS kiss Digital N、ED102S、ポルタII経緯台(いっこうさん借り物)
撮影場所:千葉県印西市自宅ベランダ

いっこうさんから借りているポルタを、しまっていたのを引っ張り出してきて、息子と月の観察。

子どもでも楽々操作できるのがポルタのいいところ。

「おおおーー!! すげー!!」

と、相変わらずいいリアクションをする息子。

初陣〜刀折れ、矢尽きる〜

さぁ、いよいよ晴れましたよ!

望遠鏡の本格デビュー。

GPVで今夜は晴天となることは調査済み。お風呂からあがり、子どもの勉強をみて、天体観測の準備。いざ出陣。

すでに22:30をまわっていて、あらかじめ観測地として目を付けていた竜ヶ崎市へ。

竜ヶ崎飛行場のあたりは真っ暗で、360°水田や畑。人家もない。街灯さえもない。

このあたり。↓

Googleマップであらかじめ決めていた観測予定地はなんと坂道だったため断念。

適当なところを探し回るが、意外とない。

いっこうさんからは「亜鈴星雲ゲット!」とメールが入る。

こっちはまだ「ロケハン中」とメールを返す。

仕様がないので、我孫子市にある利根川河川敷のゆうゆう公園に行ってみた。

駐車場はもちろん周りにもあかりがなく、なかなか良いではないか。

さっそく望遠鏡やらなんやらセッティング。時間かかった−。

ここでいっこうさんからメール「月が昇ってきたよ。そろそろ撤収。」

えー! こっちはこれからだっちゅうの。

そして、極軸を合わせる。極軸望遠鏡がないので、赤道儀の極軸の穴に北極星が見えるようにした。スカイセンサー2000があるから

少々の誤差があってもいいでしょ。

次にアライメント。まずは月の中心でアライメント。

そんでもって、デネブでアライメント。

さぁ、準備はOK!

さっそく導入してみましょうかね。メシエ天体、M27亜鈴状星雲をば。GOTO。ウイーーン。と、うなりをあげて我が望遠鏡が動く。

ん? なぜか地平線を目指している。変だ。キュインキュイン。と異音も発生。トラブル発生。

どうやら赤緯モーターが全く動いていないようだ!

うーむ。たぶんモーターの取り付け位置がギアに近すぎて回らないみたい。工具を持ってきていないので万事休す。

orz

そうこうしているうちに月がどんどん昇ってきて、空が明るくなってしまった。

おまけに、あたりが霧に包まれてきた。河川敷だからなのか。。レンズも曇ってきた。ファインダーは曇ってほとんど見えない。

目視で導入するもうまくいかない。赤道儀にモーターを取り付けているため、手動で方向を変えられないのだ。フリーにすると方向も

変えられるのだが、フリーストップではないため、手で鏡筒を支えていなければならない。

一気にやる気をなくす。まぁ、眼視でもそれなりに星はたくさん見えたが、深宇宙の天体は見えず。

気分をかえて、望遠鏡は使わないで、EOS Kiss とレンズで星野写真でも撮影しようかと古い三脚をセット。

するとどうでしょう、この古い三脚は雲台を空に向けることができない! そんなー。

今夜はあきらめて撤収。せっかく晴れたのに、踏んだり蹴ったり。

月だけは撮影して帰った。トホホ。。

補足

ここのギアが噛み過ぎて回らなかった。

 

 

SLIK EXCELLA 4

ここの溝に沿って雲台を曲げると天頂を向くのでした。

 

 

 

 

2011 6/13 今日の月

雲間から少し月が出ている!

急いで望遠鏡をセッティング。赤道儀はこういう時機動性に欠けるなぁ。ベランダに持ち運ぶのにも一苦労。

10分くらいかけてセット終了。月を見ると、

おおー!

息子と一緒に歓声をあげた。

クレーターの中にクレーターがあったり、なんか川みたいなのもあったりして面白いなー。

もっともっとながめていたいけど、また雲に隠れてしまった。

スカイセンサー2000もとりあえず追尾してくれているし、EOS Kiss Digital N の天体デビューでした。