星を撮ってはみたものの・・・

昨晩はよく晴れていざ出陣。

今日こそ星雲・星団の写真を撮るんだ! 準備もばっちり。バッテリーもフル充電。

前回と同じ我孫子市の「利根川ゆうゆう公園」へ。

おおぐま座をバックに。思いっきりピンボケですな。

数十分かけてセッティング。

極軸望遠鏡を手に入れたものの、使い方がよくわからない。まぁ、適当に合わせときゃいいかな。

スカイセンサー2000でアライメント。2つの恒星でアライメントするところを、3つも4つもやってみた。

しかし、基準星を導入するたびに大きくズレている。だいたいの方向へは向いてくれるのだが、ファインダーの視野からも外れるくらいだから、相当ズレているに違いない。

やっぱり、極軸をちゃんと合わせないとダメなんだろうか・・。orz

待ちに待った晴天、無駄にしたくない。気持ちを切り替え、直焦撮影の練習。

まずは、わし座のアルタイルでカメラのピントを合わせる。ここで手作りのバーティノフマスク登場。

これはまだピントがきてないね。

EOS Kiss Digital Nにはライブビューがないので、1枚撮影してはMacBookで確認。

まぁ、こんなもんでいいかな。

ダメもとで、スカイセンサーでメシエ天体、M71を導入。ウィーーン。

撮影開始。

タイマーリモコンを使い、露出14秒でバシバシ撮りまくる。

やっぱり、M71らしきものは写っていない。

天体を変えたりして撮りまくって、あー、たくさん撮影したな。家に帰ってスタック処理するのが楽しみだ!

ところが! 途中でISO400で撮影していることに気がついた。orz

ISO1600に設定し、取り直し。

キュイーーン。撮影しているうちに、また赤道儀のモーターの異音がしてきた。

ギアを確認すると今度は歯車がちゃんと軸に固定されていない。前回の反省を踏まえ、ちゃんと工具は持ってきた・・・・・・

はず・・・。

ない。orz おかしいなぁ。

モーターが動いてくれないと手も足もでない。観測続行不可能。撤収、撤収。

一夜明けて、撮影した写真をDeepSkyStackerで処理。5枚くらいを合成してみた。

なな、なんと、合成する前より星の数が減っているではないですか!

どういうことだ?

これが元の画像の1枚。
DeepSkyStackerでスタックすると、
あれもこれも天体の趣味は一筋縄ではいかない。予想よりも険しい道である。

バーティノフ・マスク作成

こうも曇りや雨の日が続くと、天体望遠鏡に対するモチベーションが徐々に下がっていく。むこうに見える鉄塔はもう見飽きた。
大体、望遠鏡を手に入れてから、たった一度しか星を見ていない。つまらんのー。

そんな私を見かねたのか、バーティノフ・マスクを作成したらどうかといっこうさんが提案してくれた。

バーティノフ・マスクとはピント合わせに便利なもの。詳しい説明はここを参照。

望遠鏡の焦点距離や口径を入力すると、マスクパターンを作成してくれるページがある。
できたパターンをOHPシートに印刷。
パターンを変えて2枚作ってみた。

20110610-093708.jpg
あとは工夫して筒先に取り付ければよい。ちなみに買うと¥3,600もする。なんか得した気分。

使用レポートはまた後日。晴れたときに。

 

誠報社にてED102Sにカメラを取り付ける方法を相談。

やさしい店長さん即座に答えてくれた。さすがプロ。これでEOS Kiss DNが取り付けられるぞ!

20110610-094436.jpg