オートガイドちょっと改善

前回、オートガイドで撮影しても、流れてしまって、精度良くガイドしてないことが露呈してしまいました。
PHDguidingのガイド中のグラフを確認。(グラフの画面をキャブチャしたつもりだったのに、全然撮れてなかった。orz これだから、Windowsは・・・)

すると、グラフのDEC側がすごく暴れています。RA側はビシッと中央付近をキープしていて良い感じ。うむうむ。
PHDguidingの脳みそアイコンのDECに関する設定をいろいろといじくっては、グラフを確認。
なんとか、暴れなくなってきたので、試しに撮影を強行してみました。でもまだRAに比べて大きく振動しているレベルです。

対象はM42オリオン大星雲。

↑2011.10.21 再処理


2011.9.30 1:44~1:53  180sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO800 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

IC434馬頭星雲

2011.9.30 2:04~2:16  180sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO800 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

微妙に流れているが、まぁ、前回よりは数段マシ。よかったよかった。なんとかメドがついた。
光害地のそれも東京方面のさらにひどい光害の南天でこれだけ撮影できればヨシとしましょう。

それより、画像処理がよくわからない。。難しい。これが一番時間がかかるかも。orz

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

今後の計画

関東も梅雨入り。せっかく天体望遠鏡を手に入れたのに、まだ一度も星を観察できないでいる。

週間予報でもしばらく雨のようだし。

ところで、

ゆくゆくは天体写真を撮影したい。

アンドロメダ銀河や、きらめくすばる。

数え切れないほどのメシエ天体。

堂々とした木星のサイケな縞模様とその衛星。帽子をかぶった土星。。などなど。

AstroArts(アストロアーツ)などにはすごい写真がたくさん。こんな写真を撮ってみたいし見てみたいのだ。

こういう動画も撮ってみたい。

でもそれには、まだまだ、機材が必要だ。

デジタルカメラか、Webカメラは最低限必要。これがないと撮影できない。

あと、天体を追尾するのに赤道儀のモーター。

精確な追尾をするのに極軸をあわせなければならないので、極軸望遠鏡。

暗い天体を導入するのにスターブック。さらに厳密な追尾が必要ならガイド鏡とオートガイダー。

たくさんあるなぁ。

とりあえず、これらが揃うまでは眼視観測で我慢かな。んでも、カメラはコンパクトデジカメのGX100があるので、

しばらくはコリメート撮影で楽しむとする。GX100でもこんなに綺麗に撮影できるんだから。挑戦してみよう。

そうなるとデジタルカメラクイックブランケットがあると便利。これはオークションでアラート登録しておこう。