ファインダーの位置を下へ〜下へ〜♪

鼻歌歌ってる場合ではないですよ。
政府を批判することはテロリストを利することになるんだそうですわ。
極めて遺憾だそうです。

政府に従わないものは人にあらず、テロリストだ! と言わんばかり。

ずいぶんな世の中になったもんです。

まぁ、そんなことはどうでもいいとして、(よくないけど・・)
R200SS用に作ったフードがくたびれてきたので、作り直そうかと思っていました。
そんな矢先、よっちゃんが新作フードを発表されてましたので、さっそく真似して作ってみましょう。

と、その前に、
私の所有しておりますVixen R200SSは古い型で、正確にはマイスターGR200SSという製品です。筒が鉄製でどっしりとした重量。現行のR200SSはアルミの筒で軽いです。鉄製のほうが真円性が高くて良いという人もいらっしゃいますね。ただ、温度順応はアルミのほうが良いでしょう。

さて、このGR200SSはファインターの位置がずいぶん筒先側にあります。

IMG_2831

このままだと、フードの引っ掛かりが少なくてどうも具合が悪いのです。

というわけで、
ファインダー取り付け金具の位置を主鏡側へ移動させることにしました。

工具の落下事故や切り屑の影響がないように主鏡は取り外しておきます。
鏡筒にドリルで穴を開けて、
IMG_2861

ギャイーーン!! 電動ドリルの音が家中に響き渡ります。
昼寝中の妻や猫を起こしてしまいました。ごめんなさい。。m(_ _)m

ドローチューブの取り付け金具と面を合わせておきました。
IMG_2865

そのままだと、穴が開いたままなので、黒のパーマセルテープで塞いでおきました。

さて、次回はフードの作成にとりかかります。
しかし、材料を買いにホームセンターに行く時間がありませんので、いつになることやら。
新月期までには作ってしまわなければ〜。

↓クリックしていただけると、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村