ジャック彗星(C/2014 E2)

冷却CCDカメラQHY9M の不具合が解消し、8/21の夜に印旛沼に撮影に行ってきました。
8/19に撮影したかったジャック彗星(C/2014 E2)です。

ジャック彗星は現在、天の川に沿って北上中です。天の川の星雲や明るい星とランデブーしながら動いていますので、面白い写真が撮影できそうですね。
でも、淡い星雲を一緒に写そうと思うと長い露出時間が必要になってきます。長い露出時間だと彗星の移動が大きくて彗星が棒状になって写ってしまいますので、ちょっと困りますね。感度の高いカメラで撮影したいところです。

さて、
LRGBのフィルターでそれぞれ撮影したのですが、思いのほか移動が早くて、彗星核基準でコンポジットしたらとんでもない画像になってしまいました。
なので、Lの1枚画像です。

JaQue_comet_L 
2014.8.22 00:24~ L: 600sec.×1枚 QHY9(mono)  Vixen R200SS Kasaiコマコレクター(合成890mm) Kenko EQ6PRO OAG9+Lodestar+PHDguiding MaximDL ステライメージ Photoshop で調整 印西市長門屋(印旛沼)

モノクロ反転はこちら。テイルが少し見えるでしょうか。

JaQue_comet_L_inv

( ゚ε゚;)ムムッ
なんか右側がひどくピンボケしています。星像が中心に向かって伸びていますので、コマ収差でしょうか? でもコマ収差なら左側も同じようにならなきゃおかしいですよねぇ。スケアリングでしょうか? それとも、光軸が合っていない??

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

ジャック彗星(C/2014 E2)」への17件のフィードバック

  1. こんばんは
    とんでもない画像ってどんな感じになっているにでしょうか

    テイルしっかり見えますね 画像ピントしっかり合っているのでは?
    テナーなら許容範囲です。
    移動の早い彗星は800mm直焦点では難しいようですね。

    • 通常、彗星核基準でコンポジットすると、恒星が流れた写真が出来上がるんですが、今回彗星の移動速度が早いのと、露出時間を長めに設定したために、恒星が線ではなく、間延びした点線になってしまいました。

      ピントは中央付近はいいのですが、画面右側がひどいことに・・・・。orz
      原因がわからなくて困ってます。

      やっぱり、800mmでは厳しいですよねぇ~。

  2. おはようございます。

    移動の早い彗星は厄介ですね。
    でも焦点距離が長いおかげで、ダストの尾とイオンの尾の両方が見えていますね。

    とんでもない画像って、星が3色の線になって繋がっているのでは?
    彗星の写真としては、昔よく見ましたが、最近はあまり見ないですねえ?
    どうしてかなあ?
    CCDの感度が上がって露光時間が短くなったのかなあ?

    • L画像のコンポジットだけで、とんでもない画像になりましたので、RGBはやめておきました。(笑) やまねももんがさんの言うとおり、3色の点線になってしまうと思います。最近の冷却CCDはかなり量子効率がアップしていますので、彗星の撮影も難なくできるのかも知れませんね。

  3. R200SSで10分露光の割には、彗星核が余り流れずに
    尾がはっきりわかる迫力のある画像ですね。
    わたしのf300mmでの画像は尾が確認できませんでした。
    なるほど、デジ一眼ではRGB同時撮影なのかと再認識しました。(笑)

    • へへへ。実は彗星核はだいぶ流れています。ワザと中心部を飽和させて見えないようにしています。(笑)
      太陽からだいぶ遠ざかっていつつありますので、300mmでの尾は厳しいかも知れませんね。

      彗星撮影はワンショットカラーが一番だと今回のことで学びました。。

  4. 移動速度が速いと800mmでは、なおさら難しいでしょうね。
    「とんでもない画像」ってのも拝見したいですが、L画像も尾が写ってて、いい感じです。
    ジャックといろんな星雲とのコラボ、写したいのにこの天気では望み薄ですねぇ・・・。

    • 移動速度が早いので、撮影終了までにこの画面の半分くらい彗星が移動していますね。となると、画像の重なっていないところをカットされてなんだかわけわからん写真になりそうです。

      デネブやサドル付近に接近しますので、それらと一緒に撮影してみたいですね〜。私は800mmなので無理ですが、おりおんさんの出番ですぞー!

  5. うぅ、反射はいやですね。これはほんとに、ひとごとではないですよ。
    「これでオーケー!」って思える日が来るんでしょうか…。オセーテください…。
    「L画像です」って、早くやってみたいなー(笑)

    • いや、逆におせ~てください。(笑)
      ピンボケの原因を探るのに、次回はCCDの取り付けを180度変えてやってみようと思います。それで逆にピンボケがきたら筒側に原因があるってことですよねぇ。。

  6. こんばんは
    みなさんあたりまえの様にジャック彗星UPしておられますね、私もこんな写真撮ってみたいです。
    まあ初心者は初心者なりに出来ることからこつこつと、
    それまでは綺麗な画像楽しませてもらいます。

    • 彗星は二度と帰ってこないのがほとんどですので、まぁ、写りはともかく、とりあえず記念に撮影しておきたいですね。
      熊五郎さんのポラリエでの撮影技術なら、余裕で北アメリカ・ペリカン星雲とジャック彗星のコラボも狙えるんじゃないでしょうか。
      あとはお天気次第ですねぇ。。

  7. なんか学術的な画像ですね。かっちょいいです。
    周辺部のボケ、片側だけってのは、何かが傾いてるんですかね。
    やっぱコマコレがあやしい気がしますが。
    ヒグラシくんと改造カメラで、コラボねらえば?
    でも天気がねぇ~。

    • 違うコマコレで撮影したデジカメ画像にはボケがないので、やっぱり笠井のコマコレが怪しいよね。

      2天気が良ければ、00mmくらいのカメラレンズで狙って見たいねぇ。

  8. ピンバック: コマ収差解消。ちょうこくしつ座系外銀河(NGC253) | Zero Gravity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中