Yes. I am the Omega Nebula.

梅雨が明けましたが、スッキリと夜晴れないですね。

梅雨が明ける前の7/14の夜、星が見えて月が明るく輝いていました。せっかく晴れたので、Hαのナローバンドで撮影しました。ただし、翌日は仕事で朝早いので、手早くベランダにセットして、20分露出×4枚のみです。

M17_Omega_Nebula-002Ha_03
2014.7.15 00:03~ H-alpha: 1200sec.×1枚 QHY9(mono) ビクセンR200SS EQ6PRO Kasaiコマコレクター OAG9+Lodestar+PHDguiding MaximDL ステライメージ Photoshop で調整トリミング 印西市自宅ベランダ

手早いセッティングで、重量バランスがテキトーだったため、ガイドがことごとく失敗してしまいました。1枚20分の長時間ガイドなのでもっと慎重にやればよかったと反省しています。

4枚全てのフレームが星が流れたり飛んでしまったりで、使える画像がなかったので、全てボツでした。そこで、比較的エラーの少ない1枚を、ぴんたんさん作のPITで処理してガイドエラーを補正しました。
PITは、少しくらい星が流れてしまっても補正してくれるすごいソフトです。

で、1枚のみを処理してなんとか仕上げました。
カラーを気にしなくてもいいので、モノクロの処理はラクでいいわ〜。(笑)

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

Yes. I am the Omega Nebula.」への16件のフィードバック

  1. なるほど、「Hαのナローバンド」って不思議な写りするんですね。
    見慣れないというか、「へぇ〜」ってボタン押したくなるような。
    これは楽しそう♩
    究極的には、これとカラー情報をブレンドするわけですよね?
    いやー、ヤバい領域ですよ、これは。

    • Hαナローバンド撮影は、高コントラストですっきりした画像がカッコええです。
      光害地でも勝負できますし。
      ただ、1枚あたりの撮影時間が長くなってしまいます。

      私が中学生の頃の天体写真集はこんなモノクロの写真ばっかりでしたね。

      ブレンドやRに置き換えはまだ試したことがないのですが、M82でやってみたいです。
      あと、他の波長のナローバンドを合成して、ハッブルパレットってやつをやりたいですね。

  2. 久しぶりの天体ネタですね。
    日中は雨、夜は晴れが我が家には最高のお天気なんですが、うまくいきませんねえ^^;
    技術は知りませんがこれってモグラに見えるんだけど?もしくはカエル(^◇^;)

    • (補足いたしますと、妻はドライアイなので日中は雨だと目がラクなんだそうです。)
      いいかげん、つばめにも飽きてきた頃ですよね。(笑)

      えっ? モグラ? 見えるような見えないような。。そう言えば、前に誰かがエビフライ星雲と名付けていました。

    • いやー、ベランダのすぐそばの部屋から、麦茶飲みながら操作してたんですが、ダメですか。

      やまねももんがさんの奥様も、コメントはしないけど、ちゃんとブログはチェックされてると思いますよ。

  3. Hαのナローバンドですか。諧調豊か、奥行き感もあっていい感じですね。
    1枚なんですね。スゴイなぁ。処理が楽なのもいいですねー。
    やっぱいいな、冷却。欲しい。

    • この豊かな階調は冷却ならではですね。1枚でこれですから驚異です。

      冷却どーすか? ご希望なら背中を押してあげますよ。ど~~~ん。

  4. スゴイ!!迫力の一枚で、ガスねぇ。満月期でもOKってぇのが魅力だなぁ。
    ナローバンド撮影かぁ、ハッブル言って、私には無理です。赤道儀がぁ、南天5分が限界なだ。
    でもPITで補正すると、滑らかになるんですよねぇ、って、私のだけか。ハハハハハハハハッ!

    • えー、NexGuideなら5分以上イケルんちゃいますかね。たぶん、祈りが足りないのだと思いますよ。(笑)
      デジカメなら感度を高くして時間を稼ぐ方法もアリですが、冷却は感度の設定がないのですよねぇ。

      PITでは滑らかにはなりません!

  5. モグラにエビフライ、そう言われると見えてきた。
    見事な作品なのでいろんなものに見える。
    ナローバンド撮影。
    考えてみたらガイドの練習にもってこいだったりして

    • 私には鼻筋のスーッと通った人間の鼻が見えます。。

      ガイドがうまくいって、長時間できるようになると、低感度ローノイズでじっくり撮影できたり、幅が広がりますねー。

  6. ナローバンドの画像は何となく学術的な匂いがしますね
    それより仕事前夜にセッティング撮影にどのくらいの時間かけているのだろうか?
    テナーは多分極軸合わせて撮影まで行けないでしょうね。
    短時間設定の手順が知りたい。

    • モノクロ画像は玄人向けですよね。天体写真をやってない人に見せても、「( ´_ゝ`)フーン」で終わってしまいそう。

      うちのベランダは南向きなので、北極星は見えません。なので、勘で極軸を合わせてます。(笑)
      EQ6PRO赤道儀にはポーラーアラインという、北極星が見えなくても極軸を合わせる方法があるのはあるのですが、面倒くさいのでやってません。だいたい合っていれば、オートガイドがあるのでなんとかなってます。でも今回のような20分のガイドとなると厳しいのかな・・・。

      セッティングは20分くらいはかかってしまうでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中