そして、放蕩息子の帰還

Rembrandt_Harmensz._van_Rijn_-_The_Return_of_the_Prodigal_Son

この絵は「放蕩息子の帰還」というタイトルのレンブラントの作品で、新約聖書のルカの福音書の一節にある1シーンです。私の好きな絵です。

ある裕福な男に二人の息子がいました。
ある日、その息子の一人、弟のほうが父親に向かって言いました。

「おい、クソおやじ!  お前の財産あるだろ。お前が死んだら俺がもらえることになっている分、今、全部よこせ。」

父親は財産を分けてやりましたが、弟は財産をすべてお金に換え、遠い国に行ってしまいます。
弟は遠い国で、放蕩の限りを尽くし、財産をあっという間に食いつぶしてしまいました。
タイミング悪くその遠い国で飢饉が起こってしまい、弟は食べるものに困ってしまいます。人に雇われて、ユダヤ人の間では卑しいとされていた豚の世話をしますが、
その豚の餌までも食べたくなるほど飢えていました。
飢え死にしそうな時、
「もう、アカン。。限界。。。そうだ、実家の父のところに戻ろう。」
と、父のところへ戻ります。
父は変わり果てた息子に駆け寄り、
「おおお!息子よ! よく戻ってきてくれたなぁ! 」
と、息子を抱きしめキスをします。

「お父さん。私は息子と呼ばれる資格はありません。使用人にしてください。」
と、息子はそう言いますが、
父親は使用人を呼んでこう言いました。
「息子に一番良い服と靴を与えてやりなさい。あと、太った子牛を殺して食べさせなさい。」

父親はこの息子のために祝宴を始めます。

さて、そんな時、働き者の兄が畑仕事を終えて帰ってきました。
「賑やかだだなぁ、何事だ?」
「はい。弟さんが帰ってこられました。今夜はお祝いの大宴会ですよ。」

兄は真面目に働いて父と家を支えてきました。
兄は父に詰め寄ります、
「父さん、私は何年も真面目にあなたに使えてきました。あなたの言いつけに背いたことも一度もありません。なのに、財産を食いつぶした弟にはこんな盛大な宴会ですか。太った子牛まであげて・・・。私なんか仔山羊一匹もらったこともありませんよ。ズルいよ!! どういうつもりですか!」
と弟を妬んで父に怒ります。

「まぁまぁまぁ、そんな怒らんでも。。死んだと思っていた弟が帰ってきたんだから、祝うのはあたりまえじゃないか。」
と父は上の息子を諫めます。

とまぁ、こんなエピソードをイエス・キリストが語ったらしいです。

さて、本代、あっ借りてた本代返さな・・・(以下省略)
本題です。

猫のちょこがいなくなって2日後の夜、遅いのでもう寝ようとした時、外から子猫の絶叫とも言える鳴き声が聞こえてきました。
鳴き声の主は子猫なので、ちょことは違いますが、変だなと思って外に出てみました。子猫は少し離れたところで鳴いていたようですが姿は見えません。
ダメ元で「ちょこ〜。」と夜中なので小さい声で呼んでみました、すると、

「に゛ゃ〜ご」

とちょこ独特のダミ声が聞こえたような気がしました。あれっ?と思ってもう一度呼んでみると、また、

「に゛ゃ〜ご」

と返事が帰ってきます! ちょこだ!!
探すと、駐車場の車の下にいました、いました。

「こっちにおいで〜。」
と呼んでみますが、固まって動きません。

寝ていた妻と息子が騒動を聞いて駆けつけてきました。
なんと、妻がパジャマのまま車の下に潜り込み、車の下からちょこを追い出しました。すげぇ。
逃げ出したちょこを息子が追いかけて捕まえて、一件落着。。ふぅ。。

「ちょこ、よく帰ってきたねぇ〜。」と褒めてやります。
みんなで寄ってたかってなでてやりました。
そんな弟の帰還を見ていた、姉のもみじ。
なんと、う~う〜、唸って怒っています。
それもそのはず、もみじは、ちょこのいない2日間、まるで天下をとったように振る舞っていました。
もみじは、ちょこの前では決して我々に甘えたりしませんが、この2日間はとても甘えん坊になっていました。
もみじは感情が態度に表れやすく、とてもわかりやすくてかわいいです。(笑)
(私、いい子にして、家にいたのに、ちょこばっかり可愛がってズルい!!)って感じでしょうね。

さて、ちょこは家に帰って安心したのか、床にゴロンと寝転んでずっと寝ていました。
翌日も元気がなく、ボンヤリしているので、猫缶を買ってきてあげてみると、ものすごい勢いで食べていました。(笑)
いつもはカリポリのキャットフード(総合栄養食)しかあげていないので、2匹にとってごちそうなのです。
(ちょこばっかりズルい!! )と、もみじに言われそうなので、ちゃんと、もみじさんにも猫缶をあげました。

薄汚れて、少々やつれていました。↓
IMG_1842

猫探しのチラシを店頭などに貼っていただいた交番やコンビニ、スーパー、動物病院に、「見つかりました」の報告と挨拶に行きました。
また、ネットの迷い猫掲示板から書き込みを削除し、ツイッターでお世話になった方々にもお礼を言いました。
皆さん、「本当に良かったね。」と喜んでいただきました。ありがたいことです。

また、ブログでもご心配をおかけしました。おかげさまで、無事帰ってきました。

今では、また2匹による、夜の大運動会が繰り広げられております。(笑)
相変わらず、ベランダに出してとおねだりしてきますが、当然無視しております。

あー、いいかげん天体ブログに戻りたい〜。晴れてくれ〜。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

そして、放蕩息子の帰還」への28件のフィードバック

  1. 月並みですが、良かったです
    もみじさん、可愛い
    先輩というか、先任というか
    振る舞いが良いですネ。

    • 一安心です。
      でもいつまた脱走するか気が気ではありません。(笑)

      もみじはとても人間的で、悪さをして叱られた後、ちょこに八つ当たりして猫パンチするんですよ。ちょこはなんのことやら??って感じで面白いです。

  2. ちょこっと旅に出ていたのでしょうか?
    無事でなによりです。
    もみじのすねた姿もアップしてほしかった(笑)
    夜の大運動会ですか。。。
    嬉しいような、迷惑なような。。

    • ええ、ちょこっと旅に出ていたようです。(笑)
      普段、仲は良くない2匹ですが、大運動会だけは一緒に走り回っています。不思議なものですねぇ。

  3. 良かった、良かったですね
    車の下好きですからね!うちのブン太も心配してました。
    今、夜回りの最中なので朝になったら教えてあげます。

    • ブン太先輩にもご心配をおかけいたしました。。ありがとうございます。
      そう言えば、野良猫もよく車の下にいますよねぇ。人間と視線が合わないので都合がいいんでしょうねぇ。

  4. ドキドキしながらこのブログを開きましたが戻ってきたようで、よかったですね。
    うちにも同じような行動する大学生の息子がいますが、かみさんはほぼ放置しているそうです(笑)

  5. ほんと、良かったです。
    どら息子が~!って怒りたいよな、猫可愛がりしたいような。
    冒険がしたかったんでしょうなぁ。無事で何よりでした。

    これで、心おきなくツバメ日記に集中できますな(笑)
    ところで、まるこうさんちに猫がいることをツバメは知らないのでしょうか?
    知ったら腰抜かすかも。

  6. おはようございます。

    本当に良かったですね。
    ちょこ君も外に出てみたものの、怖かったんじゃないかと思いますよ。
    でもそこで猫缶を出してしまうと、猫缶を食べたくなったらまた脱走してしまいますよ(笑)。

    • 帰ってきた時は完全にビビってました。
      仰るとおり、怖くて近くに潜んでいたんだと思われます。

      あっ、猫缶欲しさに脱走ですか!! しまった〜。

  7.  へぇ~!まるこうさん、絵、わかるんですかぁ。レンブラントやなんてぇ、って、ボケる思うたでしょ(笑)
    マジ、うらやましい。嫁さんが家にあれやこれや飾るけど、わたしさっぱりなんですよねぇ。わかりたい気はあるのですがぁ。
     で、本題。あれぇ、最近、変換がおかしいなぁ。って言う、クソじじぃになってしまいますよぉ(笑)
    最後の写真、たくましくじゃなく、やつれて帰って来たところに、超愛しさを感じます。抱きしめたくなるってこういうことかなぁ。
    もし、ネコの額に新皮質があれば、驚嘆と恐怖の物語が聞けたかもしれないですねぇ。

    • レンブラントがこの絵を描く前に、お子さんを亡くしたのだそうです。レンブラントも息子が帰ってきて欲しかったんだなぁ。。。と思って絵を眺めると涙無くして見れません。。(泣)

      他の猫とケンカの一つもして帰ってきて欲しかったです。(笑)

  8. おはようございます。
    再会できて何よりです。猫や犬と生活を共にした経験が無く、この記事を読むまで猫が感情表現することを知りませんでした。パートナーであり家族なんですね。初めて知った外界をどう感じたんでしょうか。再びベランダへ出るのをおねだりする辺りからすると、冒険心に火がついちゃってたりして。

    • 何かして欲しい時はおねだりし、怒っているときは機嫌が悪かったり、とても感情豊かですよ。もみじの考えていることは、表情からだいたいわかってきました。

      相変わらずベランダに出せとうるさいですねぇ。。(笑)

  9. 24日からブログ更新されてなかったのでまだ見つからないのだなと心配してました。月並みですが本当に良かったと思います。私のところも今のマンション越した頃ベランダから隣の部屋のまどの外エアコン置き場に出て(1.60センチx50センチ)命がけで抱き上げました。因みに15階建ての8階部分です。もう一度行けと言われても行きません。

    • ありがとうございます。
      夕焼け熊五郎さんちの猫ちゃんも脱走したのですね。しかも、命がけの救出劇!! お怪我がなくてなによりです。でも、無理なさらないでくださいね。
      私も、今後気をつけたいと思います。

  10. ちょこちゃん、無事に帰ってきて良かったですね。うちのニャンコの名前もチョコなので、
    他人事(猫事)とも思えず、ホッとしました。うちも外に出したこと無いので、気をつけます。
    よかった、よかった^^

    • どうもありがとうございます。

      ヤマボウシさんちのチョコさんもお茶目でカワイイですよね!! 時々ブログを読ませていただいてますよ。

      うちの猫は室内飼いで外の世界を知らない子だったので、かなり心配しました。
      ビビって外に興味がなくなったかと思えば、そうでもないようです。気をつけなければ・・・。(笑)

  11. 無事帰って来て良かったよねえ。
    夜勤なのにチラシ作ったりネットに書き込みしてくれてありがとうございました^_^
    ポスティングと捜索は2日が限界でした。日頃の運動不足がたたって足の痛みがつらいつらい。ちょこがいるかも!と起きた時、睡眠薬飲み始めだったから車の下に潜り込んだ記憶はあります。でも朝起きてパジャマが汚くてなんでだろ⁇とさっぱりわからなかったです^^;
    ちょこさんすっかり元気になって外へでる気満々になってますな。
    しかも、猫缶あげちゃったし(^◇^;)

    • いや、本当に良かった良かった!!
      捜索お疲れさまでした。ポスティングも任せてしまって申し訳ないです。
      捜索に深い草むらにまでどんどん入っていったり、パジャマで躊躇なく車の下に潜ったり・・、、頭が下がります。私はそこまでできなかったです。。m(_ _)m

      しかし、猫缶は食付きがいいなぁ〜。

  12. ほんとよかったですね。
    やつれた姿が痛々しいですが。
    ウチはワンコなのでベランダから道々を歩くワンコに吠えるぐらいですが、ニャンコは心配ですね~。
    ちょこちゃん、もう脱走しないといいんですが・・・。

    • ありがとうございます。

      喜ぶ人間たちとは対照的に、帰ったきた当日と翌日は、ちょこは放心状態で元気がなかったです。猫缶を食べるまでは。(笑)

      そんなに心配しなくても大丈夫そうだなぁと今回の事件で学びました。次回脱走したら、辛抱強く待っていようと思います。

  13. うーむ、よかったよかった。
    なんでしょうね、猫ちゃんも寂しかったりするんでしょうかね。

    「猫缶」が「太った子牛」に対応しているところもすばらしいです。
    「放蕩息子」の逸話は、いったいどんな事を伝えようとしてるんかなー、
    と考えながら読んでしまいました。

    • ミッチーさんどうもです。

      そう言えば、第9地区という映画では、地球の猫缶がエイリアンにとって最高のご馳走という設定でした。
      うちの猫たちも美味そうに食べてますよ。(笑)

  14.  きっと、ものすごい冒険だったんでしょうね。
     かわいい子には旅をさせよ! 次はGPSをつけて、あえて旅させてはどうでしょう。『はじめてのおつかい』みたいに、こっそりあとをつけるとか(笑。
     放蕩息子=罪人、父親=神なんでしょうかね。罪人も神の前では一人の人間ということがいいたいのでしょうか。それならば、真面目にやってる兄、むくわれないなぁ(泣。

    • 今の時代、猫さらってなぶり殺したり、車に轢かれたりしますからねぇ。GPSやカメラ付けて冒険させてみたいですが、ちょっと心配です。

      そう、兄の立場で考えると納得いかないですな。
      今までさんざん悪事を働いてきたヤツがいいことをすると、めっちゃ評価されるのに、真面目に生きてる私なんかは特に評価されない。世の中そんなもんです。orz

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中