ピントこない話

前回記事「オフアキを取り付けてみたものの・・・」の続きです。

月が煌々と輝いていましたが、ベランダに望遠鏡をセッティング。
R200SSに、冷却CCDのQHY9オフアキOAG9を取付けて実写してみました。

スピカを導入した結果はこのとおり。↓
CCD Image 7

やっぱりピントが合いません。。orz
これがドローチューブをいっぱいに入れた状態です。

コマコレクタにバーダープラネタリウムのMPCCを使っています。バーダーの説明には「焦点距離は変わりません」となってますが、
雲上さんのブログ記事(モヤを透して3億光年(ステファンの五つ子とNGC7331)には、MPCCは8mm程度焦点距離が伸びているとあったので、ものすごく期待していたのですが・・・・。

さて、どうしましょうか。

・接眼部をロープロファイルのものに交換
・焦点距離が延びるコマコレクタに交換
・フィルターホイールとQHY9の間のリングを薄いものに交換
・オフアキは諦める

のどれかですね。それぞれにメリットデメリットがありますが、
とりあえず、SE200Nにも使いたいので、接眼部を交換するのはナシですね。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

ピントこない話」への17件のフィードバック

  1. 困ったものですね、素人考えで
    ・接眼部をロープロファイルのものに交換
    が無いなら、利便性を諦め
    ・フィルターホイール
    を撤去し直付け、また
    ・リングを薄いものに交換
    を併用すれば、ダメですかねぇ
    ・焦点距離が延びるコマコレクタに交換
    これは、主鏡との関連で却って画像があれる場合があるのでは。
    ・オフアキは諦める
    これはチョットですね。

    • あとはフィルターホイールを薄型のフィルターボックスにするとかですかねぇ。
      でも、電動のフィルターホイールめっちゃ便利なんですよね・・・。

  2. SE200Nだったら鏡筒切断ですね(笑)。

    主鏡を目一杯、筒先に移動してもなんともならんくらいなんですか。

    自分でいうのもなんですが、
    発想がいかにもSE200Nユーザーらしくて笑っちゃいますね。

    • おおおお! 筒の切断!! その手があったか!!
      でも、そのぶん斜鏡も大きくしなきゃいけないんですかねぇ・・・・。

      主鏡の移動、、なるほど。。 ちょいと調べてみます。

  3. R200SSピント位置の話ですが、先日フラット画像の撮影の際に純正コマコレ3とMPCCのピント位置を調べました。
    ピント調整つまみにマーキングしておいたのですが、どっちかわからなくなったので先ほど雲間の月で確認しました。
    その結果、MPCCはコマコレ3より約4mm操出が少ないようです。
    そこで以前のMPCCの焦点がコマコレ3より8mm長いのは逆だったのではと思い、
    もう一度画像を再確認してみたのですが、やはり同じ結果がでました。
    つまり焦点距離の短いコマコレクタ3の方が4mmほど操出が長いという事になります。
    誤差や勘違いがあるかもしれませんので、もしコマコレ3もお持ちでしたら試してみてください。

    • おお!! そうでしたか!
      わざわざ実験していただきありがとうございます。

      コマコレ3は持っていないのですが、コマコレ1がありますのでそれで試してみますね。

  4. (追伸)コマコレ3持ってないからと言ってあわてて買ったりしないように。(微妙な数値ですので責任持てません。)
    明日明るくなったら近くの鉄塔ででも、両コマコレクタのピント操出位置を再確認してみます。

  5.  おぉ!ピントこない問題、こちらは極めて深刻な展開になってますねぇ。おサッシします。
    主鏡の移動!!ロマンティックだなぁ!私もはやくそんな世界に首をつっこみたいです。
     メーカーの仕様どおりに使用しないようにシヨウぜ、反射鏡。

    • 反射鏡(笑)
      もしかして、とんでもない間違いをしていないかと思って、フィルターホイールとオフアキの間にサッシがないか確認しましたが、ありませんでした。(笑)

      うーん、もうどうシヨウもないかも知れませんが、もう少し頑張りまシヨウ。

  6. おはようございます。
    一押しはノーズピース撤去なんですが、ミッチーさんの主鏡を筒先方向に持って行く案にも賛成です。
    SE200Nの斜鏡は短径=58[mm]でしたっけ?
    主鏡の移動量にも因りますが斜鏡を大きいものに変更する必要性が生じるかもしれません。同時にオフセットしてあげないと、ドローチューブ側が切れちゃうかもしれません。斜鏡を大きくすると言っても、短径=70[mm]辺りまででしょうから問題ないかも?
    もし、主鏡セルのネジ長を伸ばすだけで主鏡位置を調整できるようならば、天文ショップ・ジョイフル本田千葉ニュータウン店へ直行ですね!

    笠井コマコレ送りますね。帰宅後発送なので、明日発送になります。

    • SE200Nの斜鏡の短径は48mmですね。R200SSと比べると結構小さいです。うーん。斜鏡を取り替えたりはいろいろと大変そうですねぇ。最後の手段に残しておきますかね。

      天文ショップ・ジョイフル本田千葉ニュータウン店(笑)
      最近、天文ショップカインズもオープンしておりまして、ネジ関連はジョイフルよりも充実しています。

      笠井コマコレ、お貸しいただきありがとうございます。m(_ _)m

  7. 残念な報告になります。
    確かに操出量はコマコレ3の方が多かったのですが、接眼筒の先端からTリング前面までは
    20mm前後とほぼ同じでした。(ちがっても1mm程度の差)
    わたしの場合、MPCC接続用にリバース使用可能なビクセンの60→50.8AD(R)を
    使っているのですが両端にネジ切りのある分、コマコレ3に使っている直焦ワイドアダプアター60より
    4mmほど厚くなっていました。(つまり操出量の差はそこから来ている)
    まるこうさんの前回の画像を見るとリバース仕様ではないSX60→50.8ADのようですので、
    純正コマコレクターに変えてもピント位置は大きく変わらないように思えます。
    期待させてすみませんでした。

    • 雲上さんには大変お手数をおかけして申し訳ありませんでした。ここまで実験していただいて本当に感謝感激しております。
      なるほど、アダプタの差が繰り出し量の差になっていたわけですね。

  8.  ミッチーさんの『SE200ユーザーの発想』、大爆笑。
     あかん。職場で爆笑してばかりいると、情緒不安定な人みたいだ(笑。
     あれこれ苦労するのが楽しい人じゃないとこの趣味は続かない、という名言どおりですな。
     えっ? 誰の名言かって? そりゃ私にきまってるじゃないですか(笑。
     やはりオフアキありきで考えると無理が生じるのでは? 星ナビや天ガの入賞作もオフアキの人ばかりじゃないし、オフアキは思い切って友人に貸し出してみてはいかがでしょうか。←先日からオフアキをdisっている理由はそれか!(笑

    • いやー、本当はカネにモノを言わせて苦労せず楽しくやりたいですなー。(笑)
      板垣公一さんみたいに、あっちこっちにリモート観測所を作って夜な夜な超新星ハンティングをして過ごしたいです。

      オフアキ、貸してあげてもいいんだけど、高感度のカメラとパソコンが必要だね。えっ? それも貸せ?

  9. ピンバック: オフアキその後 | Zero Gravity

  10. ピンバック: コマ収差解消。ちょうこくしつ座系外銀河(NGC253) | Zero Gravity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中