ピントこない話

前回記事「オフアキを取り付けてみたものの・・・」の続きです。

月が煌々と輝いていましたが、ベランダに望遠鏡をセッティング。
R200SSに、冷却CCDのQHY9オフアキOAG9を取付けて実写してみました。

スピカを導入した結果はこのとおり。↓
CCD Image 7

やっぱりピントが合いません。。orz
これがドローチューブをいっぱいに入れた状態です。

コマコレクタにバーダープラネタリウムのMPCCを使っています。バーダーの説明には「焦点距離は変わりません」となってますが、
雲上さんのブログ記事(モヤを透して3億光年(ステファンの五つ子とNGC7331)には、MPCCは8mm程度焦点距離が伸びているとあったので、ものすごく期待していたのですが・・・・。

さて、どうしましょうか。

・接眼部をロープロファイルのものに交換
・焦点距離が延びるコマコレクタに交換
・フィルターホイールとQHY9の間のリングを薄いものに交換
・オフアキは諦める

のどれかですね。それぞれにメリットデメリットがありますが、
とりあえず、SE200Nにも使いたいので、接眼部を交換するのはナシですね。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村