カメラ用電源の作成

電源は全てポータブル電源からとれるように、

Higlasi-1Bの外部電源化
結露防止ヒーター作成

と工作してきました。
残るはカメラの電源の外部化です。

そんなわけで、今回ようやく電源を作成しました。

ポータブル電源は12Vですので、Eos Kiss X5の電源電圧である8Vには直接入れることはできません。
秋月電子通商の可変スイッチング電源キットを作ろうと思っていたのですが、
おなじみ、DealExtreamで探してみると、ありました。(笑) しかも、$6.99と大変お値打ちです。
秋月のキットと全く同じDC-DCコンバータモジュールを使っています。当然回路も同様です。

↓DC~DC Step Down Module / Adjust Current Voltage Power Supply Module
IMG_1556

あとは、カメラの電池ボックスに入れるカプラが必要です。
売ってるのもあるのですが、あんな簡単なものがめっちゃ高価です。

そこで、ちょっともったいないですが、バッテリーを分解して作成しました。
↓非純正のバッテリー
IMG_1551

これのカバーをバキバキバキと割り、中のバッテリーを取り外します。
すると、↓こんな感じ。なんか基板にチップが載ってるなぁ。。。何だろう?
IMG_1554

んー、よくわからないから無視!!  直結することにします。(笑) ↓
IMG_1558

↓あとは、出力電圧を可変抵抗で調整。8Vにしておきました。
IMG_1559

↓シガーアダプターを取り付けて、本体はタッパーに入れて完成!!
IMG_1561

さぁ! ちゃんとカメラが起動するのか・・・。なにぶん、電子工作はド素人ですので、カメラがぶっ壊れる可能性もあります。

ドキドキ・・・・。

↓ やりました! 無事起動しました!!  ホッ・・。
IMG_1560

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村