カメラレンズ用結露防止ヒーターの作成

月明かりもなく、絶好の観測条件だったしぶんぎ座流星群は曇り空で不発に終わりましたね。
残念です。

さて、3日の夜は工作をしていました。
カメラレンズの結露防止ヒーターは面ヒーターをポータブル電源(12V)につないで、ベルトで固定していただけのものでした。↓ 初代ヒーター作成記事へのリンク

20140104-070846.jpg

ところが、御覧のように面ヒーターがはみ出て、画像にケラレが出てしまいました。
そもそもこのヒーターは屈折望遠鏡のために作成したので、カメラレンズ、特にZenitar 16mmには大きすぎますね。

んで、もう少し幅が狭いヒーターを作成することにしました。
前回同様、ほんまかさんのブログ記事を参考に作成させていただきました。

材料は以下のとおり。ケーブル、耐熱両面テープ、マジックテープの結束バンド(幅2cm)、ニクロム線(径0.25mm)、ギボシ端子、そして、つまみの付いているやつは、DealExtreamで5ドルくらいで売っているLEDの調光器です。
このDIMMERはPWM制御回路になっていて、ヒーターコントローラーに最適です。タイマICで自作しても良いのですが、なんてったって5ドル(送料無料)ですからねぇ。。買った方が安いし手間もかかりませんね。

20140104-070817.jpg
↑調光器以外は1個作ってもずいぶん材料が余るので、まだたくさん作れそうです。

20140104-071056.jpg
↑レンズの周サイズより少し長めの結束バンドに耐熱両面テープを張り付けます。

20140104-071106.jpg
↑そこにニクロム線を何周か貼り付けます。さらにその上に両面テープを貼り付けて絶縁します。

ニクロム線にリード線をはんだ付けし、ヒーターコントローラーに接続して完成!
入力はポータブル電源の12Vです。

温度調節もちゃんと効きました。いい感じです。

20140104-071125.jpg

あとは、カメラの電源をポータブル電源から取りたいですね。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

カメラレンズ用結露防止ヒーターの作成」への15件のフィードバック

  1. こんにちは。

    フード部分に切れ込みがある場合は、要注意ですよね。
    私もときどきやらかしてしまいます。

    まるこうさんは工作が得意そうでいいなあ。
    私は工学部終身ですが、得意ではありません。
    最近は手元が見づらくなってきて、余計に駄目ですね。

    • 私も老眼で細かいものを近づいて見ることができないので、困ります。昨日もニクロム線がこんがらがって、ほぐすのに小一時間かかりました。。(汗)

  2. あけましておめでとうございます、本年も拝読させて頂きます
    流石に器用ですねぇ、拙は口径が小さいこともあり日和りまして、ブログを参照して、エネループ・ネックウォーマー、釣ロッドバンド、大容量モバイルバッテリーで霜よけを作成しました、4個使用で半日は持ちました、これで良しとします。

    • あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      エネループやUSBケーブルなどを利用したのも自作される方が多いですよね。
      こういった工作は楽しくて時間を忘れて没頭してしまいます。

  3.  私もこの趣味を始めてけっこう電気工作するようになり、満足していたのですが、自己満足だったことを思い知りました(笑)
    いやぁ、副業が許されるお勤めなら、是非やってみたらどうですか。作り方をマニュアル化すれば、子供さん達でできそうですね。
     一カ月でSXP1台分稼げそうです。2ヶ月でε180ED。半年でドーム。1年で・・・あぁ、考えるだけで楽しい(笑)
    屋号は「まるこう製作所」ロゴは〇に光でどうです?のちに増資して、赤道儀用自在モーターも製作して、最終的に
    じじぃでも扱える激安自動導入赤道儀、搭載能力18kg。GPS連動フリーアラインメント。な~んて、初夢にどうです(笑)

    • 副業は許されませんので稼げそうにないです。。(泣) それに電気のことはほとんど分かってません。マジで。
      電気工作にもっと詳しかったら、いろいろ作れるのになぁ・・ってよく思いますよ。

      まるこう印のヒーター1個¥2000くらいで売れないかなぁ・・。200個売ってε130Dくらい買えないですかねぇ。
      増資して会社にしたら、営業と広報担当に山口のじぃさまといっこうさん雇います。

  4. 工作、いいなぁ。5ドルのなんとか、そんなのよく見つけてくるなぁ。
    私は、秋葉原の怪しい店で400円で買った充電式カイロを、靴下を切ったやつでカメラに取りつけて使ってます。
    ただ、最近乾燥した日が多いので、カイロの効果で結露していないのかどうかちょっと不明です(笑。

  5. 昨晩出かけたときに夜露でぼろぼろでした><
    これまでモバイルバッテリーを電源としてUSB式のヒーターを
    作成して使っていたのですが熱量が足りないようです。
    12Vにしようかと思っていたところだったんです。
    ニクロム線0.25mm径だと長さはどれくらいでしょうか??

    • 今回作ったニクロム線は長さは1.2mくらいですかね。コントローラーで温度調節可能なので、あまり長さは気にしていません。
      12V直結だと、めっちゃ熱くなりますので注意です。

  6. いつもいろいろと工作されて、ほんとスゴイですねぇ。
    私もこんなの作れたらなぁ~。
    失敗したら爆発すると思っているので手を出さないでいます(笑)
    貼らないカイロを包帯で巻いて、冷たくなったら取り換える・・・という地味な作業でのりきってます(笑)

    • いや、爆発するものを作る方が難しいと思いますよ。(笑)
      電気工作は私はほとんど知識がないので他の方のブログ記事の見様見真似ですよ。でも、半田付けだけはなぜか得意です。(笑)

      カイロ方式がいちばん簡単でいいですよね。桐灰カイロとか長時間持ちますし。

  7. さすが工作員まるこうさんですね。
    ホント5ドルの部品とか、どこで見つけるの?って感じですが、
    後々まで参照される記事になってますね。素晴らしいです!
    自分が使ってるのはオークションで買った500円くらいのやつですが、
    なんだか固くてレンズに巻きにくいんですよね〜。

  8. ピンバック: カメラ用電源の作成 | Zero Gravity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中