ドローチューブからなんか黒いのが出てますが・・

先日ヤフオクで競り落としたビクセンR200SSです。(G-R200SS)
口径20cm f=800mm F4。
現行機種のR200SSと異なるところは、筒がアルミではなく、鉄製で少し重いです。ただし、マニア?の間ではアルミ製よりも鉄製のほうが真円性が高いという声も・・。
あと、ファインダーの位置がかなり筒先にあります。

IMG_1407

かなりの年代物ですが、よく手入れされているようで、鏡やギアも問題ありません。

ただし、ドローチューブの中を触るとなにやら黒い物体がボロボロと・・・・。

な、なんじゃこりゃ~!

どうやら、艶消し塗料が劣化している模様。
IMG_1410-1

おお!

いじくっているうちに、なんかずるりときれいにとれました。これはゴミ箱にポイ!

この後、植毛紙を貼り付けようとしましたが、上手に貼れません。
仕方ないので、元々あったみたいに、クリア―ホルダーを四角く切って植毛紙を貼り付けて、差し込んでおきました。

IMG_1412-1

星像改善のため、円形絞りの作成。
かたくちいわしさんの記事を参考にさせていただきました。

天体ショップダイソー(笑)で購入した、クリアポケットバインダーの表紙(PP製)をサークルカッターで、切断。

IMG_1419

いい感じ~。

でも、ちょっと内径が大きすぎたのか、主鏡抑えゴムが見えています。
意味ないじゃん!
まぁ、また後日改良することにします。

IMG_1420

あとは、フードを作成しなきゃ。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

ドローチューブからなんか黒いのが出てますが・・」への8件のフィードバック

  1.  ということは、現行機種のR200SSは真円性が低いということですか?極端な場合は別にして、何か真円性の高低で不具合ってあるのでしょうか?
    以前、コメントでBKP200/F800 OTAに心動かされていると仰ってましたが、R200SSを選択された理由など教えて欲しいだす。当R200SSだと重さは同じぐらいになりますよねぇ。EQ6PROだと余裕ですけど。BKP200の迷光防止フィンやらデュアルスピードフォーカサーなど良さそうな機能がある、それを押しのけての選択理由、興味深々。きっと、まるこうさんのことだから、なるほど~~ッ!という驚嘆すべき根拠があるのではないか。なんて先日来、眠れない夜をおくっております。なので、昼のあいだ寝てます。
     お忙しいとは思いますが、お教えいただければ幸甚の極み、空前絶後、言語道断、呉越同舟、支離滅裂。夜露死苦。

    • いや、アルミに比べたらってことで、現行機種がフニャフニャということではないです。現行機種でも十分に剛性はあると思われますよ。真円性が低いと、構図を変えるために筒を回転させた時に、軸がブレて困るくらいでしょうかねぇ。私は回転させたことがないので、それはあまり気にしてません。重量もEQ6PROなので気にしてません。

      スカイウォッチャーのBKP200かR200SSかどちらかがいいなぁ、、と迷っていました。オークションではR200SSは結構高値で取引されることが多くて、手が出ませんでしたが、今回は安く入手できましたのでこちらを選択した次第です。
      BKP200もすごく興味がありますね。おっしゃるとおり、迷光防止フィンやデュアルスピードフォーカサーは魅力的です。
      でも、BKP200やSE200NのようなSYNTA製のニュートンは、ペラペラのスパイダーと、お尻がスカスカ、安っぽい斜鏡が気に入らないところです。その点、R200SSは結構がっしりしていて頼もしい感じがしますよ。
      でも、両方使ってみないと比較はなかなか出来ないですよねぇ。。

      うーーん、早い話、血迷ってポチッたってことで。。(笑)
      これで山口のじぃさまは寝られるでしょうか?

      追伸 タカハシからε-130が新発売されるそうじゃないですか!!!
      知ってたらイプシロンにしたのにぃぃぃ!!  って、ウソです。(笑)

  2. こんにちは。
    新戦力の大筒ですね。
    サークルカッターは便利そうで、私も欲しいなあ。
    寸法違いとはまるこうさんらしくないですよ。
    ちょこさんが笑っていますよ。

    • サークルカッターは操作にコツがいりますね。紙を切るのには向いていますが、PPシートはちょっと厳しいです。(笑)
      寸法はかたくちいわしさんの記事を参考にしたのですよ。かたくちいわしさんもG-R200SSで同じ機種だったと思います。
      なのに、大きさが合わないってどういうこと???

  3. おっ、R200SSゲットですか。たまに中古出ているので、中古のこれにしようかBKP200にしようか迷い、人柱の見日を選びました(笑)
    BKPの場合、光軸調整は毎回の定例作業となっていますが、R200SSはそうそうズレないという話なので、いいなぁー改めて思っています。
    メンテ後のフェーストライト楽しみにしてます。

    • なんだかんだ言ってますが、としさんの記事を読むと、BKP200にすりゃ良かったかなぁ。。なんて思ったりして。。
      BKP200は星像もシャープで良さそうですね。
      今回、主鏡をとりはずしたにもかかわらず、再度組み上げたそのままでも光軸が狂っていませんでした。SE200Nを使っていた私にとって、これは驚きでした。(笑)

  4. この時期がいちばん楽しいんですよね〜(笑)。
    そういえばドローチューブの塗装(?)がきれいにはがれたって、どこかで読んだことありますよ!
    しかしSE200Nとくらべて、丈夫なんだろうな〜って、うらやましいですよ。
    実際に両方使ってるまるこうさんの感想ですから、なんとも重い…。
    ホント「あのヤロー」って思うのです!

    • あと、斜鏡のでっかいのにはビックリしました。(笑) SE200Nがスプーンなら、R200SSは「しゃもじ」くらいありますよ。
      各部もSE200Nに比べてがっしりしてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中