ドローチューブからなんか黒いのが出てますが・・

先日ヤフオクで競り落としたビクセンR200SSです。(G-R200SS)
口径20cm f=800mm F4。
現行機種のR200SSと異なるところは、筒がアルミではなく、鉄製で少し重いです。ただし、マニア?の間ではアルミ製よりも鉄製のほうが真円性が高いという声も・・。
あと、ファインダーの位置がかなり筒先にあります。

IMG_1407

かなりの年代物ですが、よく手入れされているようで、鏡やギアも問題ありません。

ただし、ドローチューブの中を触るとなにやら黒い物体がボロボロと・・・・。

な、なんじゃこりゃ~!

どうやら、艶消し塗料が劣化している模様。
IMG_1410-1

おお!

いじくっているうちに、なんかずるりときれいにとれました。これはゴミ箱にポイ!

この後、植毛紙を貼り付けようとしましたが、上手に貼れません。
仕方ないので、元々あったみたいに、クリア―ホルダーを四角く切って植毛紙を貼り付けて、差し込んでおきました。

IMG_1412-1

星像改善のため、円形絞りの作成。
かたくちいわしさんの記事を参考にさせていただきました。

天体ショップダイソー(笑)で購入した、クリアポケットバインダーの表紙(PP製)をサークルカッターで、切断。

IMG_1419

いい感じ~。

でも、ちょっと内径が大きすぎたのか、主鏡抑えゴムが見えています。
意味ないじゃん!
まぁ、また後日改良することにします。

IMG_1420

あとは、フードを作成しなきゃ。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村