EOS Kiss X3をクリア改造

私は、EOS Kiss X3を2台天体改造していますが、1台はフィルターを全て取り外した「フィルターレス改造」、もう1台はインメージセンサーの前の2枚のフィルターのうち、青いフィルターのみ残して、もう一枚のフィルターは取り外しています。1枚残す理由は、全部フィルターを外すと、ある一部のカメラレンズで無限遠がでなくなってしまうのです。

ところが、先日のかたくちいわしさんの記事によると、イメージセンサー手前の青いフィルターも外さないと、Hα輝線の写りがよくならないということでした。

6/3 注記 天体改造では青いフィルターのみはずせばよいようです。 手前のUV/IRカットフィルターは残しておいてもOKのようです。
→http://ghonis2.ho8.com/rebelmod450d4.html
ただし、赤外線写真などを撮影するにはUV/IRカットは外さないとダメです。

せっかく天体改造をしたのに、Hα輝線の写りが悪いのでは本末転倒です。
でも、カメラレンズでも撮影はしたい・・・。

そこで、クリア改造です。
元あったフィルターと同じ厚さのクリアガラス(フィルター特性はない)を代わりに取り付けることにより、オートフォーカスやカメラレンズの無限遠も元通りになるのです。

今回の再改造ではAstronomik MC-Klarglasをドイツから取り寄せて、取り付けてみました。

満月期でポチったのではありませんよ。前から注文していたのです。

IMG_1335

分解途中。もう手慣れたものです。
IMG_1336

この青いフィルター、改造されている方は、ことごとく割ってしまうようですが、私はなぜか無傷で取り外せます。。たまたまでしょうか。
IMG_1337

イメージセンサーの周りにボンドを塗り塗り・・・。慎重に、、慎重に、、、。イメージセンサーの上にボンドが落ちたら一巻の終わりです。
緊張する作業です。
IMG_1338

これがクリアガラス。あれっ? 青いフィルターガラスよりかなり大きいぞ!!!
寸法間違えちゃった???  Σ(゚д゚lll)ガーン

IMG_1339

いえ、そうではありませんでした。
手前の上の段にちょうどハマるようになっているのです。
なんと、クリアガラスの上に抑えの金属フレームがあるので、ボンドをつけなくてもよかったです・・・。あの緊張の作業はなんだった!!  チクショー!! orz

IMG_1340

さて、カメラを組み上げて、光害フィルタAstronomik CLS-CCDを取り付け、カメラレンズSMC Takumar 200mmを装着し、実写テストをしてみました。
なな、なんと、まだ無限遠が出ません。。orz

今回のクリア改造は厳密には、取り外したフィルターガラス(合計1.4mm)と同じ厚さのクリアガラスは入れていません。(クリアガラスは0.97mm)
なので、オートフォーカスは使えないのは承知の上ですが、クリアガラス+CLS-CCDフィルターで、大体オリジナルと同じくらいの厚さになるので、
無限遠は出ると思っていたのに・・・。

さぁ、どうしましょうか。

仕方ないので、レンズをいろいろいじっていたら、無限遠の調節ができました!!
最初っからこうすりゃよかった・・・。

チクショー! (今日二回目)

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

EOS Kiss X3をクリア改造」への14件のフィードバック

    • 機能的にはそういう意味ですが、マークの位置は変わらないです。マークの位置はそのままで、無限遠のピント位置が変化するようです。

  1. おはようございます。

    手馴れたものですねえ。
    今日のまるこうさんの記事は紆余曲折があって、読んでいてとても楽しかったですよ。
    で、レンズの何をいろいろいじくったの?

  2. おはようございます。
    すごいですね~。何がって
    ドイツからお取寄せ②カメラ分解③なぞのレンズ対応。。
    どれも私には超えられないところです。。
    記事見てフムフムって楽しませてもらうだけにしておきます!

    • いや、何がすごいって、
      ・なくても良かった、ちっさい透明なガラス板をわざわざドイツから輸入
      ・分解しなくてもいいのに、カメラ分解
      ・これらの作業にかかった3時間の労力
      ・さらにそれらを恥ずかしげもなくブログの記事に・・・。

  3. 道端小石さんに同じく。すごいなぁ。
    私は根性がないので、たぶんレンズを買い換えます(笑。
    古いタイプのまわしきったとこが無限遠のレンズはだめで、すこしその先があるレンズはOK、ということ?
    ふむふむ。

  4. 無限遠が出なかったのは、SMC takumar 200mmだけだったので、そうかも。
    そのレンズに余裕がなかったのが原因だったということか・・・。

    まあ、たいてい調節はできそうなので買い替える前に調節を試してみてね。

  5. Astronomik MC-Klarglasですか、こんなサイズマッチの製品があるのですね〜知りませんでした。
    改造にはピッタリですね!
    改造も手慣れたもので素晴らしい。これを読むと自分でも簡単に出来るような思い込み?をしてしまいそうで怖いです(笑)

  6. まるこうさんの人柱がどれほど役にたっているか。。。
    私の改造もまるこうさんが先に成功されてなかったら絶対にしていませんよ。
    で、今度はTakumarの無限遠調整教えてくださいね(^^;)
    お疲れ様でした。 
    ここまで出来るとなんでも出来そうですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中