光害フィルタ対決! LPS-P2 vs Astronomik CLS-CCD

光害フィルタの2大巨頭(ほんとかいな。)のIDAS LPS-P2とAstronomik CLS-CCD(以下、CLSと省略) どっちを使えばいいの? どっちが性能が上?

本当なら、実際の夜空を写して比較してみたいのですが、よい比較方法が思いつかないのです。
光害カブリの部分と、そうでない暗い部分との比でそれぞれ比較してみるとか・・・・。
なんかいい方法がないですかね?

さて、とりあえず、フィルターの分光特性を確かめてみました。
かたくちいわしさんのブログ記事にもありましたが、それぞれの分光特性のグラフはこのようになってます。(グラフの横軸が違いますので注意)

LPS-P2

Astronomik CLS-CCD

LPS-P2は水銀灯の輝線を選択的にマスクするように細かく区切ってバンドパスフィルターが設計されているようです。
かたや、CLSのほうは、細かく区切ることなしにバッサリとマスクするようになっているようです。

両方とも、Hα、Hβ、O3輝線は透過するようになっています。

で、本当にそうなっているのでしょうか?

分光器で確かめて見ましたら、面白い結果に!

分光器は何十万円もするので、簡易式の分光器です。なので、正確なものではありませんので、悪しからず。
以前の記事でも紹介しました。ずっと前に大学の授業で製作した要らないCDを使った分光器です。

15分で簡単につくれます。型紙はここ。

これが役に立つ時が来ようとは・・・。(^ν^)
IMG_1293_mini

こんな感じで、光害フィルターをスリットの前に貼り付けて。。
iPhoneのカメラで撮影しています。
IMG_1300_mini

基本、眼視用なので、ピントが合いませんが、雰囲気はつかめます。
以下、スペクトル画像をPhotoshopで切り出しています。
IMG_1321_mini

まずは、太陽光ではどうでしょうか。
余談ですが、連続スペクトルの中にフラウンホーファー線という暗線があるハズなのですが、うっすらとしか見えませんね。

LPS-P2が選択的にマスクしているのがよくわかります。
CLSも緑からオレンジにかけてバッサリマスクされているのがよくわかります。これはカラーバランスに影響がありそうです。
太陽光

続いて、LED電球を分光してみました。
端から端まで連続スペクトルになっていて、非常に太陽光に近いですね。びっくりです。

光害フィルタでも太陽光の時の結果と同じです。
LED

面白いのが蛍光灯。
矢印↓で示したところに非常に強い輝線が見えます。この強い3〜4本の輝線でもって白色の光を生み出しているのでしょう。街灯の水銀灯も同じ原理です。

で、LPS-P2は右のオレンジの輝線がマスクできていません。つまり輝線を透過させてしまっています。
他の2本の輝線でも漏れが見られます。(これは実験環境が悪いかも)
CLSはそのあたりの波長はバッサリとカットしていますので、光害的には無問題。が、緑からオレンジの波長帯は失われてしまいます。

蛍光灯

LPS-P2の、カラーバランスを犠牲にすることなく光害をカットするという設計思想はよいのですが、どの輝線で水銀灯が光っているのかは、水銀灯それぞれで違うでしょうから、このように、マスク領域をハズしてしまうことも多少なりともあるでしょう。

CLSの場合は強力に光害をカットしてくれますが、緑からオレンジにかけて、失われるものも少なくありません。

また、最近増えているLED照明については、どちらのフィルターも無力です。マスク領域の多いCLSが多少有利でしょうか。

それぞれ一長一短というところです。光害カットをとるか、カラーバランスをとるか各人のお好みで。

スペクトルだけに玉虫色の決着になりました。

なんちゃって。(^ω^)

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

光害フィルタ対決! LPS-P2 vs Astronomik CLS-CCD」への22件のフィードバック

  1. こんにちは。
    これはとても面白い実験ですね。
    CDの規則的な細かい模様?を回折格子として利用するなんて、目からウロコですよ。
    撮影対象と光害がそれぞれ連続スペクトルか輝線スペクトルかで効果とデメリットが変わってくるのでしょうね。
    両方とも輝線スペクトルの場合が一番効果が出ると思っています。
    反対に連続スペクトルの場合は、カラーバランスのくずれというデメリットが出やすいでしょうね。

    「スペクトルだけに玉虫色の決着になりました。」
    最後のオチの上手さに、座布団を三枚。

    • 座布団3枚いただきました。ありがとうございます!
      頑張って10枚ためたいと思います。

      LPS-P2の設計段階では、いまのような多様な照明が想定されていなかったのかも知れませんね。

  2. こんにちは 
    どっちにするか悩んでもう半年、今回の記事はとっても参考になりました。
    私の行動エリアだとカラーバランス優先のほうがいいように思えた。
    最近、ヤフオクでLPS-P2によくにた製品が数千円で出品されているのですが
    それがとっても気になる。。。

    • 何を仰いますか!
      道端小石さんの行動エリアは光害フィルタなんぞいらないようなところばかりでは?
      何もフィルターをつけない、星からの情報を一切カットしないのが一番ですよね。

      >ヤフオクでLPS-P2によくにた製品が数千円で出品
      おお!なんですと! これからLPS-P2をヤフオクに出品しようという矢先に。。。

  3. おお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
    これ誰かやってくれないかなぁ~、でも分光器持ってないしとか思って諦めていました。
    前の記事はサラッと書いてあったので見逃していました。
    ちょっwww CD-R買ってくるwwww
    LPS-P2の蛍光灯でのオレンジの線にはビックリしました。 使用時に低空の光害がオレンジや茶色の汚い色になるのはこのせいかも知れませんね。
    本当にどっちもどっちですね。 用は使い分けでしょうか。
    LEDの問題点はそこなんですよね~。 野生動物の生態系にも影響を与えるでしょうね。

    • CDよりDVDのほうが溝の間隔が短いので、DVDのほうがいいかも。
      あと、撮影用にはこっちの分光器のほうがよさそうです。↓
      http://making.ti-da.net/e2672401.html

      オレンジ色の輝線はうちの蛍光灯が「暖色タイプ」だからかも知れません。

      LED照明には打つ手なし、ミニ太陽が輝いているようなものですからねぇ。。光合成の波長も含まれているので、生態系も大いに影響を受けているでしょうね。困ったものです。

  4. 現象には必ず理由がある。フムフム。
    こんな風に客観的に分析できる方、尊敬します。わたしゃ再現性のない主観的な事ばかりやってます(笑)
    フラウンホーファー線と型紙はここ。断線して、リンク先で没頭してしまいました。気が付いたら振動宇宙とかわけわからんところに飛んでました^^;
    ようやく戻ってきて続きを読んでみたら「スペクトルだけに玉虫色の決着」いや~、参ったマイッタ(笑)次回もオチ期待してしまうよ~。

    • (笑) 振動宇宙からおかえりなさい。。宇宙を旅して、相対性理論で少し若返ったと違います?
      私もよく皆さんの記事をWikipediaで調べていて、脱線することがしばしばです。

      簡易分光器ぜひ作ってみてください。意外と楽しめます。
      シリウスとかを分光して、長時間露出させて、スペクトルから組成調べたりとか、素人でもできそうな気になってきます。

      >玉虫色
      実は記事を書く前にこのオチを使おうと決めていたのです。次回はないです。

  5. ものすごく興味深く読ませていただきました。これはスゴイですねぇ。
    分光特性のグラフもいいのですが、やはりこうして視覚的にわかりやすくしていただけると、とても参考になります。
    両者、それぞれ好みや使い方ですね。 LED恐るべしです。
    ほんとは光害カットフィルターを使わなくていい夜空になるのがいちばんいいんでしょうけどねぇ~。

    • フィルターで、光害を低減するのはもう無理なんでしょうね。
      なんか新しいテクノロジーが出てきて、極端な話、昼間でも撮影できるようになればいいなあ。

  6. こうしてデータ付きで解説していただくと凄く分かりやすいですね。
    LEDがフィルター効かないのは知りませんでした。省エネに観点では自然にはいいんですが、光害の視点では影響を増やしているところがあったなんて驚きです。

    • 防犯とか省エネとか節約とか地球に優しくとか、結局はみんな人間のエゴなんですよね。

      人間が住み良いのが、必ずしも全てが幸せにというわけではない事を、忘れないようにしないと、ですね。

  7. これは何と明快な実験なのでしょう!
    カラーバランス崩れるの分かっていても、CLS-CCD使っちゃうんですよね。
    「スペクトルだけに玉虫色の決着」とは何とも絶妙な!好きだなぁ〜、このオヤジセンス。

    • ただよしさんもCLS-CCD派でしたね。
      我々、光害地に住む者にとって、光害フィルターはなくてはならないアイテムですからねぇ。
      ちょっとカラーバランスが崩れるって言っても、写らなきゃ話にならないですから。

  8. ってゆーか、みんなこんな事考えてるのかあ〜、ってビビりました。
    まるこうさんの学術サイドを見たかんじです…。
    SE200N使いってのがもったいないっす…。
    しかしLED照明については、天文業界は真剣に考えなくてはいけないのでしょうか。
    クリスマスの各家庭でやるイルミネーションなんかは、バカにできないくらいになるかもしれませんね。
    ここらあたりも学術的考察が必要になりそうですね。
    案外、10年後くらいは今の対策が通用しなくなっているのかもしれませんね。

    • 自分の技術を棚にあげておいて、他人の重箱の隅をつつくような記事を書いております。
      自分のSE200Nの光軸も満足に調整できないで、何をやっとる!! と怒られそうです。

      冷却CCDは光害に強いと言われますが、それってどういう仕組なんでしょうかねぇ。一眼デジと何が違うんだろう・・・。

  9. こんばんは。
    CLSフィルターの存在を知り、実際に入手してから本格的な天体写真を始めました。
    無改造機用のCLSフィルターから始まり、今は改造KissX2用にCLS-CCDフィルターとニコンのD5100用(無改造)にLPS-P2-FFフィルターを使って撮影しています。
    魚眼レンズや広角レンズでも気にせず使っていますが、撮影後の補正はやはりLPS-P2フィルターの方が楽だなぁと感じています。
    ただ結果的に赤い散光星雲が良く写るのでCLSフィルターは手放せないです。
    両者の違いが分かる比較画像で特性が良く理解、とても参考になりましたです。

    • HiroHeroさんは両方を実際に使っていらっしゃるんですね。
      使ってみての感想をありがとうございます! 大変参考になります。
      なるほど、実際でもそれぞれ特徴があるんですね。

      LPS-P2はヤフオクに放出しようと思ってたけど、なんだか、手放すのがもったいなくなってきましたよ。
      う~~ん。

  10. なんか学術的ですごいぞ!
    でも、実際のところどうなんだろう。
    みなさんの作例を見ると、HiroHeroさんがおっしゃるとうり、
    CLSフィルターで撮った写真の方が、赤がよくでているんだよなぁ。
    青はどうなんだろう。
    これは三裂星雲やオリオン星雲で検証するしかないなぁ。まいったなぁ。

  11. LPS-P2フィルタは、黄色の水銀輝線をほぼカットしているはずです。干渉フィルタは、傾けると透過波長が長い方へシフトするので、実験時に太陽光をフィルタに正しく直角に入射させているかどうかについて、要チェックですね。

    • コメントありがとうございます!
      短い方へシフトするんじゃなくて、長い方でしたっけ?
      まぁ、どちらにせよ、簡単な分光実験ですので、光を直角に入射させているかどうかは、、ハテナです。
      あと、ウチの蛍光灯が特殊な色味になってまして、男色もとい暖色系の蛍光灯でして、通常の輝線ではない可能性もありますです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中