SE200N光漏れ対策に・・・・

ずーっと天気の悪い日が続いて撮影どころではありませんでしたが、ようやく晴れてきそうな感じです。
新月期に期待ですね。

まぁ、そんなこんなで、天気が悪くてここ最近は望遠鏡のSE200Nのメンテナンスや改造をして遊んでいました。

下の図はSE200Nの主鏡付近の断面図です。ちょっとわかりにくいですが、、ごらんのとおり、主鏡は外部へむき出しになっています。

また、25の引きネジのパネ部分のところが隙間があいていて(シースルー構造)、観測前の温度順応に効果があります。ところが、そこから盛大に外からの光が漏れ入ってきます。

名称未設定

IMG_1233

これが隙間。
この隙間から猫の毛が入りこんだようだ。。。

主鏡もむき出し。

望遠鏡は違いますが、ブログ仲間のさとうさんのように、おむつフードを製作して迷光対策をしていらっしゃる方もいるようです。

さて、どうしましょうか。工作はちょっと面倒だし、機材がかさ張るのもイヤです。
小一時間考えて、こうしました。

IMG_1226

アルミじんわりキャップ。

IMG_1228

早い話がシャワーキャップです。

IMG_1227

↑ こうやって使います。
ちょっとかっこ悪い。。。。

肝心の遮光効果の程は、、、

これが光漏れ対策前。
主鏡の外周から光の環が見えますね。
これはマズイです。

IMG_2511

ちなみに、こうやって、
フラット撮影用に作ったELパネルを下に敷いて実験しています。

IMG_2515

これが対策後、バッチリ光の環が消えました!

IMG_2512

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

SE200N光漏れ対策に・・・・」への16件のフィードバック

  1. 効果は抜群だけど、びっくりするくらい、かっこわる!
    考えてみたら、人間も、シャワーキャップかぶっている姿って間抜けだよね。
    鏡筒の白いところに目とか鼻tごか書きたくならない?

  2. はじめまして。ただよしと申します。
    GINJI-200FNを使っており、同様に光が入ってきます。私はフエルトを2重にしてパンツのゴムで鏡筒脇でとめています。
    通気性があるので結露しなくて良いのですが、シャンプーハットの方が格好いいかも。

    • ただよしさん、はじめまして!
      ブログ拝見いたしました。八千代市にいらっしゃるということで、私のいる印西市と割と近いですね。しかも、あのあたりはかなり光害があるのではないでしょうか? ご自宅での美麗な写真の数々、素晴らしいです。私も頑張らねば!!

      ドリフト法の記事、とても参考になりました!!

  3. おはようございます。

    シャワーキャップってビニール製のものしか知りませんでしたが、これはアルミ製なのですね。
    本来の目的ではこれがウリなのですかね。
    でもそのお陰?で効果抜群じゃないですか?

    この写真を撮ってるときに猫さんはどうしていましたか?
    遠巻きにして、何しているのかにゃあという顔していませんでしたか?

    • 本来の目的ではアルミで熱も逃さないようにということらしいですね。

      猫にかぶせて遊ぼうと思いましたが、逃げられました・・・・。(;^ω^)

  4. シャワーキャップ付き反射望遠鏡って凄くカッコいいです。
    ただ、銀色という無機質な色よりも、花柄の方が更にカッコ良くなると思います(笑

    • 本当にかっこいいって思っています?? 正直に言いなさい!!

      確かにブログ的には花柄のほうがいいですね。。でもそれをやったら、一線を越えてしまいそうな気がします。

  5. こんなシャワーキャップがあるのですね。パッケージの説明書きをマジマジとみてしまいました。
    「NASAでも使用」とか書いてあっても信じたかも。 
    iPhoneユーザーなのにドコモダケとはこはいかに。

    あの主鏡押さえを作ったサークルカッターがあるので、また黒いファイルを円に切って、ネジの部分だけ穴を開けて蓋みたいにするってのはどうでしょう? それだと筒の隙間から漏れちゃうのでしょうか。
    そしてELパネルまで、いいなぁ。

    • ミッチーさんのブログ記事にもありましたが、鏡筒の端のリングと鏡筒に隙間がありまして、そこからも光が入ってきます。なので、こういう包み込むような形になりました。

      ELパネルはebay経由で中国から安く輸入しました。でもまだ完璧なフラットが撮れてません。これについてはいずれ記事にしたいと思います。

  6. 効果抜群ですね!!
    アルミじんわりキャップの製造販売元も、まさかこんな使われかたするとは思いもよらないでしょうが(笑)
    けど、身近なものを流用して上手くいったときは、結構うれしいですよね。

    • 確かに、ミライトやアルミじんわりキャップを製造している人が見たら「ええっ?」って思ってしまうでしょうね。(;^ω^)
      考えついた時は自分で布を縫って作るつもりだったのですが、よく考えるとこの形はシャワーキャップで代用できるのでは???
      と思いついた次第です。

  7. こ、これはいい! かっこなんてどうでもいいですよ、これは効果絶大!
    ご存知のように、かたくちいわしさんが書かれたようなものは作って装着していますが、
    絶妙に作りが悪くて少し光がもれてきちゃってるのが気になってたんですよ。
    まじでこれ買ってきます。

    • 将来的に乾燥空気を送る装置をつけた場合にも、後ろは塞がっているほうが良さそうですね。

      このアルミの袋、強い光を透かしてみると向こう側が見えます。(ちょうど、アストロソーラーフィルターみたいな感じです。)
      あと、はめたまま望遠鏡を立てると、すぐ穴が空きそうな素材です。

      なので、遮光を完璧にするには、この製品よりも濃い色の布製のほうがいいかも知れません。参考までに。。

  8. おはようございます。
    格好良いか悪いかは議論の別れるところですが(笑)、機能的なのは確かですね。
    見栄えは「おむつ」の方が良いですけど、もし壊れたら、こちらを採用したいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中