NGC4565(C38) かみのけ座渦巻銀河とビッグ雛まつり

先日の暖かい昼下がり。陽気に誘われて、カメラを肩にかけ近所に散歩に出かけました。

私の星の撮影地のひとつ「万葉公園」のそばでなにやら構造物が!

IMG_2029

高さ6メートルのでっかい雛飾りでした。

よく見ると、胴体は花でできています。

IMG_2031

ビオラというすみれの一種だそうです。ほほう。

これがビオラ。きれいですな。

IMG_2033

さて、ひな飾りはどうでもよろしい。

3月6日の夜、連日のゆうゆう公園での撮影に行きました。
星空を見るとあまり星が見えません。ん?
これがウワサの春霞かー。

北極星が見えるか見えないかの透明度。いや、濁り度です。

せっかく夜遊びに来たのに、何もせず帰るのはもったいない。
ダメ元で撮影することにしました。

で、本題のNGC4565です。
かみのけ座の渦巻銀河です。

見事なエッジオンで、かっちょいい!!

NGC4565_final_mag

トリミング前はこちら。
NGC4565_final
2013.3.5 330sec.×16枚 EOS kiss X3(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding ステライメージ Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

山口のじいさまも先日撮影されていました。
というか、山口のじいさまのNGC4565を拝見して撮影したくなったのでした。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

NGC4565(C38) かみのけ座渦巻銀河とビッグ雛まつり」への17件のフィードバック

  1. おはようございます。

    このような空の時は、できるだけ天頂に近い対象を撮影するのが良いですね。
    星野写真などは、フラット補正ができるので、思ったよりは良い写真になったりします。

    雛飾りは、これから花がたくさん咲いてくると、見栄えがよくなってくるのでしょうね。

    • なるほどー。この銀河も天頂に近いところでしたね。
      枚数たくさん撮ったのもありますが、意外とよく写っていたので驚きでした。

      さっき通りがかったら、残念ながら雛飾りは本日3/9までで、たくさんのビオラを一株60円で大放出してました。

  2. クッキリしゃっきり版のNGC4565ですね。このシャープさが欲しい今日この頃。
    記事紹介までしていただいてありがとうございます。
    やまねももんがさんも仰ってるが、黄砂対策は天頂で頑張る。ねぇ店長。
    この時期、天頂銀河に執着してればそのうち黄砂もあっちさ行くべぇ(笑)

    • 店長ワロタ。

      逆にじい(←小さい「い」が変換できない。自慰になってしまう。)さまの厚みたっぷり夜も安心な感じのNGC4565のように写ればよかったのですが、力不足でした。ほんと画像処理は難しいなぁ。。ねぇ、店長?

      • こりゃぁおどろいた。まさかのまるこう氏、下ネタが発射されるとは(笑)
        厚みとボテッと感はKenko屈折の専売特許ですわさぁ^^;
        「ぃ」はliで打てるがのぅ。あっ、MACは知らんでぇ。「アップルはお金持ちの機械」で育ったもんで(古っ)
        こちとら98が救世主に見えた世代じゃきに、ねぇ、店長?

      • じぃさまのノリについて行くには下ネタしかありません。失礼しました。

        ぃの出し方、かな入力なんですが、冷静に考えたら、シフトキー押せばいいだけでした。
        わははははは。

  3. 私も”自慰”になった事あります(笑  一発目に変換されると、過去にそんな変換したっけ?と自分自身を疑いたくなりますね。
    「着下ろし雛」??なのでしょうか。 
    そんなことはよろしいのですが、改造デジなのに赤みを抑えた銀河らしい仕上がりですね。
    このN4565からは銀河系はどう見えているのでしょうね。

    • 木下(きおろし)のことです。私の住んでいる地名です。きのしたじゃあないんですよ。

      NGC4565が天の川銀河の北極に位置しているので、NGC4565から天の川銀河を見ると、きれいなフェイスオン銀河に見えるんでしょうね。
      ↓wikipediaにあった天の川銀河の想像図。こんなふうに見えているんでしょうかね。めっちゃかっこいいやん!!

  4. なかなか立派な雛飾りですね。 6メートル!!デカい!!
    あの国が真似して遊園地あたりに建てそうです。

    NGC4565かっこいいですね!!
    私も山口のじぃさんが撮影されたのを見て、撮りたいなと思いました(*^_^*)
    春霞、黄砂がひどくて二の足を踏んでますが。

    • フェイスオンの銀河もいいですが、ここまで潔くエッジオンだとかっこいいですよね。

      でもなんで、メシエはんは見逃したのか不思議です。

  5. 「きおろし」地名でしたか。 それはまた失礼をばいたしましたm(_ _)m

    ところで質問です。 以前の記事で、「カメラをフィルターレス改造したら、SMC Takumarで無限が出なくなった」的なのがなかったでしょうか? 探しているのですがどうも見つかりません。 勘違いでせうか?
    CMOS横のフランジバック調整のトルクスネジで調整すれば、無限が出るのでしょうか?
    無限のピント位置が近い方に移動するなら、ピントリングを回して合わせることが可能ですが、遠い方だとレンズを調整しなければそれ以上回りませんよね。
    説明がヘタで(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

    • 無限遠が出なくなった件は、
      https://keepwb.wordpress.com/2012/11/24/かに星雲m1おうし座超新星残骸/
      の記事でしょうかね。

      フィルターを取り除いた影響で、ピント位置が遠い方に移動してしまい、SMC Takumar 200mmではピントが合わなくなりました。
      同じSMC Takumar の55mmはピントが合いました。
      上の記事でフィルター厚は1.3mmと書いていますが、今測定したところ、IRカット+ローパスフィルタが0.8mm、色域調整フィルタ(青いガラス)が0.7mmで合計1.5mm位置がズレると思われます。
      かたくちいわしさんのおっしゃるとおり、フランジバックの高さをもっと低く調整すれば、理論的にはうまくいくハズです。確か、1.5mm以上調整する余裕はあったと思います。

      私は、2台目のX3を改造しましたが、IRカット+ローパスフィルタは除去して色域調整フィルタは残しました。すると、SMC Takumar 200mmでも無限遠のピントがきてます。

      もしかして、改造されるのでしょうか????(^ν^)

  6. この人形、夜になると歩いたり目が光ったりするんでしょうか。撮影中に「ぎらり」なんてなったらちびっちゃいそう。
    花粉症本格シーズンを迎え、なにかとモチベーションの上がらないミッチーですが、
    こうやってみなさんのブログ観てるとうずうずしてきます。エッジオンだけど、うずうず、って。

    • エッジオンだけど、、うずうず!
      山田クーーン! ミッチーさんの座布団2枚持って行って〜〜

      私はイネ科植物の花粉症なのでまだシーズンインしてません。
      うちの妻と子供もスギ花粉症でつらそうですねぇ。
      しょっちゅう、鼻かんでますねぇ。

      ミッチーさんもどうぞお大事に。

  7. まるこうさん、先月の「みんなの宇宙(そら)」への展示ありがとうございました。
    今月と来月は春の銀河の展示です。
    是非、まるこうさんにも引き続き参加お願いします。
    3月展示は1/13のM51どうでしょう?
    4月はかみのけ・おとめ座の銀河の予定でこちらも是非。
    毎回、コメント欄でのお願いもなんですので、私のブログの「メッセージ」(右サイドバー最下段)で
    こっそりメールアドレスを教えていただけないでしょうか?

  8. ピンバック: Noodleではありません。Needle Galaxy NGC4565 | 蒼い星基地局

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中