ポタ赤がやってきた〜♪

先日のCP+で、ビクセンの島田さんといっこうさんの漫才みたいな会話を聞いているうちに、ポータブル赤道儀の必要性を大いに感じたところです。大彗星全体をバッチリ写してみたいのです。

じゃあ、ビクセンのポラリエかというと違うのです。いろいろと調べているうちに、Higlasi-1Bを購入することにしました。

じゃーん。

IMG_1137

大メーカーの製品ではないですが、比較的精度がよく、多機能。コストパフォーマンスに優れているHiglasi-1Bです。
詳細はリンク先で。。

さて、早速試写に夜な夜な近所の万葉公園へ出かけました。

まずは極軸合わせ。このポタ赤は極軸望遠鏡はありません。北極星の覗き穴はあります。
DPPA法と呼ばれる方法で極軸合わせをします。

北極星の覗き穴で大雑把に北極星方向にセットします。

100mmくらいのレンズを付けたカメラをHiglasi-1Bに取り付け、北極星を高感度で数秒固定撮影します。

IMG_6118

北極星とλUMiとの位置関係や、あらかじめステラナビなどで北極星と極軸の位置などを確認しておきます。

スタートSWを長押しし、DPPA法スタート。恒星時の400倍速で44deg回転します。
すると、赤道儀の回転軸がわかります。

IMG_6120

要はこの回転軸に先ほどの極軸を合わせればよいのです。
ライブビューを見ながら、合わせます。
今回は北極星を回転軸にもっていきました。これだけでも充分な精度がでるそうです。

IMG_6124

極軸の設定は終了して、さっそく撮影してみましょう。

おおぐま座のしっぽの先、あるいは北斗七星のひしゃくの先のアルカイド付近を55mmレンズで1分間追尾しました。

New3

うっすらと、M51子持ち銀河とM101回転花火銀河も写ってますね。周辺部の星像が歪んでいるのはレンズのせいだと思われます。
ステラナビを重ねてみました。

Image-1

つづいて、4分ではどうでしょうか。しし座付近。

IMG_6142

極軸がテキトーな割にはちゃんと写ってます。いいねー。

そう言えば、16日にはこのあたりを小惑星が通過するんですよね。
(´ε`;)ウーン… 早起きして撮影するかなぁ・・・・。

追記 2/14

設置風景です。
Higlasi-1Bには35度の傾斜がついています。
三脚の上に誠報社の微動装置を取り付けました。

IMG_1310

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

ポタ赤がやってきた〜♪」への16件のフィードバック

  1. おはようございます。
    このポタ赤、まだ天体撮影を始めていない頃、開発のプロセス読むのに没頭したことがあります。
    手の内すべて見せて、さぁどうだ、という素晴らしい職人技ですよね。
    これからはEQ6PROとHiglasi-1Bの二刀流ですか、うらやましい。
    16日天気次第ですが、私もAGTでスタンバイ中(笑)

    • おお! Higlashiご存知だったのですね。さすがです。私は全く知りませんでした。(;^ω^)
      開発者さんのブログは面白いですよね。こんのなのを作ってしまう技術が私にも欲しいです。

      直焦で撮影中、今まではジョギングしたり車載テレビを見てたりしてましたが、これからはHiglasiで遊べます。ヽ(^o^)丿

      16日、もうスタンバイ中ですか!

  2. おはようございます。

    てっきり「ポ」かと思ったら、無名?の新人?を発掘したのですね。
    こんな製品があるのは全く知りませんでした。
    極軸調整の方法も面白い!

    おおっ、小惑星の撮影宣言でしょうか?

    • ポにするつもりで情報収集をしていたら、思わぬ出会いがありました。
      なかなかの高機能のようですが、まだ使いこなせるところまではいってません。
      極軸合わせはなるほどなぁ~と私も思いました。 この方法でっかい赤道儀でも応用できないかなぁ・・。

      小惑星は・・・・・。どうしましょう・・・。

  3. しっぶいの見つけてくんなぁ! なんだかかっちょいいぞ! しし座の写真、2つの銀河トリオがちゃんと写ってるし。
    アイベルのCD-1用の極望とかプレートとか使えそうだね。
    CP+でも話していたけど、『ポ』のポーラーメーターは秀逸。これがあれば、南向きのベランダでもほぼOK。ナノトラッカーにつけてる人がいっぱいいるから、きっとつけられるんじゃないかなぁ。ホットシューをつければ、iPhoneもとりつけられるし。この人の取り付け方がベストの気がする。見た目もかっこいいし。
    http://ganref.jp/m/catbear/reviews_and_diaries/diary/4952
    で、あとはレンズ沼が待ち構えているので、充分注意すること(笑。 沼の中にいるさとうさんの不要レンズ、譲ってもらってはどうでしょう(笑。

    • この赤道儀200mmのレンズまで行けるそうですのでいろいろ遊べそう。
      縦構図もやりたいので、それ用のアングルが欲しいねぇ。
      ぜひiPhoneを取り付けたいけれども、どうやって取り付けようか考え中。。。(*゚ρ゚)

  4. Higlasi-1B入手されたんですか!
    実は私もポタ赤欲しくて色々調べてた時にHiglasi-1Bにたどり着いた経緯もあります。
    興味津々なので色々試してみて下さい。楽しみにしてます(いい人柱ができたわい。。。)。

    • イトコのよきゅさんお久しぶりでーす。

      フラッグシップ機の2Aはさらに高精度らしいよ。
      よきゅさんはそっちを使ってもらって人柱オナガイします。(笑)

      色々試して記事にしていきますね。お楽しみに〜。

  5. Higlasi・・・ぜんぜん知らなかったです。
    リンク先を見てみましたが、丁寧に作ってあるようですね。カッコいいし(*^_^*)
    小惑星撮影がんばってください!!楽しみにしてます!!
    私は寝てますので (-_-)zzz

  6. あらま、セミがかわいい。ケースまでセットになってるんですね。
    実に堅実な作りっぽくて、便利そうじゃないですか。「うーん、わかってるね〜」って感じがします。
    いよいよ彗星に本腰はいってきましたね! 僕は新機材導入予定はないですが、楽しみです。

  7. こんにちは、沼の住人です(笑)
    昔のTakumarレンズ、良いですよ~。操作は完全マニュアルになりますが、さすが単焦点って写りしますから。
    うちは超巨大ポタ赤で頑張ります。

    • 沼の主現る!!
      Takumarレンズはすでに200mmと55mmを所持しています。このレンズはヤバイです。
      ずっしり重くて所有欲を満たしてくれますね。

      超巨大ポタ赤って、それ普通の赤道儀ちゃいますか?(笑)

  8. はじめまして。
    調べものをしていたら偶然こちらにお邪魔しました。自分は「1A」ですがHiglasiユーザーです。
    インターバル撮影中に暇だったので何か手頃にガイド撮影出来るものをと発売と同時に入手しました。
    中望遠レンズでも精度良くガイドしてくれるのでとても重宝しております。
    開発者さんのご好意で先日までHiglasi-2Aの貸出機を使わせて頂いていましたが、
    ニコンのVR70-200F2.8を搭載しても安定して使える剛性・精度で追加購入を決意しました。
    ユーザーでブログを開設されている方が少ないのでいろいろと情報交換させて頂けたらと思います。
    お邪魔致しました。

    • HiroHeroさんこんにちは!!
      HiroHeroさんのブログは前々からチェックしておりましたよ。Higlasi-2Aの実力も相当なもののようですね。私も2Aにすりゃよかったなぁ・・・と今頃後悔してます。
      今Higlasiでの撮影が楽しくってしょうがないです。ベランダでいろいろと撮影しまくってますが、まだまだブログ記事に載せるようなものは撮影できてません。
      HiroHeroさんのような綺麗な写真を撮影できるよう頑張ります!

      こちらこそどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中