擬似Hαナローバンド撮影のテスト

満月の下、よく晴れていたので擬似Hαナローバンド撮影のテストをしてみました。

まずは、仕掛けを作ります。
と言っても、ものすごく簡単です。

SC64フィルタを用意。1枚¥1000くらいでしょうか。

まーるく切り抜いて。

LPS-P2フィルタの下に置くだけです。
ね?簡単でしょ?

原理は、光害フィルタのLPS-P2で700nmより長い波長をカットし、SC64フィルタで640nmより短い波長をカット。
同時にはさみ込むことで、Hα輝線の656nm付近のみを通すバンドパスフィルタになります。
ナローバンド(狭帯域)と言ってますが、数万円で売られているHαナローバンドフィルタは、半値幅が10nm程度なので、これはかなり太いです・・・。(;^ω^)

ブログ仲間のさとうさんはR64フィルタで同様の撮影をされています。

さて、本当に写るのでしょうか?
満月で本も読めそうなくらい明るい空です。

1枚15分の露出時間で、4枚セットしたのですが、先日の撮影の写真が残っていた関係で、なんとメモリーオーバーで3枚しか撮影できていませんでした。orz


2012.10.30 1:29~ 900sec.×3枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 SC64フィルタ Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
ステライメージ Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

テストなので、ダーク補正もフラット補正もしていません。
とりあえず、使えそうな感じです。

月夜の晩でも、晴れていればとりあえずは撮影できそうです。
光害地の所沢方面の方にもオススメです。(長時間のガイドは大変かもしれないですが。。)

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村