激走! ちばアクアラインマラソン

天体写真ネタではありません。悪しからず。

ちばアクアラインマラソンに参加してきました。

10月のレースというのは、どうしても練習が暑い盛りになります。なので、今年のような猛暑では練習不足のランナーもたくさんいたのではないでしょうか。私もそのひとりですが、なにか。

さて、朝5時半にクルマで自宅を出発して木更津市のスタート会場へ到着しました。予め駐車場は割り当てられていたので、スムーズに駐車できました。この辺の運営は◯です。

天候は快晴。しかし、この天気が後々ランナー達に牙を剥きます。

10時前にスタート地点で待機するのですが、なぜか小さな虫がわんさか寄ってきて大変でした。羽アリのような大きさですが、アリではないし、ハエのように俊敏ではない、得体の知れない小さな虫がランナーにたかるのです。これには参りました。

10時の号砲(スタート地点はずーーーっと先なので聞こえない)とともにスタート。でも私のするエリアでは微動だにしません。
やがて、ぞろぞろ歩きながら、15分くらいかかってスタート地点通過です。

千葉真子さんや増田明美さん、小出監督など千葉にゆかりのある方に見送られて行きます。

中略

なんだかんだで、なんとかスタートから10キロ、アクアラインの入り口まできました。
ここから先のアクアライン上は歩行者は入れませんので沿道の応援はありません。

アクアラインの上は360度見渡す限り海の大パノラマです。
気持ちいい!! と言いたいところですが、このアクアラインのアップダウンが予想以上にキツくて景色を見ている余裕はありませんでした。

おまけに、このアクアライン上はゴミの関係で給水ポイントがないのです。
海ほたるまで行って帰っての往復をした後、とたんに足が動かなくなりました。ちょうどハーフの20キロを過ぎたあたりでしょうか。

妻からのメールなどに励まされ、それでもなんとか歩いたり走ったりして30キロの関門まできたところで、制限時間オーバーで終了。
完走ならずです。

走る前は余裕でゴールするはずだったのですが、マラソンを甘く見てました。

30キロの関門では関門を突破できなかったランナーが1000人くらいいたでしょうか。その前の25キロの関門でもたくさんのランナーが棄権していました。途中の沿道にも苦しそうに倒れているランナーが少なからずいました。
こんなに大勢が棄権になるなんて珍しい光景です。
たぶん、炎天下とアクラアラインのアップダウンがキツかったのでしょう。

さて、30キロの関門では私を含め1000人くらいのランナーが収容バスを待っていましたが、なかなかバスがきません。
どうやら、予想をはるかに超える棄権者が出たらしく、バスの手配が間に合わないようでした。

日陰もない炎天下の中1時間半くらい待たされた挙句、ようやくバスが2台やってきました。
ああ、やっと帰れると思ったのも束の間、なんと役員がバス乗り込みます。゚(∀) ゚ エッ?
どうやら役員用のバスらしいのです。
役員は片付けをしてさっさとバスに乗り込み、帰ろうとしています。

これには疲れ果てたランナー達が怒らないハズはありません。

「ふざけんなー!」
「俺らを置いて、自分達だけバスに乗って帰るのか!!」
「そのバスに載せろ!!」

役員に詰め寄るランナーもいます。
疲れているのと、関門でストップさせられたことで、ランナーもイライラしています。

結局役員達はバスに乗って帰って行きました。。

そのあとしばらくして、ようやくバスがやってきました。
ところが、ゴール地点少し手前で、バスの運転手が道を間違えてしまいました。

「もう、いいからそこで降ろせー!」
ランナー達がどなります。

バスから降りて、預けていた手荷物を引き取りました。その時、
「日没も近いので、手荷物を引き取った方は早くここから出てください。」
と追い払われました。休む暇もありません。

とまぁ、運営上のトラブルがいろいろありましたが、沿道の声援はすごかったですね。
途中、何度も心が折れそうになりましたが、応援のおかげで立ち直れました。

完走できなかったのが残念です。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

激走! ちばアクアラインマラソン」への10件のフィードバック

  1. おはようございます。

    お疲れ様でした。
    とても良い天気でしたが、マラソンには厳しい日射でしたね。
    あのアクアラインを走ったのですね。
    ということは、当日は通行止めですか?
    最後のほうの関係者の対応がちと残念でしたが、次回に向けてまた練習に励んで下さいね。

  2. 「おい、ゴラ!」 こんなん、私なら大暴れですな。暴動ですよ。
    それにしても、7割以上走ったのに完走ならずですか。残念! しかし、30キロ走ったのはすごいです。
    次回は、もっと大々的に告知してください。
    天体写真ブログ村一同が、応援のツイートしまくります。 

    • いっこうさんなら大暴れ確実でしょうな。笑
      給水もちまちまやっているので、間に合わないし、係員もぼさっと立っているだけなど、他にもいろいろ問題がありました。
      次のレースは東京マラソンと言いたいところですが、今年も抽選漏れでした。くりちゃんは抽選どうでした?

  3. ビックリしました。 アクアラインの海底トンネル部分を走るのかと思ってしまいました。
    空気悪くて死人が出るんじゃないか!? とか。
    コース案内見ても、アップダウンがキツいと書いてありますね。
    この30km過ぎにもアップダウンが。。。鬼畜過ぎ。 しかも吸水ポイントが無いなんて。

    携帯弄っている人の多さが待ち時間の長さを物語っていますね。
    走りながら写真を撮っていただいてありがとうございます。
    お疲れ様でした。 今は「もう来年は嫌だ!」と思っても、また暫くすると「今度は完走してやるぜ!」ってなるかも知れませんよ(笑

    • この大会完走率が74%だったそうです。このくらいの規模のマラソン大会だと、完走率90%を超えるのが普通なのです。いかにこの大会が異常だったかわかります。

      もう走るもんか!と昨日まで思っていましたが、今はまた、次のレースを物色しています。懲りませんねぇ。

  4. お疲れ様でした。
    30キロを走ったというだけで凄いです。最後の主催者側の不手際は残念だったですけど、次回は反省して改善して欲しいものですね。
    趣味でやることって、なかなか懲りないですよね。

    • 参加料が¥10,000だったにもかかわらず、スポンサーもあまり集まらず、大赤字の大会だったらしいです。よっぽどのことがない限り、第2回目はないのではと思っています。

  5. 公務員ランナーが優勝したというレースですね。カンボジア国籍の日本人も走っていたようで。
    一般市民も参加するこういうレースではいつも疑問に思うことがあります。
    スタート地点からずっと後方からのスタートになるって事は、ゴール地点が同じならそれだけ余分に走ることになるんでしょうか?
    何百メートルも余分に走ればタイムが悪くなるのは当然で、その場合の完走タイムは公式にはどうなるのでしょう?
    完走が目的での参加ならともかく、記録を狙っての参加なら後方スタートは厳しいですよね。

    • お答えします。
      後方からのスタートではもちろん余分に走ることになりますが、大抵スタート付近までぞろぞろ歩くことになります。タイムはゼッケンに取り付けられているチップで計測されて、スタートからのタイム(ネットタイムと言います。)がちゃんと出ますので、スタート位置の不利はありません。

      ただし、陸連公認記録は号砲からのタイム(グロスタイムと言います。)ですので、記録や順位を狙うような招待選手は最前方からスタートしています。

      東京マラソンなどの大きな大会では、号砲が鳴って最後方がスタート地点を通過するまで20分くらいかかります。

      さあ、皆さんもマラソンに挑戦しましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中