天井フラット処理

天井フラット処理と言っても、
天井の穴を修繕するわけではありません。

通常、撮影地で青空やELパネルでフラットフレームを撮影しますが、トレーシングペーパーやらELパネルやらが必要でとっても面倒です。
他の方のブログを読むと、自宅の天井を撮影してお手軽にフラットフレームを作成する方法もあるようです。

これなら今すぐためしてガッテン。
私もちょっとやってみました。

こんな感じで天井を撮影。お試しなので、20枚ほどを撮影して、そのあと、カメラ本体にキャップをして、フラットダークも撮影しておきます。これまた20枚ほど。今回は、ISO100 でシャッタースピードが0.3秒です。ヒストグラムで真ん中あたりに山のピークがくるくらいです。

フラットファイルの中の1枚。

ステライメージでコンポジットしてフラットフレーム完成。FITSファイルで保存しておきます。

さて、効果はどうでしょうか? 先日のM33さんかく座銀河を素材に検証してみます。

まずは、フラット処理をしていないと、ひどい周辺減光です。
ちなみにレベル調整でかなり強調しています。

で、こちらが天井撮影フラット処理をしたものです。
上下が赤みを帯びて若干まだ補正しきれていないようですが、趣味でやるならこれくらいはOKです。
かなり効果があります。

フラット処理をした画像で再処理をしてみました。
フラットエイドを使わなくても、こんなにフラット!! 気持ちいいー!!

銀河周りの微妙なもやもや(本当は恒星なんだろうけど)も見えます。

ちなみに、先日の記事のフラットエイドで処理した画像はこちら

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告