天王星を見てみよう。

 

 

本日9/2は、我が家の付近でISS(国際宇宙ステーション)の太陽面通過が見られるはずだったのですが、
あいにく、朝から雨が降ったり止んだり、時には大雨が降って、終いには印西市に大雨警報が発表される始末。

ISSの撮影をずっと狙っているのですが、どうも相性が悪いらしく、仕事だったり、雨や雲、直前の軌道変更などに祟られています。
こうなりゃ意地でも今年中にISSの撮影に成功したいものです。

さて、この満月期は散財しないように、おとなしく過去の撮影画像をいじくって遊んでいます。

そんな中の一枚、8/21に撮影した太陽の第7番惑星、天王星です。
今はうお座とくじら座の境界あたりにあって、真夜中に南中しますので、ベランダからの撮影にぴったりなのです。

天王星の特徴はなんと言っても、自転軸が黄道面に対して横倒しに傾いていることです。
こんなに傾いているのは、我々地球など他の惑星には見られません。
なぜこんなに傾いているのかはまだ分かっていないようです。


2012.8.21 2:49~ 120sec.×4枚 EOS kiss X3ノーマル ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
ステライメージでコンポジット他調整 CameraRAWでノイズ除去 フラットエイド  印西市自宅ベランダ

一番明るいのが天王星です。ステラナビゲーターによると、5.7等だそうです。
ついでに小さな銀河も写っているようなので、ステラナビゲーターに写真をマッチングしてみますと、

いくつか系外銀河があります。(小さくて見難いのでクリックして拡大推奨)

ふむふむ。とりあえず、超新星は見えないようですな。

天王星付近を拡大してみますと、側に星がいくつか写っています。
むむっ! これはもしや、天王星の衛星?? まさかねぇ・・。

またまたステラナビの出番です。
天王星を中心に最大まで拡大します。衛星の表示をON。

おお!!

天王星の5大衛星キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

アリエル、ウンブリエル、チタニア、オベロンの4個しか写ってないです。
ミランダは天王星に隠れているようです。

マジ感動。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

天王星を見てみよう。」への12件のフィードバック

  1. こんにちは。

    これは凄い!凄い!凄い!
    本当に天王星の衛星が写っているじゃないですか。

    印西市、凄いですねえ。
    あれ?凄いのは望遠鏡?
    いやいやまるこうさんですよね。

    ブログ村の新着記事画像がもみじさんだったので、猫さんブログかと思いましたよ。

    • 一番すごいのは、ステラナビゲーターですね。(笑)
      これがなければ、衛星が写っているかわからなかったでしょうし、調べることもしなかったでしょう。

      新着記事画像変えました。ありがとうございました!

  2. こりは凄い!
    SE200Nの直焦点ですか? 天王星の衛星って写せるのですね。
    初めて知りました。 遠すぎて無理だとばかり。しかも4つも。

    光害地でもキラリと光る記事を書くのがまるこうさんなんですよね~。
    いつも「おおっ!(ノ゚ο゚)ノ」と驚かされてしまいます。

    • お褒めいただいてうれしいです。

      そんなのムリムリって思い込んでいるだけで、実は結構簡単だったりする事ってたくさんあるのかも知れませんね。

      大人になると変な知恵ばかりついてきて、何かに挑戦しようとも思わなくなってしまいます。何も考えず、まずはやってみなくちゃダメなんでしょうね。

      いい教訓になりました。

  3. おおっ!(ノ゚ο゚)ノ
    すげ~!
    あの小さいのが天王星のまわりをまわっているのか! それが写るのか!
    土星や木星や火星にばかり目がいって、天王星はノーマークだったなぁ。
    すごいなぁ。
    おおっ!(ノ゚ο゚)ノ

    今度は木星のすごい写真、待ってます。

  4. こんにちは。
    天王星の衛星、写し撮れるなんて思ってもみませんでした。凄いですね!

    そういえば、この衛星たちの名前の元になっている妖精はシェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」に登場しますね。もっともこのタイトルだと戯曲よりも松任谷由実の歌を思い出しますが…

    • 衛星を写そうとしたわけではありませんでしたが、試しにステラナビで調べたら写っていたのでびっくりでした。
      何事もやって見るもんですね。笑

      衛星の名前がシェークスピア作品の登場人物だなんて洒落てますよね。
      私も何か命名する時はシェークスピア作品からとおもいましたが、シェークスピアなど読んだことがありません。まずはそこからですね。

  5. これってすごいですね。「あ、写ってる」っていう当初の驚きや喜びが感じられる写真だと思います。この写真をみて「天王星の衛星って写るんだよね」ってゆー事を知ったとしても、自分で写したり見たりしたときに、感動できるでしょうね。こういう感覚は忘れてないです。うれしいですね。

    • その昔、中学生だか高校生の頃に自作の望遠鏡で土星の輪を生まれて初めて見た時はまさにそんな感動でした。知識として土星の輪を知っているけれども、実際見た時のうれしさといったら! 

    • よーし、次は海王星とトリトンだ!! と思っていたら、さとうさんに先を越されてしまいました。(^^ゞ

      よーし、じゃあ、冥王星だー! ってそれはさすがに無理だと思います。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中