EQ6PROによる北極星の時角合わせ

 

 

連日、暑い日が続いています。

さて、私の使っている赤道儀EQ6PROは、ステッピングモータ内蔵で高精度に天体を追尾してくれます。特にオートガイドでは小気味よく修正がはいります。駆動音も静かで住宅街でベランダ観望してもご近所の迷惑になりません。最大積載重量も15kgと余裕の作りです。

さてさて、そんなEQPROですが、極軸合わせだけは、いただけません。パターンの中に北極星を入れる方式です。
歳差も考慮されていないのです。

まぁ、オートガイド前提ならぱ、厳密な極軸合わせは不要なのかも知れませんが、
極軸がちゃんと合っていないと、導入精度が落ちます。

EQ6PROの極軸合わせについてはマニュアルに記載があるのですが、わかりにくいのです。

わかりやすい極軸合わせについてはユーザーの方のブログで紹介されています。
およそ皆こんな感じです。

・極軸望遠鏡を覗いて、北極星の丸パターンを南中させる。
・そこでクランプして、10月10日の北極星の南中時刻になるように、月日目盛りと赤経目盛りを合わせる。
・クランプを緩め、月日目盛りと赤経目盛りで実際の観測時刻の日時になるように赤経軸を回転させる。
・極軸望遠鏡を覗いて高度調整ネジと方位調整ネジを回して北極星を丸の中に入れる。

という方式のようです。
つまりは、その時刻の北極星のパターンを合わせるのが難儀なのです。

この方法でもいいのですが、なーんか、ちょっと面倒です。

そんなしち面倒なことをしなくても、北極星の時角がわかればいいんじゃね? と考えました。
時角というのは、子午線からの角度を時間で表したものです。24時間で一周します。
つまり、南中した時が時角が0:00で、北極星が極軸の真下に来た時が12:00となります。

北極星の時角を知る方法は計算などせずとも、Webなどで検索してみると、
http://www.ps2.homeunix.com/mrtg/g5.php

http://www.takahashi-europe.com/support/softwares/polarisfinder/polarisfinder-1.5-en.htm
などで、観測地の経度や時刻を入力するとたちどころに北極星の時角を算出してくれます。
なかなか便利ですね。
この値を赤道儀で設定してやればOKです。

そこで、ハッと気が付きました!

赤道儀のハンドコントローラのSynScanでセットアップの時に必ず「Polaris HA=  」と北極星の時角らしきものが表示されているのを思い出しました。

そこで、編み出した方法とは、

まずは、
極軸望遠鏡を覗いて、北極星を南中の位置に持っていきます。
(極軸望遠鏡は屈折式なので、極軸の真下から反時計回りに時角が増えていきます。)

赤経リングを動かして、ゼロに合わせておきます。この位置を時角0:00とするということです。

赤道儀の電源を入れ、ハンドコントローラで現在時間を入力します。(初めてなら観測地の緯度経度も)
すると、この画面が出てきますよ。
じゃーん。

このPolaris HA = 11:33というのがこの時刻の時角です。

そこで、赤経軸を動かして、11:33に合わせる。

すると、その時刻のちゃんとしたパターンが入ってます。

というわけで、EQ6PRO赤道儀をお持ちでない方にはなんの得にもならない記事でした。

P.S. ハンドコントローラの時角表示は12時間制で、12時が真上の時計のイメージです。なので、上記の方法は間違っていますので注意してください。
記事で書いたWebでの時角計算サイトやiPhoneの極軸望遠鏡表示アプリで表示された時角を赤経目盛りに設定してください。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

EQ6PROによる北極星の時角合わせ」への14件のフィードバック

  1. やっぱりいい赤道儀は違うねぇ。
    この記事には、きっと、EQ6PRO赤道儀をもっている人がわんさか訪問してくるよ。
    私は、壊れた、調子悪いっていうマイナス記事ばかり書いているので、こういう前向きな記事、うらやましいです。
     SXD後継機に期待やね。

    • sxwやsxdなんかの極軸望遠鏡いいよねー。ビシッと軸が決まる感じするもん。現にノータッチガイドの精度は目を見張るものがあるからねぇ。
      確かシュミットではポラ理恵の極軸望遠鏡を移植してEQ6PRO売ってたような。

  2. おはようございます。

    おお~、いいですねえ。
    極軸望遠鏡では反転して見える事も忘れていませんねえ。

    私の赤道儀はオートガイドでないので、極軸合わせは必死でやりますよ。

  3. こんにちは
    こんな方法があったとは。 A-GTはビクセンGP系なので日付を合わせる方式ですね。
    北極星早見盤はみんな何に使っているのだろうと思ったら、タカハシ系のパターンはこういう事だったのですね。
    この11:33に合わせるのはクランプフリーでいいのですか?

    • 説明不足ですみません。赤経軸を動かすのはクランプフリーです。

      その昔、セレストロン製のA-GT用らしい極軸望遠鏡をヤフオクで落札したのですが、これと同様の極軸望遠鏡でした。

  4. GPD2使いの僕にはなんだか良くわからないのですが、この目盛環ってどれくらいの精度で合わせられるんでしょうね。そこが正確な極軸合わせのキモだったりするんでしょうか。
    僕は導入に目盛環使っていますが、もうちっと刻みを小さくして精度よくなればなあ、なんて感じています。

    • ミッチーさんは導入に目盛り環を使ってるんでしたね。すごいです!
      DD-3は導入用にパソコンには繋がらないのでしょうか。
      EQ6PROの目盛り環もかなり大雑把な作りですので、あまり精度はなさそうだなぁ。。。

  5. SyncScan3.35にバージョンアップしても、あの表示は使えないんでしょか?
    仮に12時間制として、パターンの北斗七星やカシオペアの位置で12時間足すってのでは
    ムリでしょうか?
    あのメモリでは最も簡単な方法でなので、何とか利用したいです。。。

    • とめきちさんこんにちは。
      残念ながら、SyncScan3.35でも仕様は変わらないようです。12時間足す方法は24時間で2周しちゃいますからねぇ、、難しいですね。
      私は、Synscanはあきらめて、PolarAlignというiPhoneのアプリを使っています。

  6. 友人の協力で分かったことがあるので報告します。
    SyncScanに表示される2つの時角について。
    Polaris Psition ~ : 極軸望遠鏡視野内をアナログ時計に見立てた位置(12時間制 cw)
    Hour Angle ~ : 南中時を0とした時角(24時間制 ccw)
    だと。
    いかがでしょう?

    • なるほど! マニュアルをよく読むと仰る通りですね。ご報告ありがとうございました。
      でも、H.A.の時刻が、他のWebサイトやiPhoneのアプリと異なっているのがどうも解せないですね。バグがあったのでしょうか?

      ところで、私はだいぶ前にSynScanハンドコントローラーのファームウェアアップデートをしたのですが、その後から
      セットアップの時にP.PやH.Aが表示されなくなっています。P.Pだけは後でUtilityで表示することはできます。

  7. コントローラーの電源投入時にファームウェアのバージョンが表示されると思います。
    最新は、v3.35かと。
    http://www.skywatcher.com/downloads.php?cat=20

    EQ6, SE2, EQ5 いずれのコントローラーでも v3.35でP.P., H.A.が順に表示されます。

    星図や複数のiアプリや北極星方位角早見版と見比べるうちに
    一時は、余計混乱してしまいました(^^;
    http://www.mmjp.or.jp/takahashi-sb/data/hayami.htm

    極軸望遠鏡の倒立像を考慮してるかどうか明確ではないアプリもあり、
    アプリの使用は、馴れて確信が持てるまであえて敬遠しようかと私は思います。
    メモ書きを紛失してしまったので『?』ですが、いくつかのアプリでは
    どうしたらこの向きに見えるか全く??なモノもありましたから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中