EQ6PROによる北極星の時角合わせ

 

 

連日、暑い日が続いています。

さて、私の使っている赤道儀EQ6PROは、ステッピングモータ内蔵で高精度に天体を追尾してくれます。特にオートガイドでは小気味よく修正がはいります。駆動音も静かで住宅街でベランダ観望してもご近所の迷惑になりません。最大積載重量も15kgと余裕の作りです。

さてさて、そんなEQPROですが、極軸合わせだけは、いただけません。パターンの中に北極星を入れる方式です。
歳差も考慮されていないのです。

まぁ、オートガイド前提ならぱ、厳密な極軸合わせは不要なのかも知れませんが、
極軸がちゃんと合っていないと、導入精度が落ちます。

EQ6PROの極軸合わせについてはマニュアルに記載があるのですが、わかりにくいのです。

わかりやすい極軸合わせについてはユーザーの方のブログで紹介されています。
およそ皆こんな感じです。

・極軸望遠鏡を覗いて、北極星の丸パターンを南中させる。
・そこでクランプして、10月10日の北極星の南中時刻になるように、月日目盛りと赤経目盛りを合わせる。
・クランプを緩め、月日目盛りと赤経目盛りで実際の観測時刻の日時になるように赤経軸を回転させる。
・極軸望遠鏡を覗いて高度調整ネジと方位調整ネジを回して北極星を丸の中に入れる。

という方式のようです。
つまりは、その時刻の北極星のパターンを合わせるのが難儀なのです。

この方法でもいいのですが、なーんか、ちょっと面倒です。

そんなしち面倒なことをしなくても、北極星の時角がわかればいいんじゃね? と考えました。
時角というのは、子午線からの角度を時間で表したものです。24時間で一周します。
つまり、南中した時が時角が0:00で、北極星が極軸の真下に来た時が12:00となります。

北極星の時角を知る方法は計算などせずとも、Webなどで検索してみると、
http://www.ps2.homeunix.com/mrtg/g5.php

http://www.takahashi-europe.com/support/softwares/polarisfinder/polarisfinder-1.5-en.htm
などで、観測地の経度や時刻を入力するとたちどころに北極星の時角を算出してくれます。
なかなか便利ですね。
この値を赤道儀で設定してやればOKです。

そこで、ハッと気が付きました!

赤道儀のハンドコントローラのSynScanでセットアップの時に必ず「Polaris HA=  」と北極星の時角らしきものが表示されているのを思い出しました。

そこで、編み出した方法とは、

まずは、
極軸望遠鏡を覗いて、北極星を南中の位置に持っていきます。
(極軸望遠鏡は屈折式なので、極軸の真下から反時計回りに時角が増えていきます。)

赤経リングを動かして、ゼロに合わせておきます。この位置を時角0:00とするということです。

赤道儀の電源を入れ、ハンドコントローラで現在時間を入力します。(初めてなら観測地の緯度経度も)
すると、この画面が出てきますよ。
じゃーん。

このPolaris HA = 11:33というのがこの時刻の時角です。

そこで、赤経軸を動かして、11:33に合わせる。

すると、その時刻のちゃんとしたパターンが入ってます。

というわけで、EQ6PRO赤道儀をお持ちでない方にはなんの得にもならない記事でした。

P.S. ハンドコントローラの時角表示は12時間制で、12時が真上の時計のイメージです。なので、上記の方法は間違っていますので注意してください。
記事で書いたWebでの時角計算サイトやiPhoneの極軸望遠鏡表示アプリで表示された時角を赤経目盛りに設定してください。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村