新天体を見つける

 
 

昨日も少し書きましたが、この土日に「新天体を見つける」と題した天文学の授業を受けてきました。
講師は国立天文台の懸秀彦准教授です。懸さんは天文学の情報を広く一般に配信している国立天文台の天文情報センターにいらっしゃるそうです。

 

第一日目は、天文学について軽く学習した後、懸さんたちが製作した天文画像処理ソフト「マカリィ」の使い方など。
マカリィ(ハワイの現地の言葉ですばるのこと)ではFITS画像を読み込んで天体の明るさや位置の検出やブリンク機能(小惑星や超新星の検出に使う)、画像の演算などの様々な機能があります。ステライメージの機能をかなり限定して軽くした感じのソフトです。ちなみにフリーソフトです。

実際に撮影された画像で小惑星探しをしました。サンプルだからなのか、簡単に見つかりました。実際も、小惑星は簡単に見つかるそうです。ただし、小惑星は発見してもすぐ発見者の名前がついたり、命名権がもらえるわけではありません。その小惑星の軌道計算を主にやった人に命名権が行くのだそうです。そして軌道計算もすぐにはできません。発見した時の短期間の予測から計算どおり1年後にちゃんと戻ってくるまで軌道が確定しません。

二日目は超新星の発見方法、星の明るさの測定、超新星の光度曲線から種類(I型、II型など)の同定、新天体の通報の仕方、木星の写真からガリレオ衛星の同定などをやりました。

さて、新天体を発見したらどうしたらいいのか・・。かいつまんで紹介します。

まず、彗星や新星や超新星など怪しいのを発見したら、それが既知のものかどうかまず確認しなければなりません。

Aladin http://aladin.u-strsbg.fr/  や

バーチャル天文台のSkyView http://skyview.gsfc.nasa.gov/

などで確認します。

また、小惑星だったら、IAU小惑星センター(Minor Planet Center) のデータベースで確認します。←これは強力

新天体だと確信したら、すみやかに通報します。3つの方法があります。

1. 国立天文台へ通報

2.星ナビでおなじみ中野主一さんに通報

3.直接スミソニアン天体物理観測所に通報

どれでもいいそうです。

 

ちなみに小惑星を発見して通報しても「ああそうですか。」で終了だそうです。ちゃんと軌道計算してまた連絡しないと意味がないんだそうですよ。

よーし、死ぬまでに超新星か新星を発見してやるぞ!!

 

 
ほんとに楽しい授業でした。

余談、懸氏の若いころ地元の長野で北アメリカ星雲が肉眼で見えたそうです。本当でしょうか? 赤い星雲なのに?

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

新天体を見つける」への8件のフィードバック

  1. すげえなぁ。
    小惑星とか、超新星とか、今後、きっと、全天をくまなく撮影・比較するシステムとか、出てきそうな気がする。画像Aと画像Bを比較して差を抽出するだけだから、横顔からオウムのタカハシ被告の正面の顔をつくりだすより簡単な気がする。
     まぁ、そう簡単にいかないことはわかっているけどね。

    • すでに、小惑星の探査はリニアとかニートとかアメリカの国家プロジェクトで24時間くまなくサーベイしてますよね。あと、彗星・超新星・新星も大学やなんかで自動で検知してますので、今では事実上個人では太刀打ち出来ないです。それでも板垣さんなんかは年に何個か超新星を発見していますので、すごいです。たぶん発見報告がタッチの差で早かったりするんでしょう。

  2. おはようございます。

    これで何か怪しいものを見つけても大丈夫ですね。
    私が見つけたら、まるこうさんに通報しますので宜しくお願いしますね。

    北アメリカ星雲
    昔、観音平で見たような気がしますねえ。
    存在を知っているから、見えるような気がしたのかもしれませんね。

    • いやいや、私に通報されても・・・困ります・・。

      かたくちいわしさんの言うとおり、星も北アメリカの形で密集していますので、赤くなくても見えるんでしょうねぇ。。

  3. こんにちは。
    「ただし、小惑星は発見してもすぐ発見者の名前がついたり・・・」
    そうですか、それは知りませんでした。  ドキドキしながら1年待っていると、別の人にタッチの差で早く発見されていた―なんてありそうですね。

    「3.直接スミソニアン天体物理観測所に通報」
    カッケー。 「そいつは既に発見された超新星だぜ。 全くジャパニーズは早とちりだぜ!ha,ha,ha・・・」 って言われそう(;ω;)

    北アメリカ星雲見えると思います。M42も赤いけど見えるので。 星雲として見えるというか、微光星ビッシリなので、天の川の一部が北アメリカ星雲の形に見えるみたいなイメージを想像しています。 私も見た事はありませんが。。。

    • 小惑星は軌道計算しなきゃダメだからとても素人には無理。さすれば、素人に手が届きそうなのは新星か超新星かというところでしょうか。彗星なら第三発見者まで発見者の名前が付けてもらえるのでそれもいいかもです。

  4. わー、こういう授業楽しそう。いいですねぇ〜。
    画面みてるだけでワクワクしちゃいます。
    とりあえず、名前だけでも先に決めておきましょうか。男の子でも女の子でも通用するようなヤツを!?

    • いいでしょう、この授業。でも、単位を取りすぎて、大学は自動的に卒業になってしまいました。再入学するかなぁ・・・。

      名前を決めるってことは小惑星ですね。小惑星には「仮面ライダー」とか「鳴子温泉」とかふざけたのがありますからねぇ。負けないインパクトのある名前にしないと。。ちなみにペットの名前はダメだそうですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中