へびつかい座球状星団M19(NGC6273)

 

 

本日、大学の授業がありました。
「新天体を見つける」というタイトルで、FITS画像ファイルの取り扱いとか、天体画像処理ソフトマカリの使い方、小惑星の発見方法などを学習しました。講師は国立天文台准教授の懸秀彦氏です。どうです? ワクワクする内容でしょう?

実際にすばる望遠鏡や世界中の天文台で撮影された画像を処理しての実習です。

こんな授業なら毎日でも行きます。楽しくってしょうがない!

明日は超新星の発見方法や、新天体発見を報告する手続きなどなど。

授業の詳細はまた後日報告します。

さてさて、梅雨入りもして、毎日曇ったり、雨だったりで晴れてくれません。金星日面通過が見れなかった精神的ダメージも大きいです。

ブログのネタもいよいよ猫ちゃんが登場かという切迫したところでしたが、パソコンのフォルダを探していたら、未発表の写真がありました、ありました。

へびつかい座の球状星団です。メシエ番号M19です。
W.ハーシェルが「すばらしい球状星団!、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!」と言ったとか言わなかったとか。
素晴らしい球状星団のわりには、球状星団の中では一番扁平率が大きいのだそうです。
へびつかい座にありますが、アンタレスの近くにありますので、探しやすいと思います。


2012.5.13 00:56~ 120sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

拡大図

少しピンぼけしていたようです。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村