ケフェウス座惑星状星雲NGC40(C2)

 

 

なんか、金環日食という大イベントで燃え尽きた感があり、いまいち、テンションがあがりません。
が、頑張って行きましょう。

5/18の夜、ゆうゆう公園で撮影したNGC40惑星状星雲です。別名Bow Tie Nebula、つまり蝶ネクタイ星雲と言ったところでしょうかね。
真っ赤な星(星雲)がポツンと光っているのがそれです。


2012.5.19 2:12~ 60sec.×15枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

拡大するとこんな感じ。拡大すると中心星もよく見えます。

蝶ネクタイに見えませんです。シャッタースピードは一枚60秒で、だいぶ短めにしたのですが、まだ長いようですね。

wikipediaによると、
NGC 40(Caldwell 2)は、ケフェウス座の惑星状星雲である。ウィリアム・ハーシェルが1788年11月25日に発見した。
死につつある恒星の周りを熱いガスが取り巻いている。恒星は自身の外層を噴き出しており、周りのガスの温度は10,000℃にも達し、幅約1光年に広がっている。恒星の表面温度は50,000℃である。約3万年後には地球程度の大きさの白色矮星になると考えられている。

太陽よりは小さいか同じくらいのあまり大きくない恒星の最期の姿です。太陽もあと50億年くらいしたら、こんな姿になるんでしょうか。
太陽の8倍以上の質量の恒星であれば、派手に超新星爆発で最期を飾りブラックホールになったり、中性子星になったりするんですが、太陽クラスは未練がましく地味に死んでいく印象です。

この日は特にクシャミは出なかったので、まだカモガヤの花粉は飛んでいなかったんだと思います。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村