さそり座球状星団M80

 

 

5/12夜に撮影した、さそり座球状星団です。メシエ天体M80です。
RとSはいっこう氏のブログで話題になった変光星です。二つとも1854年に出現した新星でシャコルナクが発見したそうです。ミラ型の変光星ということで、どちらも赤色巨星となります。
特にRはよくオレンジ色に写っていますね。

肝心のM80の中心部が白くつぶれて飽和してしまいました。まだまだ画像処理の腕を磨かなければなりません。


2012.5.12 23:57~ 180sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
DeepSkyStacker Photoshop で調整・トリミング 印西市自宅ベランダ

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

さそり座球状星団M80」への8件のフィードバック

  1. おはようございます。

    変光星はよく気付かれましたね。
    自分の撮った画像を、きちんとチャックなさっているのですか?

    白つぶれは、さとうさんがやられているように、露出の短い画像をコンポジットするのが良いのでは?

  2.  ミッチーさんのブログを見て思ったんだけど、ベランダで撮るこのあたりの球状星団は、改造DXよりも、高画素数・高感度・低ノイズの無改造(というか未改造)のX3+LPS-P2の方がよくないかい?
     中心部の白つぶれ、私の場合は、コントラストを高めて周辺部の星をあぶりだした通常のDSS処理のTiff画像と、かたくち式DSS直線処理後彩度を高めて中心部のつぶつぶを飽和させないように処理したTiff画像をコンポジットしてます。

  3. こんにちは。
    まるこうさんはステライメージはお使いじゃなかったでしょうか。だとしたら「ガンマ調整/デジタル現像/色彩強調」の中にある「ハイライト」を調整してやると潰れてしまったM80が救えるかもしれません。

  4. こんにちは。
    私も未撮影だったので、一昨日M80を撮影してきました。
    元RAW見ても、この星団は中央集光が著しいですね。
    多段露出してこなかったので、どう処理しようかと思いあぐねています。
    Camera Rawで露光を変えたものをコンポしようか、マスクを使うかとか考えていますが、どうなるかは実際やってみないとなんとも言えません。
    この星団は中央部を飛ばないようにするのは難しいかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中