電波天文学とM20(三裂星雲)

 

 

この週末、久々に大学の授業に行ってきました。

「見えない宇宙を観る」と題して、電波天文学の講義です。講師は石黒正人元国立天文台教授です。
石黒氏はALMA計画の元推進責任者と言ったほうがわかりやすいでしょう。電波天文学一筋40年、野辺山宇宙電波観測所長などを歴任され、ALMA計画の計画立案から日本側プロジェクトリーダーを最後に2009年に退官されました。

あの有名な石黒氏から話が聴けるということで、ずっと前から楽しみにしていました。

ALMAについては国立天文台の特設ページで

 

ちなみにALMA(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)は来年完成予定だそうです。

サブミリ波の干渉計を使うと、何がわかってくるのか、例えば、ビッグバン後の宇宙の晴れ上がり以前の状態を観測することができるらしいです。すげー!
もちろん可視光だと宇宙の晴れ上がり以降しか観測できません。サブミリ波つまり低温の状態の観測に強いので、系外惑星が生まれるところとか、今まで見えなかった未知の宇宙が観測できるのです。完成は来年のようですが、観測は始まっていて、すでにいろいろと成果があるようです。

さて、

昨夜ひさびさに晴れたので撮影ができました。
月がのぼってくるまでのお手軽ベランダ撮影です。


2012.5.13 0:15~ 180sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
 Kenko SE200N CR Kenko EQ6PRO BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding 
DeepSkyStacker Photoshop で調整 トリミング 印西市自宅ベランダ

本当なら青い星雲が赤い梅干しみたいなのをほんやり取り囲んでいるはずなのですが、15分の露出時間ではこれが限界でしょうか?
あるいは、画像処理がへたなのかも知れませんね。

他にも少し撮影したので、またご紹介します。(やったー! ストックだ!!)

5/14 追記 昨年7/21に撮影したM20です。感慨深いなぁ・・・。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

電波天文学とM20(三裂星雲)」への8件のフィードバック

  1. おはようございます。
    撮りたての写真じゃないですか。
    自宅からこれだけ写るとは、いいですねえ。

    学生の頃に電波天文学に興味を持っていて、森本先生の公演を聞きに行ったことがあります。
    75MHzの受信機を作って、FM用アンテナに繋いだら、銀河中心からの電波が受信できましたよ。
    連続観測すると、日周運動で銀河中心がアンテナの方向にくると信号強度が強くなるるのです。

    • 実際に電波を受信したんですね!それはすごい!
      そう言えば、月に携帯電話を1台置いて地球から電波望遠鏡で観測すると、全天で一番明るくて他のものも見えないのだそうですよ。いかに宇宙からの電波が微弱かわかります。

  2.  いくつになってもお勉強。学生さんはたいへんですなぁ。でも、おもしろそうで羨ましいぞ。学ぶ、知るということがこんなにおもしろいということが学生の時にわかっていたら、もっと違う人生歩んでいた気がします。
     ベランダっていうことは極軸適当だよね。それでこんなにしっかりと! EQ6赤道儀そしてオフアキ恐るべし。 
     昨年の7月21日のM20と比べると、どんだけ進歩してんねん! 撮影一覧のリンクこっちにしなきゃね。
     で、以前のブログ見てて気がついた。もうすぐ天体観測再開1年ですな。1年でこの進歩、すごいっす。

    • あー、もうすぐ1年ですか。早いものです。前回のM20は今見返すとひどいものですねー。(^^;; いっこうさんに泣きついて画像処理をしてもらいましたね。

      皆さんにいろいろと教えていただきながら、だいぶ進歩できました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

  3. こんにちは。
    そう言えば昨年のM20もありましたね。 こうして1年1年みんな上手くなっていくのでしょうね。  梅干し周りの淡いモヤモヤは空のいい所じゃないとキビしいかも知れませんね。
    そちらの空の条件で、しかもベランダ撮影という事を考えると、とても良く写っているのではないでしょうか。

    電波天文学ってまたニッチですね。ついつい見た目の綺麗なほうにいってしまいますから。
    電波を受信していたやまねももんがさんも凄いですが、宇宙からの電波がそんな微弱なものだったとは。  ALMAのページカッコイイですね。

    • 元のRaw画像はほとんど真っ白ですよ。本当なら一枚の露出時間をあと2分くらいは延ばしたいのですが厳しいかも知れません。

      まぁ、可視光も電磁波の一種ですからねぇ。
      ちなみに、分解能は波長÷口径となりますから、1分角(1/60度)の分解能を得るには、
      可視光だと、2mm(瞳の大きさ) でいいのですが、
      波長1cmのミリ波の領域となるとなんと34mとなります。だからあんなにパラボラが大きいんですね。
      なんてことを習ってきましたよ。

  4. おぉ、また同じものを撮ってしまった(笑)。
    なんかふわふわしてなめらかな感じですね。
    自分の(そのうちブログに載せます)はうっすらとしか写せませんでした。
    なんだか苦労が報われない感じ、という出来でした。
    まるこうさんのは、はっきりくっきりしていて、いいなあ。
    僕も天文再開して4月で1年経ちましたが、直焦点1周年は9月頃になります。

    • なめらかな感じはやまねももんがさんに教えてもらった、CameraRawによるノイズ低減処理が効いてるせいかなと思います。あれは強力ですよ。
      赤い星雲はやっぱり改造カメラじゃないと厳しいかも知れませんねー。
      改造カメラ、スターショップ(旧誠報社)で安く売っていたような・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中