観測天文学入門

 

 

土日に大学の授業に行ってきました。内容は「観測天文学入門」で、講師は国立天文台を退官された西野洋平非常勤講師。

場所は、いっこうさんの所沢市にも程近い小平市の一橋大学です。

 

できるだけ、望遠鏡を各自で触って沢山観測しましょうという先生の方針で、座学はあまりありませんでした。

30人位の生徒に望遠鏡が2台。経験者ということで、私は助手に指名され、望遠鏡の組み立てを任されました。

 

任せとけ!とばかり望遠鏡の木箱を開けると、中にはタカハシのFC-102(フローライト10センチ屈折)が!
赤道儀は同じくタカハシのEM-2が出てきました。

 

こんな高級な望遠鏡は触ったことはもちろん、見たこともありません。結局、生徒みんなであーだこーだと組み立てました。(^^;;

 

昼間はファインダーの位置合わや、太陽黒点の観察。夜は金星木星月、オリオン大星雲などを観望。木星の衛星の位置をスケッチしたりしました。

 

ちなみに西野先生は太陽コロナが専門だそうです。

 

太陽黒点のスケッチから、太陽の東西南北、自転軸、太陽黒点相対数などを割り出しました。黒点相対数って単なる黒点の数ではなかったのは初めて知りました。

 

20120207-095618.jpg

 

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村