親子で観望会&しし座 NGC3521

 

 

小学6年生の息子を連れてゆうゆう公園で二人だけの観望会。

月が出ていて明るい空でしたが快晴です。メジャーな天体を望遠鏡で眼視するだけなので、撮影機材はなし。
二人で協力して、望遠鏡の組み立てをします。今まで、赤道儀の設置や取り扱いについて息子に教えたことがなかったので、極力息子にやってもらいながら教えました。極軸を合わせられてとてもうれしそうでした。

ところが困ったことに、ニュートン式望遠鏡のSE200Nしか持って行かなかったので、息子の背丈ではアイピースが覗けません・・・。orz
踏み台など持ってきてないし、困りました。布製のキャンプ用の折りたたみ椅子にフラフラしながら乗って、なんとか木星は見えました。
ガリレオ衛星が4つ見えます。おお!! すげー!! と、歓声です。

どのガレリオ衛星が見えているのか、ステラナビゲータでチェックします。カリスト、イオ、エウロパ、ガニメデ。
それぞれの衛星の特徴もステラナビゲータの天体事典で学習します。

その他、メシエ天体やすばるなどいろいろと導入したのですが、息子からはあまり見えず・・。
3時間くらいで切り上げて家に帰りました。それでも息子は「楽しかった!」そうです。

今春、中学生になっても、観望につきあってくれるのでしょうか・・・。

結論。息子と観望をする時は屈折式の望遠鏡に限ります。

さてさて、1/3に撮影したマイナーなNGC天体シリーズ。
しし座にある渦巻き銀河のNGC3521です。
視直径9.5’と、なかなか大きいのにかかわらず、メシエはんが見落としたらしいとウワサです。

星像がいびつなのはピントがあっていないわけじゃなくて、ガイドがうまくいってないんだと思います。

全体はこちら。フラット補正ってどうやるの? Webでいろいろ検索してもいまいちよくわかりません・・・。

2012.1.3  01:53~  300sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Kenko SE200N CR Celestron Advanced-GT BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

 

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

らしんばん座 NGC2613

 

 

1/3にベランダで撮影した、らしんばん座にある渦巻き銀河NGC2613です。

らしんばん座ってのも聞き慣れない星座です。
このNGC2613は赤緯-23°くらいあって見にくいうえに、淡いです。
形はM31の超ミニチュア版といったところですね。

それにしても地味な銀河ですな〜。ちなみに1/3に撮影したものはこんなのばっかり続きます。

トリミングしたもの。

元画像はこれ。

2012.1.3 00:12~  300sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Kenko SE200N CR Celestron Advanced-GT BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

赤道儀修理成功 NGC2467

 

 

高速度ではちゃんと動くのに低速度では動きだしが遅いのです。一瞬で終わるオートガイドの校正信号などはほとんど反応しない始末です。

どうやらバックラッシュがとても大きいのではとAdvanced-GT赤道儀をまた開腹作業です。

なお、この現象が起きるのは赤緯のみです。

大晦日の夜に調整を始めて、気がついたら年が明けてました。(^^;;
二年越しの作業です。

前回モーター側のギアとウォームギア側の間隔を調整しました。ネジが外れないトラブルがありましたが、何とか回すことができました。モーターを外して、ウォームギア側のギアを手で回してみると、何ととんでもなく遊びがあります。遊びでギアが1/8回転くらいします。

かたくちいわしさんのブログの記事を参照して、調整をします。写真の矢印のネジです。

バックラッシュをなくし、かつ、スムーズに赤緯が回るように調整します。

再度組み上げて、モーターを動かして動きをチェック。ちゃんと動いているようです。

1/2の夜にベランダで試運転をしました。やりました!ちゃんと動いています。ガイドの暴れがちょっと大きいですが、PHD guidingの調整でなんとかなりそうです。
あるいは、ベランダで極軸がいい加減なせいかも知れません。

うれしくて、撮影しまくりです。
画像処理ができたものから紹介していきます。

ベランダから見える範囲が限られているので、地味な天体ばかりです。

まずは、とも座のNGC2467。散光星雲ですが星もたくさんあってなかなか賑やかです。


2012.1.2 23:40~  300sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Kenko SE200N CR Celestron Advanced-GT OAG9+Lodestar+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 トリミング 我孫子市利根川ゆうゆう公園

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村