らしんばん座 NGC2613

 

 

1/3にベランダで撮影した、らしんばん座にある渦巻き銀河NGC2613です。

らしんばん座ってのも聞き慣れない星座です。
このNGC2613は赤緯-23°くらいあって見にくいうえに、淡いです。
形はM31の超ミニチュア版といったところですね。

それにしても地味な銀河ですな〜。ちなみに1/3に撮影したものはこんなのばっかり続きます。

トリミングしたもの。

元画像はこれ。

2012.1.3 00:12~  300sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Kenko SE200N CR Celestron Advanced-GT BAADER PLANETARIUM MPCC OAG9+Lodestar+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

らしんばん座 NGC2613」への6件のフィードバック

  1. おはようございます。

    5分のオートガイドは順調のようですね。
    うまく行き始めると楽しいでしょう。
    「らしんばん座のNGC2613」なんて、私が持っている初心者向けの「星雲星団ウォッチング」という本には載っていませんよ。

  2. こんにちは
    マニアックですね。「らしんばん座ってどこだよ」と星図を見たら、NGC2613はその中でも高い位置にあるのですね。 私も今回はじめて知りました。
    順調そのものですね。 いいなぁ~

  3. お久しぶりです!
    僕以外の家族全員がインフルエンザにかかったりしてたので、ぼやぼやしていたら、オフアキとかものすごい事になっているではないですかぁ!
    あのドイツ語のサイトでお買い物できるのも、ホントすごいです。(前のネタですみません)
    マネしちゃいます。とはいえ、僕にはここまで来る道は遠そうですけど。

    それにしても、小さな写野に、大きな宇宙がある感じがして不思議ですね。

  4. ミッチーさん、謎の光条はどんな調子でしょうか・・?
    インフルエンザが流行っているんですね。ご家族の方は大丈夫でしょうか?

    ドイツ語もありますが、英語に変えられるのでなんとか注文できましたよ。

    NGC2613は8443万光年先にあるらしいですからね。
    なんと恐竜の全盛時代の光を見ているんですよ。(゚д゚)!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中