オフアキシスガイダーのテスト

 

 

軽量化のため、新たな機材を導入しました。

まずはオフアキシスガイダーにTelescop-ServiceのOAG9です。詳細はリンク先を見て下さい。

黒くて見にくいですが、写真のようにカメラとドローチューブの間にかませて、オフアキシスガイダーを可能にするものです。

必要な光路長はOAG9の9mmと「42mmTネジメス-48mmフィルターネジオス変換リング」の2.5mmの合計11.5mmとなります。

私はその他にバーダープラネタリウムのMPCCというコマコレクタを装着しています。

SE200Nドローチューブ—-> コマコレクタ—-> Expanding Ring M48/T-2—-> OAG9—-> EOS Kiss Digital X

の順です。

 

 

心配していたピントもバッチリです。

 

 

ガイド用のカメラは、Starlight XPress社のLodestar autoguiderです。非常に高感度です。

小さいカメラですが、オートガイド機能も内蔵しており、出力をそのままAdvanced-GTのオードガイダー入力に入れられます。

径が31.7mmサイズなので、OAG9との接続はM42メス-31.7接眼スリーブをビクセンのフリップミラーについていたものを流用しました。

ガイドソフトはPHG guidingです。

さすが、高感度。どこに向けても必ずなんらかの星が入っています。いったい何等星まで見えているんでしょうか・・・。

 

 

全景はこんな感じです。

ガイド鏡がなくなってずいぶんと軽量化できました。

 

 

さて、テストもうまくいって、ワクワクしながらさっそく撮影開始。めっちゃ寒い夜(30日夜)でしたが、へっちゃらです。

バンバンとりまくるぞー!!

 

 

しかし、

先日からトラブっている赤緯方向の動きがまだ不調です。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

どうやら、ゆっくりしたモーター速度だと赤緯方向が動いていないようです。

先日ギアの調整をしたばかりなのですが、ちっとも直っていません。帰ってまた調整です。

それでもなんとか120秒くらいのSSを8枚くらい撮った中の比較的流れの少ない2枚で、M42オリオン大星雲です。
あっ、南北逆でした・・・。


2011.12.30 23:28~  120sec.×2枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Kenko SE200N CR Celestron Advanced-GT OAG9+Lodestar+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

 

 

オフアキシスガイダーは使えることがわかりましたが、赤道儀をなんとか修理しなければ、話になりませんね。

 

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村