Advanced-GTの不調

 

 

関東地方はここのところ夜は快晴、おまけに新月期ということもあり、絶好の撮影日和です。

自宅ベランダやホームグラウンドの利根川ゆうゆう公園に出かけています。

 

Advanced-GT赤道儀でアライメントした後、2、3個の星でキャリブレーションをやります。

その後バーティノフマスクでピント合わせをするために、明るい恒星、今ではシリウスあたりを導入します。

ところが、ちゃんとアライメンもキャリブレーションもしたのに、シリウスがど真ん中にきません。ちょっとズレて導入されます。

おかしいなぁ・・。

追加でキャリブレーションを行い、また何かの星を導入しますが、やっぱりズレています。

やっぱりおかしい。

なんどやっても同じです。ど真ん中に導入されません。

 

仕方ないのでそのまま撮影開始。

 

PHD guidingでガイド開始。オートガイドのキャリブレーションが始まります。RA方向は難なく終了、しかしDEC方向が微動だにしません。

そのうちPHD guidingが「DECモーターはガイドに使いません! 」と警告してキャリブレーションが強制終了されます。

つまり、オートガイドでDECモーターを動かしているんだけれど、赤道儀が動かないのです。

モーターに耳を近づけるとカチャッ・・・カチャッとモーターを動かそうとしている音がしています。

PHD guidingの設定をあれこれいじってみましたが、全く改善されません。

 

そこで、ギア調整を行いました。

写真は赤緯モーターで、Aにモーターが直結されています。Aが回ってBを回します。

どうやら、AとBの間のアソビが大きいようです。

Aのギアの周りの3つのボルトを緩めてAのギアをBのギアに近づけます。

 

ところが、

 

黄色の矢印のボルトの頭がナメてしまっているじゃありませんか!!

えー!   Σ(゚Д゚;エーッ!

 

これが中華クオリティというものか・・・。orz

これではまったくボルトが回りませんし、ギアの間隔の調整もできません。

さて、どうしたものか・・・。万事休す。

 

 

もうどうにでもなれ!!

他のボルトを緩めたまま、思い切ってハンマーで叩いてやりました。

よい子のみんなは真似しないように。

 

これで一応、アソビは少なくなりました。あまりガチガチに接触させると今度はギアが回りません。ほどほどに。

 

明日の夜また天気がよければ、ちゃんと動くか試してみます。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村