バーティノフマスクの作成

 

 

SE200N用のバーティノフマスクを作成しました。

 

いままでの主鏡ED102SではOHPシートでバーティノフマスクを作成しました。

OHPを使うと作成は印刷するだけと大変お手軽なんですが、結露がすごいんです。ヽ〔゚Д゚〕丿

結局、最近はKendrickから直接輸入した既製品を使っていました。

既製品は結構高価なので、SE200Nには手作りのマスクを作成です。

 

 

いっこうさんのように書類ファイルの表紙を使う手もありますが、プラスチックの板をカッターでくり抜くのが想像以上に大変な労力が必要なのです。

 

 

なわけで、私は安直に厚紙をカッターでくり抜きました。(;^ω^)

あとはこれをどうやって筒先に固定するか・・・。

 

いっこうさんのように100均一のゴミ箱をつかってキャップ方式もいいかも。でもちょっと嵩張るかな・・。

それとも輪ゴムを付けて、斜鏡調節ネジに引っかけるか・・・。シンプルでいいけど、ちょっとかっこ悪い。

!

!

閃きました! (`・ω・´)シャキーン

 

 

ここに置くだけでいいんじゃね?

 

 

普段はキャップの中に内蔵。実にシンプル。嵩張らない。

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

バーティノフマスクの作成」への8件のフィードバック

  1. おはようございます。
    一番悩むのは設置の方法なので、置くだけというのは画期的で「コロンブスの卵」的な発想ですね。以前にバーティノフマスクを作ろうと思った時は、マスクに耳を付けておいて洗濯ハサミで固定しようと思ってました。

  2.  おや? 穴の数が少ない! 私が挫折したやつはもっと多かったぞ! 焦点距離の差?  このくらいなら書類ファイルで作れそうだ。 それに細い光条がでそうだ。私も設定変えてやりなおそうかなぁ。設定はデフォルト?
     穴がでかいと、明るいからあっと言う間に撮れていいんだけど、光条が太いんだよね。

     ここにもSE200でバーティノフマスク作ってる人発見。
    http://maruja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c159.html
     ちゃんと書類ファイル切り抜いてる! さらに木枠作ってる。すげー。 この人も我々同様いろいろ四苦八苦していて楽しい。

    • そうそう、穴開けが大変なので、穴の数は減らしました。(;^ω^)
      Horizontal slot countとAngled slot countの設定値10を5にすればOK。

      >ここにもSE200でバーティノフマスク作ってる人発見。
      この方のブログは私も注目してます。謎の光条がどうなるのか・・・。

  3. バーチノフ祭りの会場はここですか?
    ちょっとお邪魔しますよ・・・
    これも凄い、コロンブスの卵。 そんなに下の星は使わないでしょうから、乗せるだけでいいですよね。
    耐水ペーパーで作るっていう方法もありますね。

    • 耐水ペーパーいいですね。厚紙タイプを探さないと。
      それとも薄いプラスチック板を探したほうが早いかな。
      とりあえず、防水スプレーでもぶっかけときますかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中