SE200N導入!!

 

 

ふたご座流星群の極大日の夜は夜勤だったので、流星の写真は撮影できず・・・。orz

 

夜勤明けでヘトヘトになって疲れて帰宅してみると、

荷物到着してました。もしや・・。

 

 

あー、そこのお嬢さん。どいて下さい。邪魔です。

20111216-000004.jpg

 

 

梱包を開けると・・・、

出ました!

Kenko Sky Explorer SE200N CRです。アマゾンで約27,000円。安い。満月期にポチりました。

20111216-000021.jpg

 

 

今回購入したのは鏡筒のみです。

20111216-000038.jpg

 

 

ファインダー脚に巻き付けられているのはなんとファインダーのOリング・・・。(;^ω^)

20111216-000051.jpg

接眼部はクレイフォード式です。

31.7mm接眼アダプターと50.8mm接眼アダプターが付属。

31.7mm接眼アダプターにはM42/P=0.75のネジがきってあり、Tマウントを取り付けられます。

20111216-000110.jpg

 

 

ブログなどの記事によると、筒がグニャグニャだのペラペラだの中華クオリティだの書いてありますが、意外としっかりしています。

ん? なんか変だ。

ファインダーの向きが逆ですね。(;^ω^)

この他、プローセル25mmと10mmの接眼レンズ。鏡筒バンドにピギーバックブラケット(自由雲台を取り付けるところ)がついています。

20111216-000124.jpg

夜になって、さっそくファーストライト。

Advanced-GT赤道儀に載せてアライメント。

M42オリオン大星雲を導入。 おー! 見えた見えた。シャープです。

撮影はTリングがないので、また次回。

光軸調整をするのに、調整用アイピースが必要なんだそうな。

レーザーコリメータがあれば便利だとか。。

バーディノフマスクもでっかいのが必要ですね。あと、コマコレクタは手配済み。

SE200Nでググると、改造やら補強がたくさん出てきます。

印象ではあまり改造や補強はしなくてもよさそうです。事実、有名なぴんたんさんなどは無改造らしいです。

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村