宇宙科学の実験学習2回目&M46(NGC2437)とNGC2438とも座の散開星団

大学の授業「宇宙科学の実験学習」の2回目。

望遠鏡の口径が大きい方がよいのは、集める光の量が大きいだけでなく、分解能が増すからです。小さな口径の望遠鏡ほど、ボケて解像力がありません。これは光が波であることによります。

んで、今回は波の干渉を観察しました。(ヤングの実験)

レーザー光をスリットに通して壁に投影し、できた干渉縞の波長を測定することによって、実に簡単に光の波長を計算できます。

すごい。nm(ナノメートル)単位のものが物差し程度のもので測定できたのは驚きでした。

続いて、系外惑星を発見する方法。トランジット法を実験。

ピンポン球にペンライトを入れた恒星の前を、惑星に見立てた編み物棒が通過する時の光量の変化を調べました。

光の量は2枚の偏光板の重ね合わせた角度で測定しました。

続いて、恒星の光が距離の2乗に反比例して暗くなるのを確かめる実験。

これは人間の目ではよくわかんなかった・・。(;・∀・)

お次は、CD・DVDを使った分光器の作成。これは面白かった。

天文学にとって分光は非常に重要な技術です。星の距離、存在する物質や系列、速度など様々なことが分光から判ります。

この箱の中に焼きに失敗したDVDが入っています。

向こう側にスリットが入っていて、対象となる光を入れてのぞき窓からのぞくと、

 

こんなに綺麗に分光されて、スペクトルが見えます。これは蛍光灯のスペクトル。

 

きれいだ。太陽光も見ましたがパターンが全く違いました。

その他、アルゴン、水銀、ネオン、窒素、酸素、水素などなど、様々な光源を分光してみました。

おなじみ、水素のHαの見事な赤色も肉眼で見ましたよ!!

 

あとは、月の写真から月の山の標高を調べる方法もやりました。

実に簡単な方法で計算できます。もの差しがあればOK。

 

本日の観望会は、あいにくの薄曇りの中、月と木星だけ観察しました。

 

宇宙科学の実験学習はこれで終了。

宇宙に関する原理や測定方法など、身近にあるもので簡単に実験できるのは驚きでした。

本当に楽しくて勉強になった授業でした。

 

さて、本題のとも座にある散開星団M46です。

やっぱり散開星団はつまらんのう。。と画像処理をしながら考えていましたが、星団の中になにやら天体が。

これはゴミ?

いっこう氏のブログを確認してみると、このシミのようなのはNGC2438惑星状星雲でした。

へー。

 

2011.10.27 02:08~  60sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園


中心部拡大

真ん中へんにある丸いのがNGC2438。

 

 

 

 

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M50(NGC2323)いっかくじゅう座の散開星団

10/27のストックです。そろそろストックもゴミかすみたいなのしか残ってません。

ゴミかすなんて言ったら、散開星団さんに失礼ですね。せめて地味という表現にしておきます。

さて、その地味な散開星団M50です。

Wikipedia で調べてみたら、発見者はあのカッシーニさんでした。

カッシーニさん、すごい発見をたくさんしているんですね。

カッシーニの間隙はもちろん、木星の大赤飯じゃなった大赤斑。土星の衛星の食を利用して、初めて地球の経度の測量をしたとか。

もともと占星術に興味があって、占星術から天体に興味を持ち、後に天文学的な発見をたくさんしつつ、占星術を公然と批判したらしいです。かっこいい。

2011.10.27 02:01~  60sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

iMac(Mid 2007)HDD交換

写真撮影を頻繁にやるようになって、画像ファイルが溜まり、iMacのハードディスクが手狭になってきました。
また、Vmwareの中でWindowsXPを動かして、ステラナビゲータやDeepSkyStackerを起動していました。仮想だとやはり動作が遅くて効率が悪いです。

HDDを増量して、BootCampでWindows7をネイティブで動かせば、Core2Duoとはいえ、Vmwareよりは速く動いてくれるだろうと思います。

ただ、iMacでHDDを交換するのは、非常にハードルが高いのです。筐体にはねじ穴ひとつすらありません。

Webなどの情報を参考に、HDDを交換してみました。

まずは、液晶のカバーパネルを外します。

なんと吸盤で吸いつけてまっすぐ引っ張ります。磁石で本体と接着しているからです。

ちなみに、このパネル、ガラスだとずっと思っていたら違いました。清掃の時は気をつけなきゃ。

20111104-164236.jpg

 

 

すると、T-8トルクスねじが現れるので、すべて外します。

 

20111104-164252.jpg

 

さらに外側の枠を外すと液晶パネルが取り外せるようになります。
このネジも全て外して、

20111104-164314.jpg

 

ようやく、中身が見えてきました。中央付近にあるのがHDD。

これを交換して、さっきとは逆に組み立てて終了。

20111104-164329.jpg

 

 

広大な空間が手に入りました!

気持ちいい!

さて、今回交換した新しいHDDは、Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX

 

という、今一番売れ筋のHDDでした。Amazonで¥5,470でした。10/10に購入していたものです。

10月初旬からタイの洪水でWestern Digital社やSeagate TechnologyなどHDDの主要工場が被害に遭い、

世界全体のHDDが品不足になり、このHDDも急騰し11/5現在¥16,000を超えています。

個人的には、ああ安い時に買っておいてよかったとは思いますが、

3倍にも価格が跳ね上がってしまうような、とんでもない異常事態が起きているんだなと感じます。

 

 

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

青い雪だるま星雲(NGC7662)?

先日、いっこうさんが青い雪だるま星雲の写真を記事にしていたのを読んで、

あれ? これはお蔵入り写真に似たようなのがあるぞ。と思い出しました。

エスキモー星雲を撮影したつもりだったのですが、エスキモーの人など見あたらないので、お蔵入りしたものです。
いっこうさんの写真とよく似ているので、青い雪だるま星雲だったのかも知れません。

ステラナビゲータで星図に自動マッピングしたら確かめられるのでしょうが、私の環境ではメモリ不足と警告されて、

実行出来ません。orz

なので、いっこうさん検証をおながいします。

2011.10.27 00:24~  300sec.×2枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

5枚撮影しましたが、盛大に流れていたので、まともなほう2枚をコンポジットしています。

拡大はこちら。

(2010.11.5追記)

いっこうさんに確かめていただきました。

エスキモー星雲でした。
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

うさぎ座球状星団M79(NGC1904)

10/27日に撮影したストックを小出しにしてもったいぶって記事にしていきます。(^ν^)

かたくちいわしさんとモロかぶってしまいました。20cm反射と10cm屈折の見比べになると思います。

私のはもちろん10cm屈折。

かたくちいわしさんの写真ではしっかりと星が分かれています。

シーイングのせいもあるでしょうが、この写真だと中心部ははっきりしません。(クリックして拡大してみてください。)

2011.10.27 02:27~  60sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

10センチの限界見えたり。

 

 


下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

宇宙科学の実験学習

宇宙科学の実験学習の授業。第一日目。
内容は、太陽黒点観測に始まり、望遠鏡・顕微鏡のしくみ、望遠鏡作り、光の分光実験、天体観望などなど。
非常に楽しみにしていた面接授業です。

日が窓から差しているうちに、太陽黒点の観測。
望遠鏡は講師の私物で、珍しいタカハシのグレゴリアン式望遠鏡。口径は15cm。
20111101-075611.jpg

おなじみ、星の手帖社組立天体望遠鏡を作る。レンズはちゃんとガラスのアクロマートでしたよ。

4人一組で作製なので、作っても持って帰れない。orz
20111101-115827.jpg

望遠鏡の原理では虫眼鏡とルーペで望遠鏡を作製。

課題レポートでは焦点距離や倍率、分解能などを計算して提出。
20111101-115910.jpg

日が落ちたら、屋上で観望。自作の望遠鏡でガリレオ衛星、月のクレータ、アルビレオなどを観測。
意外とガリレオ衛星はよく見えた。恐るべし組み立て天体望遠鏡。アルビレオは厳しいですな。
グレゴリアン式の他に、講師が自作したドブソニアンも登場。
20111101-115849.jpg

大勢の観望会?は、賑やかでめっちゃ楽しかった。来週の第2日目が待ち遠しい。

ただ、世田谷の空はやっぱりあまり星が見えなかった・・。
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村