メモ: 星座絵を写真に重ねる方法

 

 

星座絵を写真に重ねる方法のメモです。
Photoshop素人なので、やり方があってるかどうかは保証しません。
 

まずは写真を用意。しし座が写っています。

 

星座絵をAtlas coelestis (1826)のページでもらってきます。

http://www.stub.unibe.ch/maps/koenig/coelestis.html

星座別にリストがあるので、確認します。

しし座は17番のようです。17、憶えておきます。φ(`д´)メモメモ…

ここの一番左のこぐまの絵をクリックします。

するとブラウザの背景が白いと、なにも表示されないように見えますが、実は画像が表示されています。

白の線画でその他は透明になっているので、なにも表示されていないように見えるだけです。

ブラウザのURLの02のところを先ほど確認した番号 17 に変更して確定。

するとまた何も表示されないように見えますが、しし座の画像が白で表示されています。

んで、その何も見えない画像をクリックして保存します。

 

元の写真をPhotoshopで開いておきます。

そして、さきほど保存したしし座の星座絵画像ファイルをPhotoshopで開き、

[イメージ]— [モード]—  [RGB カラー]に変更しておきます。

 

レイヤーを複製します。

 

レイヤーの複製先を

元の写真画像にします。

元の写真に戻ると、レイヤーとして表示されました。

レイヤーの不透明度、塗りはお好みで調整してください。私は不透明度30%、塗り80%くらいにしています。

 

あとは、星座絵のレイヤーを選択し、元の写真の星にあわせて、星座絵を縮小・拡大、回転をします。

レイヤーの縮小・拡大、回転は、

[編集]— [変形]—  [拡大・縮小]

です。

位置が決まって、できあがり!!

しし座の下のほうは追加の星座絵を入れてもよいでしょう。

 

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

メモ: 星座絵を写真に重ねる方法」への7件のフィードバック

  1. おはようございます。

    星座の絵はどこからもってくるのかなあと思っていたのですが、よく分かりました。
    ありがとうございます。

    星空を少し見ていないうちに、火星がどんどん移動しているのに気付きました。
    このあいだ見たときは、レグルスの右側にいましたよ。

    • 主な星座のとなりとか端っこの方にザコ星座も描いてあるので、それを使うしかないですかね。

      あと、絵をつなげるのが面倒くさいです。手書きなので、きちっと重なりません。

  2. すばらしい!
    ステラナビも星座絵を透明GIFで保存できるようにすればいいのに。簡単に出来そうだぞ!
    あっ、画像を保存して背景を消せばいいのか。
    わたしも画伯として星座絵を描いてレイヤーで世界中の人に提供しようかな(笑
    アイロン座とか、オリジナルの星座。とりあえず、全天の星座の整理をしなきゃ。
    うお座とか、おひつじ座、やぎ座は仕分けの対象やね。

    ビクセンのガイド鏡、落札できず(T T)

    • いま考えましたが、ステラナビゲーターの星座絵を表示して(恒星の表示はなるべく明るいものだけにしておく)ファイルに落として、レイヤーの合成方法を比較明とかにすれば、透明gifじゃなくてもいけるのでは?やってみてちょ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中