有人宇宙飛行の人間工学

 

 

「有人宇宙飛行の人間工学」の授業で、茗荷谷の筑波大学へ。

ここ、この秋建て替えられたばかりで、すんごい綺麗!! かっこいい!! 前のオンボロ校舎とはえらい違い。

20111113-222423.jpg

講師はJAXAの山口孝夫氏。あの国際宇宙ステーション「きぼう」の設計をしてきた方で、きぼうが完成した現在は、

日本人宇宙飛行士の訓練担当をしていらっしゃるそうです。

当然ですが、宇宙飛行士の名前を呼ぶときも「若田が、、野口が、、」と、呼び捨てでした。

講義の内容は、タイトルどおり、有人宇宙飛行での人間工学を学びました。

宇宙という特殊な環境での人間工学設計は地上での常識が通じないし制約も多いです。

でも面白そう!

役に立たない豆知識

1. 宇宙飛行士は宇宙で生活していると足の裏の皮がボロボロにむけてしまい、赤ちゃんの肌のようになるんだそうです。

2. 宇宙では肩がこらない。

3. 宇宙船での睡眠ではいびきをかかない。

知ってました?

 

課題では、「宇宙船にあったらいいなと思うもの」を書きなさい。でした。

いいものがあったら、実際に宇宙船で採用します。というので、俄然やる気になりました。

講義の中で見たビデオでは、若田宇宙飛行士が宇宙船にはシャワーがなく、ウェットティシューで体を拭いていました。

そこで私は、「お風呂」を考えましたが、採用されませんでした。

あたりまえか・・。(;´∀`)

巨大なお湯の玉など、物理法則に反していますね。。

 

20111113-222502.jpg

20111113-223725.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

有人宇宙飛行の人間工学」への6件のフィードバック

  1. おはようございます。

    豆知識は勉強になりました。
    象の足の裏もつるつるになるのかなあ?

    お風呂システムに座布団3枚!
    これ、いいなあ。
    今は無理でも、将来はひょっとして。

    • 象を無重力下に置いたらいったいどうなるんでしょうかね。
      いったん動き出した象を止めるのが困難かもしれません。
      足の裏がなぜつるつるになるのか原因不明なんだそうです。

      お湯玉のお風呂入ってみたいですねー。

  2.  なんだかすごく授業っぽくっていいですね。あっ、授業か。
     何年かあと、実用化されて、「実はこのシステムは……」なんて、名前がでてきたらかっこいいですね。すごすぎます。
     いろんな常識が通用しない無重力の世界。いろいろ考えると楽しそうですね。そんなことを考えながら、昨日はテレビで「猿の惑星」を見ました。

    • こういう、発想を試される課題は大歓迎です。ワクワクします。
      NASAでは火星への有人宇宙飛行を真剣に考えていて、今回の課題も、500日の宇宙旅行中に必要なものを考えてくださいと言ってました。

      他の生徒はコーヒーメーカーやら、造花、重力生成装置などを考えてましたね。

  3. これは前回の実験に続いて面白そうですね。
    そちらではこういった講座がいっぱいあるのでしょうね。いいなぁ~
    トリビアの泉がまだやっていたら、投稿したいくらいのマメ知識ですよ。
    しかも足がツルツルになる理由は、わかっていないなんて。

    せめてシャワーだけでも浴びたいですよね。 おしっこも飲めるように濾過できるのなら、シャワーの水も洗濯水でも濾過できるはず。
    最初にタンクとその水を持っていくのが大変そうですが。
    何百日もお風呂に入れなかったら、私は発狂するかも。

    • そういえば、宇宙ステーションには洗濯機もないそうです。
      下着なんかは3日くらいで履き替えて使い捨てて、輸送船に乗せて大気圏突入の時に燃やしてしまうそうです。きれいな流星だなぁ・・・と眺めていると、もしかしたらそれは宇宙飛行士のパンツかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中