宇宙科学の実験学習2回目&M46(NGC2437)とNGC2438とも座の散開星団

大学の授業「宇宙科学の実験学習」の2回目。

望遠鏡の口径が大きい方がよいのは、集める光の量が大きいだけでなく、分解能が増すからです。小さな口径の望遠鏡ほど、ボケて解像力がありません。これは光が波であることによります。

んで、今回は波の干渉を観察しました。(ヤングの実験)

レーザー光をスリットに通して壁に投影し、できた干渉縞の波長を測定することによって、実に簡単に光の波長を計算できます。

すごい。nm(ナノメートル)単位のものが物差し程度のもので測定できたのは驚きでした。

続いて、系外惑星を発見する方法。トランジット法を実験。

ピンポン球にペンライトを入れた恒星の前を、惑星に見立てた編み物棒が通過する時の光量の変化を調べました。

光の量は2枚の偏光板の重ね合わせた角度で測定しました。

続いて、恒星の光が距離の2乗に反比例して暗くなるのを確かめる実験。

これは人間の目ではよくわかんなかった・・。(;・∀・)

お次は、CD・DVDを使った分光器の作成。これは面白かった。

天文学にとって分光は非常に重要な技術です。星の距離、存在する物質や系列、速度など様々なことが分光から判ります。

この箱の中に焼きに失敗したDVDが入っています。

向こう側にスリットが入っていて、対象となる光を入れてのぞき窓からのぞくと、

 

こんなに綺麗に分光されて、スペクトルが見えます。これは蛍光灯のスペクトル。

 

きれいだ。太陽光も見ましたがパターンが全く違いました。

その他、アルゴン、水銀、ネオン、窒素、酸素、水素などなど、様々な光源を分光してみました。

おなじみ、水素のHαの見事な赤色も肉眼で見ましたよ!!

 

あとは、月の写真から月の山の標高を調べる方法もやりました。

実に簡単な方法で計算できます。もの差しがあればOK。

 

本日の観望会は、あいにくの薄曇りの中、月と木星だけ観察しました。

 

宇宙科学の実験学習はこれで終了。

宇宙に関する原理や測定方法など、身近にあるもので簡単に実験できるのは驚きでした。

本当に楽しくて勉強になった授業でした。

 

さて、本題のとも座にある散開星団M46です。

やっぱり散開星団はつまらんのう。。と画像処理をしながら考えていましたが、星団の中になにやら天体が。

これはゴミ?

いっこう氏のブログを確認してみると、このシミのようなのはNGC2438惑星状星雲でした。

へー。

 

2011.10.27 02:08~  60sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園


中心部拡大

真ん中へんにある丸いのがNGC2438。

 

 

 

 

 

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村