iMac(Mid 2007)HDD交換

写真撮影を頻繁にやるようになって、画像ファイルが溜まり、iMacのハードディスクが手狭になってきました。
また、Vmwareの中でWindowsXPを動かして、ステラナビゲータやDeepSkyStackerを起動していました。仮想だとやはり動作が遅くて効率が悪いです。

HDDを増量して、BootCampでWindows7をネイティブで動かせば、Core2Duoとはいえ、Vmwareよりは速く動いてくれるだろうと思います。

ただ、iMacでHDDを交換するのは、非常にハードルが高いのです。筐体にはねじ穴ひとつすらありません。

Webなどの情報を参考に、HDDを交換してみました。

まずは、液晶のカバーパネルを外します。

なんと吸盤で吸いつけてまっすぐ引っ張ります。磁石で本体と接着しているからです。

ちなみに、このパネル、ガラスだとずっと思っていたら違いました。清掃の時は気をつけなきゃ。

20111104-164236.jpg

 

 

すると、T-8トルクスねじが現れるので、すべて外します。

 

20111104-164252.jpg

 

さらに外側の枠を外すと液晶パネルが取り外せるようになります。
このネジも全て外して、

20111104-164314.jpg

 

ようやく、中身が見えてきました。中央付近にあるのがHDD。

これを交換して、さっきとは逆に組み立てて終了。

20111104-164329.jpg

 

 

広大な空間が手に入りました!

気持ちいい!

さて、今回交換した新しいHDDは、Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX

 

という、今一番売れ筋のHDDでした。Amazonで¥5,470でした。10/10に購入していたものです。

10月初旬からタイの洪水でWestern Digital社やSeagate TechnologyなどHDDの主要工場が被害に遭い、

世界全体のHDDが品不足になり、このHDDも急騰し11/5現在¥16,000を超えています。

個人的には、ああ安い時に買っておいてよかったとは思いますが、

3倍にも価格が跳ね上がってしまうような、とんでもない異常事態が起きているんだなと感じます。

 

 

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村