うさぎ座球状星団M79(NGC1904)

10/27日に撮影したストックを小出しにしてもったいぶって記事にしていきます。(^ν^)

かたくちいわしさんとモロかぶってしまいました。20cm反射と10cm屈折の見比べになると思います。

私のはもちろん10cm屈折。

かたくちいわしさんの写真ではしっかりと星が分かれています。

シーイングのせいもあるでしょうが、この写真だと中心部ははっきりしません。(クリックして拡大してみてください。)

2011.10.27 02:27~  60sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO1600 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 我孫子市利根川ゆうゆう公園

10センチの限界見えたり。

 

 


下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

うさぎ座球状星団M79(NGC1904)」への6件のフィードバック

  1.  いやいや、しっかり写ってまっせ。私の8cm屈折では失敗作・リベンジ天体でした。
    http://iko.cocolog-nifty.com/iko/2011/04/79-eb9a.html

     さとうさんの125mmライトシュミット式反射ではこんなに分離!
    http://darknebula.littlestar.jp/WordPress/?p=4690

     中心部の飽和はステライメージのデジタル現像で解決。あと、熱ノイズはダーク減産で解決。周辺減光はモノクロ化した元画像のコピーの明るい部分をスタンプで消してガウスぼかしをかけたものを差の絶対値50%透過くらいでレイヤー合成で解決。
    と、書くのは簡単なんだけどね。飽和については以前さとうさんが解説してくれていたような気がする。まぁ、試行錯誤してみてくれ。それが上達への早道だよ。

    • いっこうさんありがとうございます。
      うちのマックではステライメクラじゃなかった、ステライメージはまともに動かない。ガウスぼかしがどうのこうのはなんか意味がよくわからない。(゚Д゚) いろいろやってみます。

  2. おお、ゆうしゃ まるこう よ!
    つつのせいで あきらめるとは なさけない。
    もう いちど きかいを あたえよう!
    たたかいで キズついたときは まちにもどり てんもんしょっぷに とまって キズをかいふくさせるのだぞ。
    つぎのレベルになるには あと ○○ポイントの けいけんが ひつようじゃ。
    では ゆけ! まるこう よ!

    • ゆうしゃ まるこうは てんもんしょっぷで ももんがのふん さとうのきりもち いわしのあたま とらのめがほん を てにいれた。
      さつえいのけいけんち 126 ポイント を てにいれた。

  3. こんにちは。
    球状星団の撮影時は小さいので、焦点距離を稼いだ方がいいです。
    レデューサを外してF9.0のままで撮影すると、もっと大きく写ると思います。周辺像は多少は荒れるかもしれませんけど、どうせ球状星団は小さいので関係ないですからね。

    • なるほどー。目から鱗です。
      レデューサを外すというのは気がつかなかった−。
      気持ち悪いくらいのツブツブの球状星団撮影したいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中