オートガイドちょっと改善

前回、オートガイドで撮影しても、流れてしまって、精度良くガイドしてないことが露呈してしまいました。
PHDguidingのガイド中のグラフを確認。(グラフの画面をキャブチャしたつもりだったのに、全然撮れてなかった。orz これだから、Windowsは・・・)

すると、グラフのDEC側がすごく暴れています。RA側はビシッと中央付近をキープしていて良い感じ。うむうむ。
PHDguidingの脳みそアイコンのDECに関する設定をいろいろといじくっては、グラフを確認。
なんとか、暴れなくなってきたので、試しに撮影を強行してみました。でもまだRAに比べて大きく振動しているレベルです。

対象はM42オリオン大星雲。

↑2011.10.21 再処理


2011.9.30 1:44~1:53  180sec.×4枚 EOS kiss Digital X(改) ISO800 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

IC434馬頭星雲

2011.9.30 2:04~2:16  180sec.×5枚 EOS kiss Digital X(改) ISO800 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding
DeepSkyStacker Photoshop で調整 印西市自宅ベランダ

微妙に流れているが、まぁ、前回よりは数段マシ。よかったよかった。なんとかメドがついた。
光害地のそれも東京方面のさらにひどい光害の南天でこれだけ撮影できればヨシとしましょう。

それより、画像処理がよくわからない。。難しい。これが一番時間がかかるかも。orz

 

下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

オートガイドちょっと改善」への8件のフィードバック

  1. おはようございます。
    いい感じで撮れていますね。自分の場合、最初は全く追尾してくれなかったので(笑)、何から手をつけたらいいのか途方にくれた事をよく憶えています。
    DEC側だけ暴れるというのはモーターの取り付けが微妙に悪いのか、そんな機械的な問題でしょうか。スムーズに動いていれば問題ないんですけどねぇ…。

    • さとうさんどうもです。

      やっぱり、モーターに手を付けますか−。そう言えば、コントローラーで操作している時も、どっちかのモーターの反応がちょっと鈍いのです。もう片方のモーターは操作ボタンを押すと瞬時に反応して動くのに、もう一方はワンテンポ遅れます。

  2. こんにちは。
    ここまで来ると、夢が大きく膨らみますね。
    でも画像処理は泥沼の世界かも?
    オートガイドはゴールが明確ですよね。
    でも画像処理は、ゴールが曖昧になりやすいので、紆余曲折の末に元に戻ってしまったりします。
    まず、どこをどういうふうにしたいのかを明確にすることをお勧めします。
    そうすれば手段が見えてきて、後はその積み重ねです。
    なんて偉そうなことを言っていますが、私自信へのコメントだと思って下さい。

    • やまねももんがさんどうもです。

      そうですね。ただ闇雲に画像をいじってみてもどツボにハマり収拾がつかなくなりますもんね。目標を決めてコツコツとやっていこうかなと思います。

      やまねももんがさんのブログなども参考に頑張ります!

  3.  この改善は“ちょっと”なのか? 基本的に実用レベルの気がする…… すごい! すごいやん!
    あこがれの馬頭星雲ですよ。 まだまだ先は長くてゴールは見えないけど、少なくともこれは、そう、わたしたちの憧れていた『天体写真』ですよ。感動。 私の場合、最初に馬頭星雲が撮れたとき(それもこんなにちゃんとは撮れていない。画像処理でなんとか強引に浮き立たせた)は、下の階のラーメン屋から苦情がこないか心配するほど小躍りしたのに、まるこう氏は案外クールやね。まわりのみなさんのすごい写真を目の当たりにしてるからかね。
     画像処理だけど、私は仕事でPhotoshopを使っているので、その知識をフル動員しつつ、ネットでいろいろ情報を得ながら四苦八苦しています。試行錯誤の連続です。ほんまかさんのブログのなかのデジタル星野写真入門は基本的なことがいろいろきちんと解説されているので勉強になります。以前観覧車とオリオン座の写真の『画像処理によるデジタルディフュージョンフィルター』の星マスクという考え方も、ほんまかさんのブログで学びました。
     あと、やまねももんがさんがRAW現像やノイズ除去について教えてくれたり、かたくちいわしさんがDSSについて教えてくれたり、あっ、かたくちさんはコピーのレイヤーの処理について比較明以外だとどうなるかという名作もありました。ともかく、いろいろやってみることやね。やまねももんがさんのいうとおり、ゴールはないからね。
     って、ちょっと感動して、いっぱいコメントしてもうた。さぁ、仕事、仕事。

    • いやいや、とりたてのピンクの写真の向こうにうっすらと馬頭星雲が見えた時は、めっちゃ興奮しましたよ。
      冷静に見えるのは完徹で格闘してましたので、朦朧状態でブログを書いてるせいだとおもいます。

      先輩方皆さんのアドバイスのおかげで、曲がりなりにもなんとか撮影できるまでになりました。これからもどうぞよろしくお願いします。

  4. こんにちは。
    おおー。 これはちょっとどころかかなりの改善。

    載せる機材を撮影時と全く一緒の状態にして、両軸フリークランプで天球上のどこに鏡筒を向けてもピタッと止まるようにバランスを取ってみてください。 並列同架式は撮影鏡とガイド鏡の重量が左右でとても違うので、このあたりの調整がとても難しいです。
    私のA-GTもRA側に比べたら、DEC側の反応は遅いし動きも鈍いです。  特にバランスが狂っているとそれが顕著になります。 「南側にはスムーズに動くけど、北には動かない」等の原因になります。

    あとはガイドソフトの設定を色々変えてみてテストしてください。  PHDguidingについては私は使った事がないので、さとうさんがお詳しいと思います。

    ガイドカメラの取付け方向は、ガイドソフトの十字線通り東西南北は合うように付けてますよね?

    最初はガイドソフトの設定でピタリと止まるように調整して、もしどーしてもダメな場合はモーターやギヤ等の機械部分に手をつけましょう。

    もう完全に見えてきましたね。  ガイドがピタリと止まれば、淡い星雲もクッキリ出るので、処理も全然やり易くなると思います。  しかし凄い上達っぷり。 ついこの前はじめたばかりでは。。。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

    • なるほど、バランスは最近おろそかにしてましたのでチェックしてみます。
      そう言えば、最初さとうさん推薦のNGC253を撮影していたのですが、その時は、DECのブレはあまり大きくなくて、ニンマリしてたのです。ところが、登ってきたばかりのオリオン星雲に鏡筒を向けると途端にDECが暴れだしました。バランスが大きく崩れたのかなとおもいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中