実践オートガイド

先日、オートガイドの動作が確認できました。あとは実際に撮影に使用してみて、その威力を確かめることにします。

で、今夜もベランダで撮影。

最初はM77と決めていた(というか、今の季節他にめぼしい撮影対象がない)ので、早速撮影開始。
6分露出を4枚パソコンにセットし、スタート。
自室でネットサーフィンなどをして待つこと25分。
うまく撮れたかなぁ。。。気になって、メモリーカードを取り外し、自室のパソコンで表示してみます。
な、なんだこれ!! まったく写っていない。
よく調べるとカメラの露出がなんと8秒になっているではないですか!
さっそく頭がボケています。

露出時間をバルブにして仕切り直し。その間、オートガイドは順調順調。黙々とガイドしてくれています。

ところが、M77は屋根に隠れてしまいました。。。Orz
なんてこったい。

しょうがないので、撮影対象を変更。
M42オリオン大星雲にしました。

ISO1600 6分×5枚で撮影開始。オートガイドもばっちり。撮影終了までノートラブル!! いいねいいね。
できたてホヤホヤの写真を確かめると・・・・。ばっちり、、流れている・・。orz

なんでだろう? これがかたくちいわしさんの言っていた、

一つ脅しちゃうと、ガイドソフト上で止まってもカメラのCMOS上で止まって写るか? という問題もあります(汗)
訳の分らない事を言っているようですが、撮ればわかります。  お楽しみに・・・

これだ!! 撮ってみたらわかりました。でも原因がさっぱりわかりません。。
露出を3分くらいにしてもこのとおり、、、

なんのためのオートガイドなんだ!! これは困りました・・。

2011.9.28 1:55~1:58  180sec.×1枚 EOS kiss Digital X(改) ISO800 LPS-P2 FF
Vixen ED102S レデューサ F9.0→6.3 Celestron Advanced-GT 誠報社 GS-60S(F420mm)+Qcam Pro 9000+PHDguiding

 
下のバナーをクリックしていただくと、はげみになります。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村