大仏様ぐるぐる

中秋の名月。月が輝いています。

たぶん、天体写真ブログ村の皆さんは満月の写真を記事にするに違いないでしょう。
同じ月で勝負(しているわけではないが)しても、初心者の私には勝ち目はないのは今日の月の輝きよりも明らか。
試しに300mmの望遠レンズで月を撮影してみたら、なんか、のっぺりした平面的な月になってしまいました。

さて、また懲りもせずぐるぐる写真です。

自宅から20キロくらい離れたところに「牛久大仏」というのがあります。高さ120メートル。なんでも世界最大の仏像なんだそうな。ギネスブックにも載っているらしい。
んで、ギネスブックのWebサイトで検索してみたら、なんと、今は中国にある「ZHONGYUAN BUDDHA」全長127メートルに2009年に抜かれているじゃないかー。

EOS Kiss Digital N EF-S 18-55mm→34mm F5.6 ISO200 30秒露出×68枚 SiriusCompで比較明合成

20011.9.12 22:55〜23:31 Photoshopで調整

使い慣れないレンズを使ったので、思いっきりピントをハズしてしまいました。あーあ。orz

幸いにも大仏さん南を向いて立っているので、北極星をバックに撮影できました。

計画では頭に北極星を配置して、後光のようにぐるぐるをしたかったのですが、撮影するには厳重な警備の霊園の中に入らねばならず、

それは無理でした。

 

はげみになりますので、よろしければバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

広告

大仏様ぐるぐる」への11件のフィードバック

  1. おはようございます。

    露出の設定はよくなりましたね。
    星がぷるぷると震えていますね。(前の写真ではぴしっとしていました。)
    三脚を立てたのが草地だったとか、風が強かったとか、周りで飛び跳ねた(笑)とか、、、。

    • やまねももんがさんどうもです。
      おはようございます。

      ブレブレなのは月夜でタヌキが近くで踊っていたからかもしれません。
      または、レンズの自動手振れ補正機構をONにしたままだったからだと思います。使い慣れないレンズを使うと失敗しますね。f^_^;)

  2.  いいですな。再チャレンジ。ぽこぺん。そしてブログ村の住民たちからアドバイスをもらい、また再チャレンジ。ぽこぺん。そしてどんどんすごい写真に近づいていく。ぽこぺん。まさに、ブログタイトルそのままじゃないですか。ぽこぺん。そういえば、私、最近自分のブログタイトルにある阪神ねたやってないなぁ。ぽこぺん。ヤクルトに三連敗して書く気がしないなぁ。ぽこぺん。
     後光ぐるぐる、いいですね。ぽこぺん。以前ビクセンの裏のほうで見かけた巨大観音様でやってみようかな。ぽこぺん。日本全国の屋外仏像でやったら、一冊の本ができそうですね。ぽこぺん。

    おや? 狸が迷い込んで踊ってる?

    レンズは誠報社の格安新品ですな。画角はちょうどいいと思います。
    実はわたくし、土曜日、日曜日と、2日続けてヤフオクでレンズを(ピーーーーーーーガガガガッガガ)

    • タヌキさんどうもです。

      数えきれないほど失敗もしてますが、その度に皆さんから励ましていただいたり、アドバイスをいただいて、おかげさまで楽しく続いています。

      大仏星景期待して待ってます!

  3. ぐるぐるを後光に見立てるアイデアいいですね。
    ウチの近くの観音様はどっち向いてたかな?
    このアイデア、もろうたでー!  
    実際撮るとなると色々問題も多そうですね。

    • かたくちいわしさんどうもです。

      かたくちさんの後光ぐるぐるも是非見せてください。期待して待ってます!

      さて色々な問題のひとつに、環境の問題があります。大仏や観音様の建っているところはたいていお寺や墓地です。そこで、深夜撮影完了まで待機するのは正直あまり気持のいいものではありません。私も半分ビビリながら30分待機しました。撮影完了後、脱兎のごとく帰宅しました。

  4. おはようございます。

    そうですね。
    それが最大の問題(難関)かもしれませんね。
    星がぷるぷるしているのは、カメラがビビっていたのですね。
    私もいつも一人で出かけるのですが、こういうときは吠えない犬が一緒だといいなあと思っています。

  5. 早速行って来ました。
    やっぱり位置取りが難しかったです。 広い平原に仏像が立っているならいいのですが。
    環境の問題もありました。 こちらは治安という問題ですが(^^;)

    いいじゃないですか。柔和なお顔の大仏様に見守られていて。 この大仏様の左手は、手を下げて掌をこちらに向けていますね。 これは「恐れなくてもよい」という意味です。 
    人間誰しも清廉潔白というわけにはいかないでしょうが、取り立てて悪い事をしたことがなければ恐れる必要もないでしょう。   
    「生前良い行いをした者は天国に、悪い行いをした者は地獄に、中くらいの行いをした者は中国に行くという-」 これは怖いですね(^ω^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中